鎌仲ひとみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鎌仲 ひとみ(かまなか ひとみ 1958年6月11日 - )は、日本のドキュメンタリー映画監督、テレビ演出家。

略歴[編集]

富山県生まれ。早稲田大学第二文学部卒業。大学時代は探検部に所属。男友達の自主映画を手伝ううちに、ドキュメンタリー映画作家を志望する。

大学卒業後、「グループ現代」「岩波映画」等の契約助監督を経て、バリ島を舞台とした自主制作監督作品「スエチャおじさん バリ/夢/うつつ」により、1991年文化庁芸術家海外派遣助成金を受け、カナダ国立映画製作所へ渡る。その後ニューヨークでメディア・アクティビスト集団「ペーパー・タイガー・テレビ」に参加。

1995年の帰国以来、フリーの映像作家として、NHK及び、小泉修吉の「グループ現代」での映像を制作。

2003年に監督したドキュメンタリー映画「ヒバクシャ―世界の終わりに」は地球環境映像祭アース・ビジョン大賞、文化庁映画賞文化記録映画優秀賞ほか、多数の賞を受賞した。多くの作品で、カメラ担当の岩田まきことコンビを組んでいる。

2003年から東京工科大学メディア学部助教授[1]、2011年3月退職(退職時は准教授)。

主な作品[編集]

映画[編集]

  • 今、日本の女たち 1987
  • スエチャおじさん バリ/夢/うつつ 1990
  • 災害は都市を襲う 阪神大震災救急医療の記録 1995
    • 科学技術庁長官賞
  • ヒバクシャ 世界の終わりに 2003
    • 第9回平和・協同ジャーナリスト基金賞グランプリ、第12回地球環境映像際アースビジョン大賞、第28回日本カトリック映画賞、2003年度映画鑑賞団体全国連絡会議特別賞、第1回文化庁映画賞文化記録映画優秀賞
  • 六ヶ所村ラプソディー 2006
  • ミツバチの羽音と地球の回転 2010

テレビ[編集]

  • 心の病がいやされる時 今日本の家族に何が起きているのか 1998 NHK
    • ATP優秀ドキュメンタリー賞
  • エンデの遺言─根源からお金を問う (構成:村山純子 鎌仲ひとみ) 1999 NHK
    • ギャラクシー賞
  • 戦禍にみまわれた子供たち─湾岸戦争8年後のイラク─ 1999 NHK
  • がんを生き抜く希望を支える医療の記録 2001 NHK
    • ATP優秀ドキュメンタリー賞

著作[編集]

[編集]

  1. ^ 鎌仲ひとみプロフィール

外部リンク[編集]