小泉修吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小泉 修吉(こいずみ しゅうきち、1933年6月7日 - 2014年11月12日)は、ドキュメンタリー映画監督、プロデューサー。ドキュメンタリー映像制作会社「グループ現代」元・代表取締役会長。神奈川県横浜市生まれ。

「民族文化映像研究所」取締役事務局長。「環境テレビトラスト日本委員会(TVEジャパン)」委員長。

義妹は、滋賀県環境生活協同組合理事長、NPO法人「菜の花プロジェクトネットワーク」代表の藤井絢子(ふじい あやこ)。

略歴[編集]

早稲田大学文学部ロシア文学科卒業。上野耕三の「記録映画社」を経て、フリーのドキュメンタリー映画ディレクターとなる。

レイチェル・カーソンの『沈黙の春』 に啓発され、1967年、農村医学の先駆者である、長野県の佐久総合病院若月俊一院長の協カを得て、自主制作映画『農薬禍』を制作・演出。同年に、記録映画の制作会社「グループ現代」を設立する。

また、1968年から1970年には姫田忠義の監督作品「山に生きるまつり」の取材に同行し、製作を担当。1976年に姫田が設立した「民族文化映像研究所」に参加し、多くの姫田監督作品のプロデュースを行う。

一方、「グループ現代」でも、農業・環境・教育をテーマに数々の自主作品を制作し続けている。

2001年には、「ベトナム映画上映実行委員会」代表として、3本のベトナム映画を上映した。

2014年11月12日、癌のため長野県佐久市佐久総合病院で死去[1]。81歳没。

主な作品[編集]

  • 農薬禍 1967年 - 監督、製作
  • ある村の健康管理 1969年 - 監督、製作
    • 教育映画祭最高賞
  • 農薬の慢性中毒実験 1970年 - 監督、製作
    • 教育映画祭最高賞
  • 山に生きるまつり 1970年 - 製作(姫田忠義監督。他に多数の作品の、製作を担当)
  • 記録・授業-人間について1部2部 1977年 - 製作(四宮鉄男監督。林竹二の授業記録)
  • 記録・授業「開国」 1978年 - 企画、構成(林竹二の授業記録)
  • 老いる-5人の記録 1979年 - 監督
  • ラマ教の高地にて-インド・ラダッタの旅 1979年 - 製作(国岡宣行監督)
  • 歩く~アイメイトと共に 1980年 - 監督
    • 動物愛護映画コンクール内閣総理大臣賞
  • 沙の村-インド・タール沙漠の詩 1981年 - 製作(国岡宣行監督)
  • 太古の響き-ルドゥラヴィーナ 1981年 - 製作(国岡宣行監督)
  • 教育の根底にあるもの 1984年 - 製作(忽川修監督、林竹二の講演記録)
  • 田中正造最後の戦い 1984年 - 製作(忽川修監督、林竹二の講演記録)
  • アイメイト日記 盲導犬と暮らす人々を訪ねて 1984年 - 監督
  • 鳥山先生と子供たちの1ヵ月 1985年 - 製作(四宮鉄男監督、鳥山敏子出演)
  • 大日向村の46年 満州移民・その後の人々 1986年 - 製作(山本常夫監督)
  • SAWADA 青森からベトナムへ ピュリッツァー賞カメラマン沢田教一の生と死 1997年 - 製作(五十嵐匠監督)
  • 自然農 川口由一の世界 1995年の記録 1997年 - 監督
  • センス・オブ・ワンダー レイチェル・カーソンの贈りもの 2001年 - 監督
  • ヒバクシャ 世界の終わりに 2003年 - 製作 (鎌仲ひとみ監督)
    • 第9回平和・協同ジャーナリスト基金賞グランプリ、第12回地球環境映像際アースビジョン大賞、第28回日本カトリック映画賞、2003年度映画鑑賞団体全国連絡会議特別賞、第1回文化庁映画賞文化記録映画優秀賞
  • ひめゆり2006年 - 製作 (柴田昌平監督)
    • 第50回JCJ特別賞/第5回文化庁映画賞〈文化記録映画部門〉大賞受賞/2007年キネマ旬報ベストテン〈文化映画部門〉第1位/日本映画ペンクラブ・ベストファイブ〈文化映画部門〉第1位/高崎映画祭特別賞/全国映画鑑賞連合会 監督賞/日本映画復興会議 奨励賞/SIGNIS JAPAN カトリック映画賞
  • 朱霊たち 2006年 - 製作 (岩名雅記監督)
  • 六ヶ所村ラプソディー 2006年 - 製作 (鎌仲ひとみ監督)
  • 遥かなる記録者への道 姫田忠義と映像民俗学 2007年 - 製作
  • オオカミの護符 2008年 - 製作(由井英監督)
  • 小梅姐さん 2008年 - 製作(山本眸古監督)
  • ミツバチの羽音と地球の回転 2010年 - 製作 (鎌仲ひとみ監督)
  • 森聞き 2010年 - 製作 (柴田昌平監督)
    • フィンランド・オウル国際青少年映画祭正式招待/日本映画ペンクラブ・ベストファイブ〈文化映画部門〉第3位/2010年キネマ旬報ベストテン〈文化映画部門〉第7位/児童文化福祉賞〈厚生大臣賞〉
  • 小さき声のカノン 2015年 - 製作(鎌仲ひとみ監督)

脚注[編集]

外部リンク[編集]