植田和弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

植田 和弘(うえた かずひろ、1952年3月14日[1]- )は、日本経済学者京都大学名誉教授。専門は環境経済学工学博士大阪大学)(1983年)、京都大学博士(経済学)(1997年)。博士論文はそれぞれ、「金属利用の社会的評価に基づくリサイクル計画に関する基礎的研究:鉛を中心にして」、「廃棄物制御の財政理論」。日本における環境経済学の草分け的存在。香川県生まれ。

略歴[編集]

1995年の『環境経済・政策学会』設立に発起人として尽力し、社会経済システムとしての地球環境問題研究の中心的学会に育てた。現在も同学会の会長を務める。第一線の研究者・教育者であると同時に、「オーガナイザー」として京都大学を日本における「地球環境問題研究」の拠点に育てた中心的人物。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『廃棄物とリサイクルの経済学――大量廃棄社会は変えられるか』(有斐閣, 1992年)
  • 『リサイクル社会への途』(自治体研究社, 1994年)
  • 『環境経済学』(岩波書店, 1996年)
  • 『環境経済学への招待』(丸善, 1998年)
  • 『環境と経済を考える』(岩波書店, 1998年)

共著[編集]

共編著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』

関連項目[編集]

外部リンク[編集]