岡本行夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
おかもと ゆきお
岡本 行夫
生誕 1945年11月23日(69歳)
日本の旗 日本 神奈川県
出身校 一橋大学
職業 外交評論家
実業家

岡本 行夫(おかもと ゆきお、1945年11月23日 - )は、日本の外交評論家実業家。元外交官内閣総理大臣補佐官内閣官房参与等を経て、2012年からマサチューセッツ工科大学国際研究センターシニアフェロー。

来歴・人物[編集]

神奈川県生まれ。鎌倉市及び藤沢市で育つ。父親は農林省職員。父親の仕事の関係で、中学時代は2年間クアラルンプールに滞在。

神奈川県立湘南高等学校を経て、1968年に一橋大学経済学部を卒業し、外務省入省。鈴木典比古国際基督教大学学長・国際教養大学学長)とはゼミの同期。外務省同期に東郷和彦馬渕睦夫ら。在アメリカ合衆国日本国大使館参事官、北米局安全保障課長、同北米第一課長など日米外交の有力ポストを歴任し、将来を嘱望される存在だったが、1991年に辞職した。管理職となって現場に関われなくなることに不満があったという[1]

外務省退官後はコンサルタント会社を経営しながら、親米派の外交評論家として活動。一方で、第1次橋本内閣第2次橋本内閣内閣総理大臣補佐官小渕内閣科学技術庁参与、第1次小泉内閣内閣官房参与、第2次小泉内閣内閣総理大臣補佐官第3次小泉内閣で内閣総理大臣外交顧問、福田康夫内閣で外交政策勉強会メンバーを務める等、政府要職を数多く歴任している。特に橋本内閣においては、沖縄問題担当として60回以上に渡り沖縄入りして現地との信頼関係を築きながら、普天間基地の返還・代替地移設問題や沖縄振興策策定の最前線で活動したとされる[2]。2009年12月には、鳩山由紀夫内閣普天間基地移設問題への対応で日米関係が悪化する中、鳩山由紀夫首相と総理大臣官邸で面会。知米派の岡本が個人的な立場から外交面で協力するとの合意をしたと報じられた[3]

実業家としては、2000年に梅田望夫及びインド人、アメリカ人と4人でシリコンバレーパロアルトベンチャーキャピタル「パシフィカファンド」を設立し、ITベンチャーを支援。このほかアサヒビール取締役、三菱自動車監査役、三菱マテリアル取締役、日本郵船取締役、NTTデータ取締役等も歴任する。

2002年9月からは立命館大学客員教授として後進の指導にもあたっている。2005年からは立命館大学で「国際社会で活躍する人材養成特別プログラム」を立ち上げ、宮家邦彦立命館大学客員教授とともにスーパーバイザーを務め、外交官や国家公務員多国籍企業など難関進路を志望する成績優秀な学生を全学から選抜し、講義、ゼミナール指導、岡本行夫奨学金による海外研修などを実施している[4]

2012年、NPO法人新現役ネット理事長などの職を退任し、渡米、マサチューセッツ工科大学国際研究センターシニアフェローに就任。

趣味はアメリカンフットボール観戦、ラグビー観戦、スクーバダイビング及び海中写真撮影で、エジプト沖の紅海で毎年海中写真を撮影している。写真家中村征夫に師事[要出典]イラク日本人外交官射殺事件殉職した奥克彦とは生前懇意であり、奥の母校である早稲田大学公共経営研究科の奥・井ノ上イラク子ども基金連携講座でも教鞭をとった。毎年、奥の命日には喪に服している。皇太子妃雅子が外務省時代に尊敬していた上司という[要出典]

略歴[編集]

入省同期[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『砂漠の戦争――イラクを駆け抜けた友、奥克彦へ』(文藝春秋、2004年/文春文庫、2006年)
  • 『ニッポン再生最前線――岡本行夫対談集』(都市出版、1997年)
  • 『さらば漂流日本――自力航行への転換』(東洋経済新報社、1995年)
  • 『これからの国際情勢と安全保障』(防衛生産管理協会、1993年)

共著[編集]

共編著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『岡本行夫 90年代の証言』[要ページ番号]
  2. ^ 『SIGHT2010年5月号~ なぜ日本は普天間問題を解けないのか』[要ページ番号]
  3. ^ 産経新聞12月22日「日米関係の深刻さにやっと気づいた?首相、外交ブレーン交代を模索」
  4. ^ [1]
  5. ^ 「役員の異動について」株式会社NTTデータ
  6. ^ 正式名称「20世紀を振り返り21世紀の世界秩序と日本の役割を構想するための有識者懇談会」、「構成員[PDF 」]首相官邸

外部リンク[編集]