宮家邦彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宮家 邦彦
(みやけ くにひこ)
人物情報
生誕 (1953-10-12) 1953年10月12日(64歳)
日本の旗 日本 神奈川県
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学法学部卒業
学問
研究分野 外交・安全保障
研究機関 株式会社外交政策研究所
立命館大学教育開発推進機構
キヤノングローバル戦略研究所
主要な作品 仕事の大事は5分で決まる』(2013年)
語られざる中国の結末』(2013年)
哀しき半島国家 韓国の結末』(2014年)
[誰によって?]
公式サイト
公式ウェブサイト
テンプレートを表示

宮家 邦彦(みやけ くにひこ、1953年昭和28年)10月12日[1] - )は、日本の元外交官評論家研究者キヤノングローバル戦略研究所研究主幹、株式会社外交政策研究所代表、立命館大学教育開発推進機構客員教授中東調査会顧問。

経歴・人物[編集]

神奈川県出身。栄光学園中学校・高等学校(第20期生)を経て、1978年昭和53年)3月東京大学法学部を卒業して外務省入省。アラビア語研修を受けたアラブ・スクール[2]。東京大学在学中の1976年1977年に米ミネソタ大学国立台湾師範大学に留学。

同期[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『解説WTOサービス貿易一般協定(GATS)』 外務省経済局、1996年3月。 - 参考文献:p.267。
  • 『仕事の大事は5分で決まる』 幻冬舎、2013年9月26日ISBN 978-4-344-02461-8
    • 『ハイブリッド外交官の仕事術 情報収集から大局観を構築するまで』 PHP研究所〈PHP文庫 み54-1〉、2016年7月ISBN 978-4-569-76549-5 - 宮家 (2013f)の改題、加筆・修正。
  • 『語られざる中国の結末』 PHP研究所〈PHP新書 893〉、2013年10月15日ISBN 978-4-569-81546-6
  • 『哀しき半島国家 韓国の結末』 PHP研究所〈PHP新書 954〉、2014年10月15日ISBN 978-4-569-82226-6 - 文献あり。
  • 『日本の敵 よみがえる民族主義に備えよ』 文藝春秋〈文春新書 1033〉、2015年9月ISBN 978-4-16-661033-4
  • 『中国人はなぜ世界中で嫌われてしまうのか 中国株式会社の研究』 主婦の友社〈JB PRESS新書〉、2015年9月ISBN 978-4-07-401800-0
  • 『日本人が知らない国際情勢の真実』 KADOKAWA、2016年2月ISBN 978-4-04-601454-2
  • 『トランプ大統領とダークサイドの逆襲 宮家邦彦の国際深層リポート』 時事通信出版局 (出版) 時事通信社 (発売)、2016年12月ISBN 978-4-7887-1505-9
  • 『「力の大真空」が世界史を変える 構図が変化し始めた国際情勢』 PHP研究所、2017年9月ISBN 978-4-569-83706-2

共著[編集]

  • 遊川和郎 ほか 「安倍外交の課題と展望」『不透明さ増す国際情勢と新政権の課題』 亜細亜大学アジア研究所(出版) 亜細亜大学購買部ブックセンター(発売)〈アジア研究所叢書 28〉、2014年3月1日ISBN 978-4-900521-28-5 - 著作者:遊川和郎秋田浩之平井久志奥田聡・宮家邦彦。
  • 石破茂、宮家邦彦 述 「なぜ今必要なのか? 集団的自衛権の〈限定的〉行使」『なぜ今必要なのか? 集団的自衛権の〈限定的〉行使』 内外ニュース、2015年1月ISBN 978-4-908208-00-3
  • 「人口減少がもたらす安全保障の危機」『全論点人口急減と自治体消滅』 時事通信社 編、時事通信出版局 (出版) 時事通信社 (発売)、2015年2月ISBN 978-4-7887-1394-9
  • 佐藤優 『知の教室 教養は最強の武器である』 文藝春秋〈文春文庫 さ52-5〉、2015年8月ISBN 978-4-16-790427-2
  • 佐藤優、宮家邦彦 『世界史の大転換 常識が通じない時代の読み方』 PHP研究所〈PHP新書 1050〉、2016年6月ISBN 978-4-569-83071-1
  • 竹中平蔵、宮家邦彦・吉崎達彦 『トランプは市場に何をもたらすか!?』 KADOKAWA、2017年4月ISBN 978-4-04-601885-4
  • 山内昌之 編著 『中東とISの地政学 イスラーム、アメリカ、ロシアから読む21世紀』 朝日新聞出版〈朝日選書 956〉、2017年2月ISBN 978-4-02-263056-8
    • 「ISの地政学的意味」、宮家邦彦 著.
    • 「「中東混迷」を読み解く」、山内昌之・宮家邦彦・中川恵 述.

記事[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.346
  2. ^ 平成27年9月8日、参議院『平和安全特別委員会』
  3. ^ 平成6年7月22日付け『官報』第1447号、9頁。
  4. ^ 平成12年9月5日付け『官報』第2948号、9頁。
  5. ^ 平成16年1月28日付け『官報』第3777号、11頁。
  6. ^ 平成16年9月2日付け『官報』第3927号、11頁。
  7. ^ 「[プロフィール]宮家邦彦」japan-indepth
  8. ^ 「2-5特別招聘教員・客員教授・特別招聘研究教員」立命館大学
  9. ^ [1]
  10. ^ 首相官邸に“アッキー部屋”設置、本当の目的は?”. PRESIDENT Online. プレジデント社 (2013年7月25日). 2017年2月1日閲覧。
  11. ^ 宮家 邦彦”. キヤノングローバル戦略研究所. 2014年4月27日閲覧。
  12. ^ 教授略歴 宮家邦彦 MIYAKE Kunihiko”. 立命館大学. 2014年4月27日閲覧。
  13. ^ [2]首都高速道路株式会社
  14. ^ [3]
  15. ^ 「顧問リスト」公益財団法人中東調査会

外部リンク[編集]