鈴木典比古

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

鈴木 典比古(すずき のりひこ、1945年5月30日 - )は、日本経営学者国際教養大学学長(第2代)。元国際基督教大学学長(第11代)。専門は国際経営論。栃木県那須塩原市出身。

人物[編集]

栃木県那須郡黒磯町(現那須塩原市)の雑貨屋の家に生まれる。一橋大学経済学部卒業。小島清の推薦でインディアナ大学に留学し経営学博士(DBA)(インディアナ大学1978年)を取得。 元外交官で危機管理コンサルタントの岡本行夫とはゼミの同期。[要出典]

2013年6月より現職。

略歴[編集]

この間、財団法人大学基準協会副会長、高等教育質保証学会副会長、中央教育審議会大学教育部会委員、大学設置・学校法人審議会委員、国立大学法人評価委員会委員、特定非営利活動法人国際教育交流協議会理事、特定非営利活動法人学校経理研究会理事、公益財団法人海外子女教育振興財団評議員、日本私立大学団体連合会代議員、公益財団法人大学セミナー・ハウス監事、大学マネジメント研究会理事、特定非営利活動法人キャリア文化研究所理事等も歴任。2010年から2012年まで国立大学法人一橋大学経営協議会学外委員、2011年から三鷹市教員委員会委員等も務める。

取り組み[編集]

国際基督教大学 (ICU) 時代[編集]

特色ある大学教育支援プログラムに採択される
2003年度、文部科学省特色ある大学教育支援プログラム」(通称: 特色GP)に ICU 教養学部の申請担当者として申請した(鈴木は当時学務副学長)。ICU が申請した取組テーマは「責任ある地球市民を育むリベラル・アーツ」であった[1]。文部科学省は、ICU の取組を「時代と社会の要請に応えるべく授業評価なども早くから取り込み、学生の高い評価を得て学術基礎教育の充実を図っており、他大学に対してもモデルとなる多くの内容を備えている先駆的取組」であると評価し、ICU の構想を採択するに至った[1]。採択期間は2003年度から2006年度まで[2]
メジャー制度への移行
2008年に1学部6学科(人文科学、社会科学、理学、語学、教育学、国際関係学)の「学科制」から、1学部1学科(アーツ・サイエンス)の「メジャー制」に移行した[3]。その結果、2年連続で受験生を増加させた[4]
アカデミックプランニング・センターの創設
創立以来実施してきたアドヴァイザー制度に加え、2008年度からアカデミックプランニング・センターによる学修支援を始めた[5]。新カリキュラムによるメジャー制導入にともない、ガイダンスの実施、情報提供等により、学生の学修計画支援を行っている[6]
学生寮の新設
全人的教育としてのリベラルアーツという考えから、学生寮を教育寮として位置づけ[7]、2010年に欅寮、2011年に欅寮と同規模の銀杏寮および樫寮を竣工した[8]

国際教養大学 (AIU) 学長時代[編集]

2013年中嶋嶺雄国際教養大学 (AIU) 学長の死去に伴い、鈴木が AIU 第2代学長に就任した[9]。中嶋は、死去する直前に病室で家族に AIU 学長後任候補を伝えていたが、そのなかに鈴木の名前も含まれていた[10]。病室で次期学長の話題になったことを認めた中嶋の妻・洋子は、「〔中嶋嶺雄が、〕鈴木さんについては、大学教育の考え方が全く一致している、と言っていました」と述べている[11]。また、大学教育の考え方が一致していたことに加えて、海外の博士号を持っていることも「海外の学長に負けない格が必要」である AIU 学長に適任とされた[10]

ALSCの設置
2013年10月7日、能動的学修支援センター (ALSC) を設置した。
スーパーグローバル大学に採択される
2014年に文部科学省が創設したスーパーグローバル大学事業に AIU の構想責任者として申請した。文部科学省は、テーマ別ハウス群の設置や外国人留学生向け日本研究科目の充実といった構想、および英語教育の実践的方法論を初等中等教育に還元する構想を高く評価し、AIU の構想を採択するに至った[12]。事業規模は10年間で約18億円[13]

恩師[編集]

恩師に宮川公男がいる。[要出典]

受賞[編集]

  • 経営科学文献賞受賞、1988年

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 平成15年度「特色ある大学教育支援プログラム」採択取組の概要および採択理由 (PDF)”. 文部科学省. 2016年9月12日閲覧。
  2. ^ 特色ある大学教育支援プログラム 責任ある地球市民を育むリベラル・アーツ (PDF)”. 国際基督教大学. 2016年9月12日閲覧。
  3. ^ ベネッセ教育総合研究所「北海道大学と国際基督教大学にみる大学改革の取り組み」、『BERD』第9号、2007年7月
  4. ^ “高めよ 深めよ 大学広報力〈36〉 こうやって変革した 33”. 教育学術新聞 (日本私立大学協会). (2009年6月24日). https://www.shidaikyo.or.jp/newspaper/online/2364/4_1.html  
  5. ^ ICUの大学改革について (PDF)”. 大学マネジメント研究会. p. 2. 2014年7月22日閲覧。
  6. ^ アカデミックプランニング・センターの役割”. ICUアカデミックプランニング・センター. 2014年7月22日閲覧。
  7. ^ 一橋大学日本のリーダーが語る世界競争力のある人材とは? (PDF) 」 、『HQ』第22号、2009年4月、 15-16頁。
  8. ^ 学部生寮”. ICU学生グループ. 2014年7月22日閲覧。
  9. ^ 平山一城 2013, p. 90.
  10. ^ a b 平山一城 2013, p. 91.
  11. ^ 平山一城 2013, p. 93.
  12. ^ 平成26年度スーパーグローバル大学等事業 スーパーグローバル大学創成支援 審査結果表 (PDF)”. 日本学術振興会. 2015年12月29日閲覧。
  13. ^ 平成26年度スーパーグローバル大学等事業「スーパーグローバル大学創成支援」構想調書【タイプB】 (PDF)”. 日本学術振興会. p. 2. 2015年12月29日閲覧。

参考文献[編集]

  • 平山一城 「国際教養大の新学長選任で流れたウワサの数々…」『大学の淘汰が始まった!』 宝島社〈宝島社新書〉、2013年、88–93。ISBN 9784800217486

外部リンク[編集]