モンテ・カセム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

モンテ・カセムAhmed Mumtaz Masoon Cassim1947年7月29日 - )は、スリランカコロンボ生まれの工学者マレーシア経済学会終身会員。学校法人立命館理事補佐、立命館アジア太平洋大学第2代学長、立命館国際平和ミュージアム館長。専門は都市工学、環境科学、国土計画建築学、地域産業政策、国際援助政策論、国際的産学連携に関する研究など。

来歴[編集]

1970年(昭和45年)8月スリランカ大学自然科学部建築学科卒業1972年(昭和47年)1月にスリランカ工学技術公団デザインコンサルタント部勤務(建築士)を経て、同年に国費留学生として来日。同年9月大阪外国語大学日本語プログラム修了。1973年(昭和48年)3月に横浜国立大学大学院工学系研究科研究生を、1974年(昭和49年)3月東京大学大学院工学系研究科研究生を、1976年(昭和51年)3月に東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻修士課程を修了し、1982年(昭和57年)3月に東京大学大学院工学系研究科都市工学専攻博士課程の単位を取得。

1976年(昭和51年)マレーシア工科大学居住・建築・計画学部常勤講師、1980年(昭和55年)三井建設設計部(建築士)、1981年(昭和56年)ARU都市建築コンサルタント(地域開発計画)、1985年(昭和60年)国際連合地域開発センター(UNCRD)名古屋オフィス主任研究員、1994年(平成6年)4月に立命館大学国際関係学部教授、1996年(平成8年)4月立命館大学政策科学部教授(2004年(平成16年)3月まで)、2000年(平成12年)立命館大学国際教育・研究推進機構長(2004年(平成16年)3月まで)を経て、2004年(平成16年)4月に第2代立命館アジア太平洋大学学長/教授、学校法人立命館副総長に就任。2010年(平成22年)日米研究インスティテュート副理事長に就任。2014年(平成26年)沖縄平和賞選考委員会委員に就任。2016年(平成28年)11月、瑞宝中綬章を受章。2018年(平成30年)4月に大学院大学至善館の学長に就任(予定)