土居丈朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
土居 丈朗
生誕 (1970-08-17) 1970年8月17日(52歳)
日本の旗 日本奈良県奈良市
国籍 日本の旗 日本
研究機関 慶應義塾大学経済学部
研究分野 財政学公共経済学政治経済学経済政策
母校 大阪大学経済学部経済学科
東京大学大学院経済学研究科
学位 博士(経済学)
影響を
受けた人物
井堀利宏
受賞 第50回日経・経済図書文化賞
第29回サントリー学芸賞
情報 - IDEAS/RePEc
テンプレートを表示

土居 丈朗(どい たけろう、1970年昭和45年)8月17日 - )は、日本経済学者。専門は、財政学公共経済学政治経済学経済政策論。学位は、博士(経済学)東京大学1999年)。慶應義塾大学経済学部教授。奈良県出身。渾名はドクトル・ベジタブル。

ドクトルベジタブル [編集]

2014年に出演の経済番組で「経済が停滞しているのは、消費増税が要因ではなく、野菜不足(野菜の供給不足)が要因」との解説を行なったことから、ドクトルベジタブルと渾名されるきっかけとなった。

 この解説に対し、インターネット上では「そんなわけないだろー」「トンデモ理論」などの声が出る一方、「ベジタブル」という愛称が一部で定着した。


略歴[編集]

学歴[編集]

教職[編集]

常勤[編集]

  • 1998年4月 - 1999年3月 東京大学社会科学研究所助手
  • 1999年4月 - 2002年3月 慶應義塾大学経済学部経済学科専任講師
  • 2002年8月 - 2004年3月 慶應義塾大学経済学部経済学科客員助教授
  • 2004年4月 - 2009年3月 慶應義塾大学経済学部経済学科助教授(2007年3月より准教授)
  • 2009年4月 - 慶應義塾大学経済学部経済学科教授

非常勤[編集]

非常勤講師[編集]

官職[編集]

研究職[編集]

学会役員[編集]

審議会・研究会委員等[編集]

== 主張 ==

  • 消費税増税によって、97年に家計消費が減少したという現象は観察されていないとする[1]
  • 社会保障のカット、公務員の人件費の抑制、財政再建のための増税が行われなければ、国内貯蓄で政府債務を吸収できなくなり日本は財政破綻へ向かうとし、2011年から今後1?2年以内に日本は破綻する恐れがあるとした[2]
  • 消費税増税前の点検会合にて、消費税を上げても大きく景気が悪くなることはないと主張[3]
  • 2003年10月、土居が日本財政学会の大会で発表した論文に計算間違いがあり、高橋洋一に指摘された。土居はこれを無視した。高橋が翌年の同学会の大会に「財政投融資の将来負担:星・土居論文への反論として」を発表して討論相手に指名したところ、当日土居はドタキャンした。その後「池尾先生は著者に『・・・(中略)・・・罵られても負け犬の遠吠えと思って、相手にしなければいい』と言って下さった。これを今も肝に銘じている。」としている。[4]
  • 自民党の財政政策検討本部の討論会にて、「自国通貨建て国債は破綻することはない」と認めつつも「ある日突然何かが起こる可能性があるため、財政再建が必要だ」と主張している。しかし、その何かが何なのかはデータを含め一切明かされていない。そして、今の日本の財政状況を「黒ひげ危機一髪!」と例えている。[5]

著作[編集]

単著[編集]

共著[編集]

編著[編集]

翻訳[編集]

受賞等[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 視点・論点 社会保障と税の一体改革素案NHK 2012年1月16日
  2. ^ 『日本経済「余命3年」』PHP研究所
  3. ^ Youtube 【経済討論】財務省主導の経済でいいのか?日本[桜H30/4/14] 42:53頃
  4. ^ https://twitter.com/yoichitakahashi/status/1421712514744602626” (日本語). Twitter. 2021年8月19日閲覧。
  5. ^ https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12714699154.html

外部リンク[編集]