高山憲之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
高山 憲之
研究機関 (機関)一橋大学
研究分野 公共経済学
母校 横浜国立大学学士
東京大学修士博士
受賞 日経・経済図書文化賞1996年
テンプレートを表示

高山 憲之(たかやま のりゆき、1946年4月 - )は、日本経済学者。(公益財団法人)年金シニアプラン総合研究機構研究主幹、一橋大学名誉教授。専門は公共経済学・経済政策、年金論。長野県塩尻市生まれ。

略歴[編集]

この間ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス (LSE)・ハーバード大学オックスフォード大学 の各客員研究員、経済企画庁経済研究所客員主任研究官(システム分析調査室長)、郵政研究所特別研究官、通商産業研究所特別研究官、国立社会保障・人口問題研究所特別研究官、世界銀行国際通貨基金(IMF)、欧州委員会(EC)、経済協力開発機構(OECD)の各コンサルタント、アジア開発銀行研究所(ADBI)の客員研究員を歴任。

2000年~2005年、特定領域研究「世代間の利害調整に関する研究」プロジェクトの領域代表者。2006年~2015年、特別推進研究「世代間問題の経済分析」プロジェクトの研究代表者。日本年金学会幹事、退職給付ビッグバン研究会代表幹事。1998年~2002年『経済研究』編集主任、2002年よりInternational Social Security Review誌のEditorial Advisory Boardメンバー、2002年よりAustralian Center for Pensions and SuperannuationのAdvisory Committeeメンバー。

地方公務員共済組合審議会会長、国会議員の秘書に関する調査会委員、厚生労働行政の在り方に関する懇談会委員、年金審議会委員、年金業務監視委員会委員、米価審議会委員、中央最低賃金審議会委員、勤労者財産形成審議会委員、税制調査会特別委員、地方財政審議会特別委員、人口問題審議会専門委員、統計審議会専門委員、男女共同参画会議専門委員、雇用審議会専門委員、日本学術振興会・科学研究費委員会専門委員、社会保障制度審議会幹事、日本学術会議連携会員等を歴任。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • Matching Contributions for Pensions(共編著、世界銀行、2012年)
  • Reforming Pensions for Civil and Military Servants(編著、丸善、2011年)
  • Securing Lifelong Retirement Income(共編著、Oxford University Press、2011年)
  • Priority Challenges in Pension Administration (編著、丸善、2011年)
  • Fertility and Public Policy (共編著、MIT Press、2011年)
  • 『年金と子ども手当』(岩波書店、2010年)
  • Closing the Coverage Gap (共編著、世界銀行、2009年)
  • 『少子化の経済分析』(斎藤修との共編著、東洋経済新報社、 2006年)
  • Pensions in Asia(編著、丸善、2005年)
  • 『信頼と安心の年金改革』(東洋経済新報社、 2004年)
  • Taste of Pie(編著、丸善、2003年)
  • 『日本の経済制度・経済政策』(編著、東洋経済新報社、 2003年)
  • 『年金の教室』(PHP新書、 2000年)
  • The Morning After in Japan(丸善、1998年)
  • 『未来への選択』(P.ピーターソン著の監訳書、ベネッセコーポレーション、 1997年)
  • 『高齢化社会の貯蓄と遺産・相続』(太田清チャールズユージホリオカとの共編著、日本評論社、 1996年)
  • 『貯蓄と資産形成』(有田冨美子との共著、岩波書店、 1996年)
  • 『社会保障基金の現状と将来展望』(谷地正人永井宏との共著、通商産業調査会、1995年)
  • 『高齢化社会の中の金融と貯蓄』(原田泰との共編著、日本評論社、 1993年)
  • 『年金改革の構想』(日本経済新聞社、1992年)
  • 『ストック・エコノミー』(編著、東洋経済新報社、 1992年)
  • The Greying of JapanOxford University Press、1992年)
  • 『生活名人の時代へ』(監修、池田書店、1991年)
  • Equity and Poverty under the Rapid Economic Growth溝口敏行との共著、紀伊国屋書店、1984年)
  • 『年金・崩壊の危機』(ジャンジャック・ローザ編の訳書、東洋経済新報社、 1983年)
  • 『不平等の経済分析』(東洋経済新報社、 1980年)
  • 『経済政策入門(1)総論』(黒川和美村上敦大塚勇一郎武蔵武彦との共著、有斐閣、 1979年)

主要論文[編集]

  • "Reforming Social Security in Japan: Is NDC the Answer?" in Holzmann, R. & Palmer, E. eds., Pension Reform: Issues and Prospect for Non-financial Defined Contribution (NDC) Schemes, World Bank, 2006.
  • "Lessons from Generational Accounting in Japan," American Economic Review, 89(2), 1999. (北村行伸との共同論文)
  • "Poverty, Income Inequality and Their Measures: Professor Sen's Axiomatic Approach Reconsidered," Econometrica, 47(3), 1979.

論文等被引用回数など[編集]

  • Social Science Citation Index: 154回(2009年9月30日時点)
  • Google Scholar: 1,024回(2009年9月30日時点)

参考[編集]

  1. ^ 『日経・経済図書文化賞』 受賞図書一覧 2014年

外部リンク[編集]