土曜スポーツタイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
土曜スポーツタイム
ジャンル スポーツニュース
放送時間 こちらを参照。(30分)
放送期間 2007年4月7日 - 2011年3月26日
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
出演者 一橋忠之
外部リンク 土曜スポーツタイム
テンプレートを表示

土曜スポーツタイム』(どようスポーツタイム)は、NHK総合テレビジョンで、2007年4月7日から2011年3月26日まで、毎週土曜日に放送されたスポーツニュース番組で、日曜日の『サンデースポーツ』の姉妹編とされた。新聞番組表には『スポーツタイム』のみ掲載される。

概要[編集]

土曜日夜のスポーツニュースとしては、2005年末まで『サタデースポーツ』が放送されていたが、2006年年明けに突然行われた改編で『つながるテレビ@ヒューマン』が開始され、『サタデースポーツ』は同番組に吸収・消滅した。

2007年4月の番組改編により、『@ヒューマン』が日曜日23:00 - 23:40に移動のため、1年3か月ぶりに単独のスポーツニュース番組が復活する形となった。同番組のメンバーは、島津有理子西東大の両アナウンサーがスライドする中、同番組のスポーツコーナー「SPORTS @ヒューマン」の担当であった一橋忠之だけがこの枠に残るような形になり、1人で進行してゆく。

2011年春の改編による編成見直しにより、土曜夜のスポーツニュース枠に『サタデースポーツ』の題号を6年ぶりに復活させることになった(時間も22:15-45に繰り上げて、司会者も山岸舞彩松尾剛小宮山晃義<山岸を除きNHKアナウンサー>の3人体制に一新する)ため、『土曜スポーツタイム』としての放送も2011年3月26日をもって終了した[1]

番組の内容[編集]

  • 単に土曜日のスポーツニュース・話題・記録を伝えていくだけでなく、スポーツの舞台で起きた一瞬のドラマ、そしてその舞台裏でどのような作戦が企てられたのか、専門家の解説を交えてスポーツ観戦の奥深さ、楽しさを伝えていくドキュメンタリー番組としての性質を兼ね備えた新しいスポーツニュースを目指す。
  • 番組はまず「勝負を分けた瞬間」のイントロダクション(アバンタイトル)からスタートし、その後ヒップホップ風のアレンジに仕上げたテーマソング(オリジナル楽曲・作曲本多俊之[2])とともにタイトルが出て、その後スタジオ進行部分に入る。エンディングのアナザーストーリーはテーマソングのピアノアレンジ(スローバージョン)が流れる。
    • アバンタイトルは2008年・2010年度はそれぞれ省略されている。2010年はまず番組題名を出した後、「勝負を分けた瞬間」の本編のビデオ(一橋が実際に取材した現場を題材にすることが多い)を5分程度流し、その後スタジオ進行部分へ入るという体裁となった。この体裁は2011-14年度の「サタデー/サンデースポーツ」それぞれの冒頭(初めに題名→ミニドキュメント形式のトップ項目→スタジオ)にも系譜されている
    • また2009年度はアバンタイトルは当日放送する内容によって、放送される場合と省略される週とでまちまちだった。このアバンタイトル付きのパターンは一橋がキャスターに「復帰」した2015年度の「サタデー/サンデースポーツ」でも踏襲されている。
  • プロ野球公式戦の速報では、NHKの夜のスポーツニュースでは珍しくイニングスランニングスコアを表示しない(『ニュースウオッチ9』、『サンデースポーツ』では表示する。『Bizスポ』は日によって時間の都合を見て出す場合と出さない場合がまちまちである。また当番組でも日本選手権シリーズなどまれに表示するケースあり)が、2009年は注目の試合に関して(トップ項目)だけそれが表示される試合が数回あったほか、同年9月12日2010年6月12日[3]は全6試合のランニングスコアの表示がなされた。
  • アナログ放送は2010年6月まではレターボックスではなく4:3アップコンバートとなっていた。(他のNHKニュース各番組・サンデースポーツも同様)2010年7月10日以後はレターボックス16:9で放送する。

放送時間の遍歴[編集]

総合テレビ
NHKプロ野球中継特別番組などの編成のため、下記時間より遅延する場合もある。
  • 2007年度 22:30 - 22:55(JST、以下もこれで示す。)
  • 2008年度 22:00 - 22:25[4]
  • 2009年度前期 22:50 - 23:20
  • 2009年度後期 - 2010年度前期 22:45 - 23:15
  • 2010年度後期 - 22:30 - 23:00[5]
NHKワールド・プレミアム
日曜日24:10 - 24:35(翌0:10 - 0:35)
※海外向けNHKワールドの放送は放送権の都合で一部放送できない内容も含まれることがあるため、一部カットしての放送となり、放送時間は日本国内より若干短くなることがある(放送できない権利映像の放送時間が十数秒程度の場合は時差放送であってもカットせず、お断りの静止画に差し替えとなる)。なお、NHKワールドTVは英語放送強化による番組改編で2008年3月29日(日本国内で)放送分で打ち切り、NHKワールド・プレミアムで引き続き放送する。

司会者[編集]

  • 2007.4.7 - 2011.3.26 一橋忠之
    • 土曜日のスポーツニュースを、男性アナウンサーが単独進行するのは、前述した『スポーツタイム』の中村克洋以来。スポーツニュースの原稿読みは原則としてナレーターが行う。(テロップ出しはないが、山形美房など)
備考

ゲストについて[編集]

各競技のスペシャリストを起用する予定していたが、放送開始からしばらくの間は一橋が一人で司会をするだけにとどまっていた。2007年7月21日の放映で楽天田中将大仙台2007年オールスター第2試合の開催後)から、サッカー解説者の山本昌邦アジアカップが開催されたベトナムからそれぞれ出演し、これが本番組初のゲスト出演となった。しかしそれ以後しばらくゲストの生出演がなく、ゲストがあっても一橋が事前のロケーションで選手に取材する程度だった。2007年最終12月22日には上田桃子へのインタビューを行った。

その後も東京のスタジオでの生ゲストの出場はなかったが、2010年6月には2010 FIFAワールドカップ関連特集として、

がそれぞれ東京のスタジオに登場した。また、9月4日は「ザッケローニ日本代表監督を分析する」という特集として山本がスタジオに出演(過去2回は中継先からの参加であり、スタジオには初出場)した。2011年AFCアジアカップ2011に関連して、1月8日1月15日は早野、1月22日には山本がスタジオに、また1月15日には福西がドーハからのレポートで参戦した。

主なコーナー[編集]

※各放送ごとに取り上げた人物については膨大な量になるため割愛する。

究める!
様々なデータに沿った選手や監督のミニ特集。特集自体は番組開始からやっているが、この題名が付いたのは2008年度になってからのことである。大相撲本場所の期間には放映されない場合がある。2008年後半からそのテーマに沿った選手に対し、番組が製作したトロフィーを一橋が直々に贈呈するシーンが放送されたりする。
アナザーストーリー(エンディング)
スポーツの表舞台で活躍する選手、あるいはそれを陰で支えた人たちのショートドキュメント。
最終回
  • 2011年3月26日東北地方太平洋沖地震関連番組や、それに伴い休止となっていた番組の代替放送の関係で23:15-23:35の短縮放送となった。
  • 3月12日3月19日が休止となったため、3週間ぶりの放送が最終回となり、この回ではスポーツ界の震災復興支援活動を取り上げた特集と、「アナザーストーリー」の総集編「いつだってそばにいる」を放送した。締めくくりとして今回の震災で日本国内外で活躍するスポーツ選手の復興支援活動に尽力するスポーツマンの映像・写真を並べて、4年間に渡る番組の完結とした。
  • なお次週・4月2日から6年ぶりに始まる「サタデースポーツ(第2期)」のことについては司会者の紹介を含め行われなかった(3月27日のサンデースポーツも同様)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 放送番組編成計画 - NHK(2010年1月20日閲覧)
  2. ^ 番組公式サイト参照
  3. ^ この回は2010 FIFAワールドカップの中継があったのと、それに付随した特集のため22:30からの45分拡大編だったため時間的な余裕があったものと思われる
  4. ^ 日付上は、2008年4月5日からになっているが、この日はNHKプロ野球・巨人対阪神戦が送られたことなどの編成上の都合で21時30分から21時55分に放送され、この時間帯への実際の移動は翌週の同年4月12日から。
  5. ^ 同年秋季編成で週末の放送体裁を大幅に見直した影響で2010年9月25日の回よりこの時間に繰り上げ。この番組の前「追跡!AtoZ」は21:50-22:20(10月の一部21:53から)に繰り上げ・短縮で継続
  6. ^ 平成27年度主な番組キャスター
  7. ^ 東京のスタジオ生ゲスト出場の第1号
  8. ^ 岡野はゲスト出場当日は日中にSAGAWA SHIGA FC戦=守山の試合があったので、その終了後に駆けつけた
  9. ^ この回は試合直後のダーバンの会場からのレポートで山本昌邦も登場した

外部リンク[編集]

NHK総合 土曜日スポーツニュース番組
前番組 番組名 次番組
つながるテレビ@ヒューマン
(「SPORTS @ヒューマン」として内包)
土曜スポーツタイム
NHK総合 土曜日22時台後半枠(2007年4月 - 2008年3月)
つながるテレビ@ヒューマン
※22:00 - 22:55
土曜スポーツタイム
NHK総合 土曜日22時台前半枠(2008年4月 - 2009年3月)
解体新ショー
※22:00 - 22:30
【金曜23時台前半枠へ移動して継続】
土曜スポーツタイム
NHK総合 土曜日22:30 - 22:45枠(2010年10月 - 2011年3月)
追跡!AtoZ
※22:00 - 22:45
【10分繰り上げて継続】
土曜スポーツタイム
サタデースポーツ
※22:15 - 22:45
NHK総合 土曜日22:45 - 22:50枠(2009年10月 - 2011年3月)
ワンダー×ワンダー
※22:00 - 22:50
【土曜20時台へ移動して継続】
土曜スポーツタイム
NHKニュース気象情報
※22:45 - 22:55
【25分繰り下げ】
NHK総合 土曜日22:50 - 22:55枠(2009年4月 - 2011年3月)
ドキュメント にっぽんの現場
※22:25 - 22:55
土曜スポーツタイム
NHKニュース・気象情報
※22:45 - 22:55
NHK総合 土曜日22:55 - 23:00枠(2009年4月 - 2011年3月)
土曜スポーツタイム
NHK総合 土曜日23:00 - 23:15枠(2009年4月 - 2010年9月)
NHKニュース・気象情報
※23:00 - 23:10
【10分繰り下げて継続】
海外ドラマ・ファン・ジニ
※23:10 - 24:10
土曜スポーツタイム
東京カワイイ★TV
※23:00 - 23:30
【日曜23時台後半枠から移動】
NHK総合 土曜日23:15 - 23:20枠(2009年4月 - 2009年9月)
海外ドラマ・ファン・ジニ
※23:10 - 24:10
土曜スポーツタイム
NHKニュース・気象情報
※23:20 - 23:30
【10分繰り下げ】