三種の神器 (電化製品)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

電化製品の三種の神器(さんしゅのじんぎ)とは、戦後日本において、新時代の生活必需品として宣伝された3種類の耐久消費財である。

歴代天皇に伝わる三種の神器になぞらえた呼称は、新しい生活・消費習慣を表すマスコミ主導のキャッチコピーであり、豊かさや憧れの象徴でもある。そのため、「三種の神器」と呼ばれ始めた時点における当該製品群の普及率はそれほど高くない。

1950年代後半[編集]

1950年代後半、白黒テレビ洗濯機冷蔵庫家電3品目が『三種の神器』として喧伝された[1][2](p9)1956年昭和31年)の経済白書が「もはや戦後ではない」と明記し戦後復興の終了を宣言した神武景気以降、輸出拡大で日本経済が急成長した時期である。

これら3品目の家電は、努力すれば手が届く夢の商品であり、新しい生活の象徴だった。テレビ本放送開始は1953年(昭和28年)で、それ以前は電気釜(炊飯器)、あるいは掃除機が代わりに入っていたこともある。

これらのうち最も早く普及したのは白黒テレビで、逆に一番遅かったのは冷蔵庫である。当初テレビは非常に高価であったため、街頭テレビやキャラバン隊を通じて宣伝され、電器店の店頭のみならず銭湯や大型飲食店など集客能力の高い店舗から先に導入された。早期にテレビを購入できた裕福な家庭には、プロレス中継など人気番組の放映時には近隣住民が寄り合い、一同鑑賞する光景が当たり前のように見られていたが、総合家電メーカーの市場参入による量産効果で低廉化し、1958年(昭和33年)の東京タワー竣工とミッチー(ご成婚)ブームを境に爆発的に売れ出した。

高度成長期・3Cの登場[編集]

1960年代半ばのいざなぎ景気時代には、カラーテレビ (Color television)・クーラー (Cooler)・自動車 (Car) の3種類の耐久消費財が新・三種の神器として喧伝された。これら3種類の耐久消費財の頭文字が総てCであることから、3Cとも呼ばれた[2](p10)。中でも普及が早かったのは1964年(昭和39年)の東京オリンピックを境に売れ出したカラーテレビで、一番遅かったのはクーラーである。さらに、1968年(昭和43年)には、電子レンジ(Cooker)、別荘(Cottage)、セントラルヒーティング(Central heating)が新3Cと呼ばれるようになった[3]

冷戦後[編集]

1990年代以後、すなわち冷戦後になると、様々な新三種の神器が三度マスコミ主導で提案されているが、浸透には到っていない。

デジタル三種の神器[編集]

2003年平成15年)頃から2010年(平成22年)頃にかけて急速に普及したデジタル家電デジタルカメラDVDレコーダー薄型テレビデジタル三種の神器と呼ばれた[2](p18)

キッチン三種の神器[編集]

2004年(平成16年)4月13日に松下電器産業(現・パナソニック)が、白物家電食器洗い乾燥機IHクッキングヒーター生ゴミ処理機キッチン三種の神器と提唱した[4]

脚注[編集]

  1. ^ 小泉純一郎 (2003年1月31日). 施政方針演説 (Speech). 第156回国会. http://www.kantei.go.jp/jp/koizumispeech/2003/01/31sisei.html 2018年1月30日閲覧。 
  2. ^ a b c 立澤芳男 (2009-12-25) (PDF). 立澤芳男の生活・社会総括レポート21 第8回 ヒット商品の変遷 (Report). 財団法人ハイライフ研究所. http://www.hilife.or.jp/report21/pdf/08.pdf 2018年1月30日閲覧。. 
  3. ^ あの日あの時 第22回 昭和43年(1968年)”. 日曜懐メロ大全集. JRT 四国放送 (2005年4月25日). 2018年1月30日閲覧。
  4. ^ 松下、売り上げ確保に「キッチン三種の神器」を提案”. nikkei BPnet (2004年4月13日). 2013年5月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年1月22日閲覧。

関連項目[編集]