家庭の電化

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

家庭の電化(かていのでんか)は、家庭用電気機械器具を導入することにより家事の省力化や、娯楽・快適性を高めること。本項にては日本家庭における電化について記述する。

概要[編集]

日本全国に電気が普及したのは、戦後である。例えば栃木県那須の農村集落に初めて電気が引かれたのは、1951年である[1]。 戦後の1950年頃まで、日本の一般家庭に普及していた電気器具は、照明とラジオ、扇風機、アイロンくらいでそれ以外の電気製品はほとんどなく、この時点では欧米の先進国に大きく遅れをとっていた。その当時は、家事も手作業による事がほとんどであった。

一般家庭に本格的に電気製品が普及し始めるのは、高度経済成長期に入ってからである。この頃から、急速に電気製品が普及し始めた。その後も、日本の電機メーカーの高い技術力により、世界でも他に例を見ないほど機能が急速に充実していき、それらも家庭に普及した。現在、日本の電機メーカーの国内向け家電製品は、世界のどの国のメーカーよりも多機能かつ高機能で、きめ細かい制御ができる製品が揃っている。その反面、開発や製造に多大なコストがかかっており、映像機器音響機器といった機器を除けば、機能性よりもシンプルさが求められる海外にはそれほど輸出されていない。製品が大きく輸送コストがかかる、冷蔵庫洗濯機エアコンなどは特に輸出される事が少ない。

歴史[編集]

以下は、国産品の発売年が分かるものについては発売年を参考に分けた。従って、普及率が高くなるのはもっと後である。

1960年以前[編集]

家電製品は戦前から登場していたものの、本格的な普及は戦後となる。

1950年代中頃(昭和30年)以前は家庭電化製品と呼ばれていた。また、高度成長時代には、三種の神器と呼ばれた白黒テレビ、洗濯機、冷蔵庫はあこがれの的であった。

1960年代[編集]

高度成長に伴う所得の増加は、家電の普及率を高めた。また、家電の普及は、家庭での消費電力を増加させた。1966年、日本初の商業用原子力発電所が東海発電所で稼働する。60年代後半には家具調テレビをはじめとした、木目調・花柄家電が流行した。

1970年代[編集]

1973年に起こったオイルショックを機に、省エネルギー化が進む。また、技術進歩によりマイコンを組み込み電子制御された家電が登場する。

1980年代[編集]

エアコンの家庭への普及率が上がり、夏期における家庭の電力消費が大幅に増大。電子制御技術の向上、バブル景気により大型・高級化などの高付加価値製品が登場する。家電のマイコン制御が進み、複雑な機能をもつ多機能家電が増えていった。娯楽家電のデジタル化もはじまり、CDは急速に従来のレコードを置き換えていった。

1990年代[編集]

1990年代は様々なデジタル通信機器が家庭にも本格的に入り込みはじめた時代である。1990年代後半になると携帯電話が急速に普及し始めた。ゲーム機も、成人がゲームをすることも珍しくなくなったことで、子供の玩具から家庭の娯楽機器の要素も持つようになっていった。また、従来は業務用機器またはホビー機器の性格が強かったパーソナルコンピュータも急速に普及し、インターネットが家庭に入り込みはじめた。

  • 環境家電
    • 生ごみ処理機
    • 排気のきれいな掃除機
    • 節水型洗濯機
    • 有害物質を使用した部品を含まない製品
    • 省電力エアコン
    • 省電力冷蔵庫

2000年代[編集]

映像情報機器・オール電化住宅が話題となる。インターネット接続機能をもつ家電製品も現れる。

2010年代[編集]

エコポイントとアナログ放送終了の影響を受けて地上デジタル対応テレビが売れた。

一般家庭向けの家電レンタル業者の発生により、家電レンタルする風潮が普及しはじめる。

脚注[編集]

  1. ^ 「天文台の電話番」p132、長沢工著、2001年、地人書館

関連項目[編集]