あんか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

あんか(行火)は炭火、電気ヒーター、化学発熱体等を内蔵した一人用可搬型の採暖用保温具 [1]。布団などに入れ直接手足に当てて暖をとる暖房器具である[2]。地域や世代によっては「こたつ」「足炬燵」と呼ばれることもある。

電気あんか

概要[編集]

日本では熱源としては、古くは木炭炭団豆炭が用いられたが、現在では主に電熱が用いられる。これが家庭用電化製品の一つである電気あんかである。冬季など寒いときに、湯たんぽのようにして布団の足下に入れる。湯たんぽと比べたメリットは、朝方になっても冷めることがないこと、つまみで温度調節ができることなど。デメリットは主にコンセントから電源を得るため布団の中でコードが足にからみつくことである。

行火を更に小型化したものが携帯用の暖房器具である懐炉であり、また家具として発達したものが炬燵である。

粗悪電気あんか発火事件[編集]

電気あんかは、比較的簡単な部品・工程で製造できるため、昔は様々な小企業が独自に製造した電気あんかが安価で売られ、全国的に出回っていた。しかし1967年(昭和42年)末、広島市にあった七福商事という会社が製造、販売した電気あんかが発火、ボヤをおこす事件が発生した。

調査の結果、この会社が、他の倒産した電気商から売れ残った廃品を買い取り、それを空きや可燃性のスポンジなどと組み合わせて作られた粗末な構造だった上、温度ヒューズの未設置、通産省に未登録の工場で生産していたこと、型式認可を取得していなかったこと、更に、関係の無い東芝のマークのついた袋で販売していたことなどが発覚し、電気用品取締法違反や詐欺罪などで摘発された。

これをきっかけに、全国的に電気製品に対する規制の強化が始まった。

出典[編集]

  1. ^ 意匠分類定義カード(D4) 特許庁
  2. ^ あんかの外枠・あんか 関ケ原町歴史民俗資料館

関連項目[編集]

外部リンク[編集]