食器洗い機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

食器洗い機(しょっきあらいき)とは、食器を洗うための機械である。略して食洗機(しょくせんき)とも。

概要[編集]

比較的大容量の食器洗い機

食器洗い機とは食器を洗うための機械である。厨房設備台所設備)の一種に分類される。 類似のものとして、洗浄した食器を風で乾燥させる機能だけを持つ「食器乾燥機」がある。

業務用と家庭用では、サイズ・形状・機能が異なっている。

業務用

業務用食器洗浄機は、大量の食器を、高速に、洗う目的の為に大型で高速のものが採用される傾向がある。このような機械としてベルトコンベア式のタイプがある。また、可動式のフタ状のものをかぶせると、そのフタの内部が食器洗い空間になるというタイプもある。このタイプは食器を置くカゴが複数用意してあり、シンクからそこへ食器を移しそれを滑らせ従業員に体力の負担をかけないように考慮されている。いずれのタイプでも非常に強力な水流で洗うので、数十秒~1~2分で洗い終わるが洗浄音は概して大きい。また、食器のうちガラスコップ専用の洗浄機として「グラスウォッシャー」がある。

家庭用

家庭用のものは現在、「食器洗い乾燥機」と呼ばれるタイプのもの(食器を洗い終わった後に、風で乾燥させるタイプ)が主流。汚れた食器を一定の法則に従って並べ、食器洗い機専用洗剤[1]を入れて運転させることにより、数十分から一時間ほどで、洗浄・すすぎ・乾燥が行われる。

システムキッチンなどに組み込む「ビルトインタイプ」、キッチンの片隅(シンクコンロが組み込まれている台の端)などに置く「卓上タイプ」がある。

また、通常の手洗いでは使用出来ないほど高温のお湯(摂氏70℃から85℃)や高圧水流を使うことにより汚れを効果的に落とすことができる。また、高温洗浄・高温乾燥は食器の殺菌効果が非常に高く、幼児がいる家庭、育児をしていてミルクを飲ませる哺乳瓶などを使う家庭、で需要が高い。

歴史[編集]

史上初の食器洗い機は、1860年アメリカの男性によって木製のものが開発された。ただし、これはハンドルを回転させることで使用済みのお皿の上に水がかかる仕組みであり、実用に耐えるものではなかった。

その後、1893年にジョセフィン・コクラン婦人が作った手動式の食器洗い機が、実用にも使えると言うことで世に広まっていく。

1909年、ゼネラル・エレクトリックが電動式の食器洗い機を発売した。

日本での歴史[編集]

業務用[編集]

業務用においては早くから知られ、特に1964年東京五輪が開催された1960年代には外食店の新規開店とともに食器洗い機が一気に普及した。これに要する専用の洗浄剤は当初は粉末であり、洗濯機同様にオペレータが適正濃度に希釈して使用していたが、業務用のそれは高アルカリの劇物であり素人が使うには危険が伴った。そこで洗浄剤メーカーは粉末の代わりに液体の洗浄剤を開発し、これを電動ポンプまたは機械的に一定量供給する制御装置を取り付けるようになった。これによりオペレータは安全に食器洗いに専念できるようになった反面、洗浄剤の存在が意識されないのでしばしば低濃度、あるいはお湯だけで食器が洗われるケースが発生する。それを未然に防止するため、現在では何らかの方法で洗浄剤切れを知らせるアラームが備わっている。

上述の通り日本に於いては新規開店とともに業務用食器洗い機が普及したという背景があったため、各洗浄剤メーカーは挙って自社の洗浄剤を指定してもらえるよう食器洗い機メーカーに嘆願するようになった。この力関係により、「現場における食器洗い機の通常のメンテナンスは洗浄剤メーカーが営業の度に行う」という暗黙のルールが長く続いたが、やがて経年劣化に伴う食器洗い機の買い替えといった現場のニーズは洗浄剤メーカーが把握するようになった。後に食器洗い機メーカーの側から自社の食器洗い機を導入してもらえるよう洗浄剤メーカーにお願いする立場となり、現在両者は共存共栄の関係となっている。

家庭用[編集]

日本では1960年(昭和35年)、パナソニック(当時・松下電器産業)によって家庭用の食器洗い機第一号が発売された。しかし、装置のサイズが大きく、仕組みも大がかりで、洗浄性能も不十分であった。当時の食器洗い機は、消費者の立場に立った徹底した商品テストで定評があり全国の国民に読まれていてとても影響力があった『暮しの手帖』でも、洗浄能力・騒音・水道代・電気代等について問題があることが指摘され、問題だらけの製品なのに、広告で夢ばかり見させて高い値段で売りつけようとしていることなどが厳しく指摘され「主婦を愚弄(ぐろう)している」とも書かれた。実際、課題が山積している状態であったことを指摘されたのであり、そのためなかなか普及しなかったのである。

売れないので、食器洗い機部門はずっと赤字部門であった。長い時間をかけて、課題を解決すべく、改良を重ねてきた歴史がある。

形状・サイズは、当初、上から見下ろすと正方形で中に(洗濯機のような)円筒状の空間があるものだった。日本で多い、狭い住宅の台所におけるようなものではなかったのである。

台数に着目すると、家庭用食器洗い機は日本ではほとんど売れていなかった。ほんのわずかに売れたのは、あくまでビルトインタイプであった。

「日本の公団住宅やマンションのキッチンというのは、独特の事情、(小さく・安くして、住宅を大量に供給しようとした)独特の発想があり、シンクやコンロ以外のスペースはほとんど無く、実際、一辺が50cmの正方形などという物体を置くスペースはなかったのである(今でも、日本ではこんな物体を置ける台所はほとんどなく、今でも売れないままであろう)。 主婦らの「置ける場所が無い!」との消費者の声を受け止める、はじめて日本の台所の状態を真剣に調べて検討するようになった。開発に苦労を重ねた末、日本の台所の台の隅にわずかに残る細長いスペースに置ける形状のもの、薄型で背が高いものが開発され、商品名は「これなら置ける!」とつけられ発売され、これが大ヒットとなり、日本の家庭でも普及が進むようになったのである。

1996年に各社からコンパクトで低価格な卓上型の製品が発売され、また、ちょうどこの時期にO-157食中毒が流行したことも相まって一気に需要が伸びた。

ここには1980年代における女性の社会進出が「家事負担を軽減したい。して欲しい」といったニーズを生み出し、食器洗い機への期待が大きくなっていた、という事情もある。

また、当初の家庭用食器洗い機は、およそ100Lもの大量の水を使うものであったが、「ブーメランノズル」と同社が命名した水の反動力で回転するしくみの採用によって、それが9L程度の水消費で抑えられるようになり、手洗いするよりもむしろ節水になるところまで改良されたのである。

2001年には日本での世帯普及率が10%を突破し、2003年には卓上型の売り上げが初めてビルトイン型を上回った。2003年1月31日施政方針演説小泉純一郎首相(当時)は、食器洗い乾燥機・薄型テレビ・カメラ付携帯電話を「新三種の神器」と命名した[1]。また2004年4月13日パナソニック(当時・松下電器産業)が、白物家電食器洗い乾燥機IHクッキングヒーター生ゴミ処理機を「キッチン三種の神器」であると提唱した。

その後、ビルトイン型の需要は安定する一方で、卓上型の売り上げは2003年をピークに徐々に減少し、日本の大手メーカーではパナソニック、三菱電機日立東芝シャープ三洋電機象印マホービンTOTOなどが製品を発売していたが次々と撤退、2010年時点でパナソニック、東芝、象印マホービンの3社が生産していたが、東芝・象印の2社は2012年までに相次いで生産を終了しており、現在卓上型の生産を続けているのはパナソニックのみとなっている。

2010年調べのデータでは、日本での普及率は約25%に留まっている。

現在

現在では、本体内に貯めた水を循環させて洗浄やすすぎに使うので、手洗いの場合の数分の一の水量しか使わず、節水になる。

基本的には専用洗剤を使用することになるが、かつては台所用洗剤が使用可能なもの、塩が洗剤の代わりになるもの、洗剤を使わなくてもある程度汚れが落ちるものなどがあった。専用の洗剤の中には、過炭酸ナトリウムなどのアルカリ性を示す成分が入っている場合が多く、高価な食器や漆器、美術的価値のあるもの、上薬をかけてある食器には使用が出来ない。

また、予洗を行わずに洗浄をした場合、食べかすが蓄積してお湯の循環が鈍り、温度ヒューズ(またはサーモスタット)が働いてしまうこともある。サーモスタット式の場合は、しばらく時間をおいて庫内温度を下げれば再度使用できる状態となるが、ヒューズ式の場合は復帰できないため、メーカーへの修理を依頼することになる。特にジャガイモには注意が必要である。

現在の卓上型食器洗い機は、日本の住宅事情に適応したコンパクトなサイズ、優れた省エネ性、音の小ささなどから、海外でも人気が高い。また、節水効果が高いことから、食器洗い機の購入に補助金を交付している自治体もある。

脚注[編集]

  1. ^ 粉末状や液状でスーパーやドラッグストア等販売されている