接客ロボット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

接客ロボット(せっきゃくろぼっと)とは、対人向けの接客を行うことを目的として作られたロボット[1]

その形態は多種多様だが、人型、キャラクター型など、人間が違和感を感じにくい外見になっている。

種類[編集]

配膳ロボット[編集]

飲食店等において、店内を移動し、料理の配膳を行うロボット。多くの場合、タイヤのついたテーブルのような外見をしている[要出典]

代表例 : Servi(サービィ)[2]

案内ロボット[編集]

大型のショッピングセンターホテル旅館等で、案内を行うロボット。道を教えるだけでなく、客とともに移動して案内を行うものも存在する。

外見はデフォルメ化されたキャラクターや、ディスプレイのついた円柱のようなものなど様々である。

代表例:Siriusbot(シリウスボット)[3]

対話ロボット[編集]

銀行や病院、飲食店等で、客と対話し、触れ合うことを目的としたロボット。客が待ち時間に退屈してしまうのを防ぐ効果がある。

その性質上、外見は人型のものが多い。対話だけでなく、他の接客サービスも行う場合もある。

代表例:Pepper(ペッパー)

関連項目[編集]

出典[編集]

  • 増田、井原「もてなし、プロ並み 接客・配達の7機 (特集 AIロボット大図鑑 : 精鋭40機がずらり)」『日経コンピュータ』2018年7月25日、28-30ページ
  • 国立研究開発法人科学技術振興機構「誰でも使える人工知能で働くロボットをつくる」『JSTnews』第2019巻第2020号、科学技術振興機構、2020年、 8-10頁、 doi:10.1241/jstnews.2019.2020.2_8ISSN 1349-6085NAID 130007806009

脚注[編集]

  1. ^ 中村雅巳, 松崎辰夫「4ヶ国語を操る接客ロボット・アクトロイド」『日本ロボット学会誌』第24巻第2号、日本ロボット学会、2006年3月、 159-161頁、 doi:10.7210/jrsj.24.159ISSN 02891824NAID 10017964004
  2. ^ ソフトバンク系、飲食店の配膳で新型ロボット” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2020年10月18日閲覧。
  3. ^ Siriusbot(シリウスボット) | ロボスタ - ロボット情報WEBマガジン” (日本語). ロボスタ. 2020年10月18日閲覧。