バシネット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
1465年ごろの乳児用ベッドとがらがらを再現した物

バシネット(英語:bassinet、bassinette)、新生児用かご型ベッドとは、生後4か月ぐらいまでの乳児用ベッドである。日本語圏では、「バシネット」と言えば一義的に航空機に備えつけられた乳児用ベッドをいう。

元来の意味[編集]

生後4か月ぐらいまでの乳児用ベッドの事で、揺れる機構が付いた「揺り籠(cradle)」と異なり、まれにキャスターが付いた揺れる機構の無い物をいう[1]。また持ち手がついた物などは、Moses basketscarry cotsと呼ぶ。4か月後には、自分で寝返りを行うようになるためベビーベッド(米語:crib 英語:cot)に移し替えることがある。

研究によれば、しっかりしたマットレス乳幼児突然死症候群(SIDS)のリスクを低減させる[2]

主な航空会社の使用基準[編集]

機内の壁(多くの場合、大きなテレビやスクリーンがある)に取り付ける形で使用される。 使用できる乳児は航空会社によって制限が異なっており、おおむね、体重10キロ未満となっている。使用する場合は、事前の予約が必要である。

離着陸時や乱気流など、機長判断でシートベルト着用のサインが出た場合は使用できない。

日本航空[編集]

体重10キロ未満。(バシネットサイズは77×32.5×15)

全日空[編集]

体重10キロ未満。(バシネットサイズは85×45×33cm)

ノースウエスト航空[編集]

体重9キロ未満、身長66cm以内。

ユナイテッド航空[編集]

体重11.25キロ未満。

出典[編集]

  1. ^ Injury Prevention for Children and Adolescents: Research, Practice, and Advocacy, Karen DeSafey Lille, Ed. 2006. p.71.
  2. ^ SIDS & Kids Statement on the use of second hand mattresses

関連用語[編集]

  • ベッドサイドスリーパー - ベビーベッドの片側の柵が開いており、親が寝るベッドの横に接続出来るようにしたもの
  • 乳母車
  • ベビースリング