スマートロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

スマートロックとは、既存の錠をなんらかの手法により電気通信可能な状態とし、スマートフォン等の機器を用いて開閉・管理を行う機器およびシステムの総称のことである。2015年に多くの製品が国内で出荷開始となり、スマートロック元年と呼ばれることもある[1][2][3]。スマートロックは、鍵を開閉できる期間や回数を制限することができるため、第三者に鍵を共有しても、不正利用されづらいというメリットがある。

また、2016年からはWi-Fi通信型のスマートロックや遠隔解錠可能なBLE通信型の製品にホームゲートウェイ等のオプションが発表・販売されたこと等を背景に、遠隔管理・無人管理の活用がはじまっている。スマートロックはAPI等を利用することでサードパーティーが鍵と紐付いたサービスを実現することが可能であるため、IT・IoTサービスを構成する機器の1つとなっており、欧米では予約サービス・ドアベル・ホームオートメーションの機器との連携等が始まっている。

セキュリティー上の注意事項(2022)

※ロイター通信によりますと英サイバーセキュリティー会社NCCグループは研究発表で、ブルートゥース技術が本来の設計目的ではない自動車や住宅や個人データ管理のデジタルロック(電子錠)「スマートロック」に世界的に多用されていることについて、遠隔解錠のハッカー攻撃に弱い可能性があると警告した。

スマートロックが使用しているBluetooth通信はもともとロックなどの使用を考えていなかった為、スマートロックに使用の場合遠隔操作でロック解除になるそうです。

Bluetooth通信には暗号が使用されていますが、それ以外の脆弱性の為スマートロックがロック解除可能とのことです。

同社研究者が米電気自動車(EV)のテスラ車のロック(家に取り付けるスマートロックと同じようにBluetooth通信使用)について、ラップトップパソコンに接続した入手の難しくない小さな機器でロックを解除し、発進させられる動画を公開しました。

こうしたことは同技術に依存するあらゆる製品がネットに繋がっている場合、地球の反対側からでも可能とのことです。

スマートロックでもネットにつなげて会社からロック解除できる機種は危険があります。

ネットに繋がっていないスマートロックの場合、小さな機器をつないだラップトップパソコンをBluetooth通信が届くところまで持ってくるとロック解除できるようです。



概要[編集]

基本的にスマートフォンの専用アプリと、錠の開閉を行う機器で構成されている。専用アプリで開錠・施錠の指示を行い、Bluetooth Low Energy(BLE)等の通信により錠側の機器と接続、「鍵」にあたる認証情報を送信する仕組みとなっている。

スマートホームサービスの一つとして提供されることもある[4]

特徴[編集]

  • 設置方式
    • 交換型
      • 既存の錠と取り替え/工事により設置するタイプ。欧米を中心に販売されており、取り付けには工具が必要であるが海外ではDIYで取り付けもケースも多い。国内では、物件オーナーの了解が要る等、賃貸住宅の入居者が導入するにあたっては課題が多い。
    • 後付型
      • 室内のサムターン部分に被せるタイプ。工事不要で粘着テープ等で貼り付けるだけのものが主流であり利便性が高い一方、サムターンが対応していない場合は利用できない。
    • 電気錠型
      • 鍵を電気的に制御する電気錠を設置する方式。セキュリティの確保をしっかりとしたい場合、パニックオープン・ビル警備連動など、オフィスに設置する場合の必須機能に対応する場合に対応。
  • 通信方式
    • Bluetooth Low Energy(BLE)
      • バッテリー消費が少なく、単三乾電池4本で約1年ほど稼働する。原則として、BLEに対応する機器(iOS7 以上 /Android4.4 以上)による接続を行う必要がある。
      • BLEは通信ではスマートロックとスマートフォンが離れた状態で接続はできないため、一部製品では別途ホームゲートウェイ等の機器を導入することで遠隔通信に対応している。
    • Wi-Fi
      • 中継器となるゲートウェイが不要となり、スマートフォン以外からも開閉・遠隔からの管理が可能となる。デメリットとしてBLEに比べバッテリー消費が大きいと言われていたが、省電力で駆動できるテンキータイプの製品も販売されている。通信構成がシンプルとなり、ネットワークトラブルの対応がしやすい点もメリット。
  • その他の機能
    • 鍵の共有
    • 遠隔操作
    • オートロック
    • 履歴の管理
    • ハンズフリー開閉

利用シーン[編集]

自宅利用のほか、下記状況において利便性を発揮すると考えられる。

  • シェアハウス / 貸会議室[5] / コワーキングスペース[6]
  • オフィス / 店舗における従業員の入退室管理・セキュリティ利用・勤怠システム連携[6]
  • ホテルチェックイン
  • 民泊・バケーションレンタル[7]
  • 不動産内覧[8]
  • レンタルスペース
  • 自治体 公民館
  • シェアオフィス、レンタルオフィス
  • 無人店舗

脚注[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]