スマートロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スマートロックとは、既存の錠をなんらかの手法により電気通信可能な状態とし、スマートフォン等の機器を用いて開閉・管理を行う機器およびシステムの総称のことである。2015年に多くの製品が国内で出荷開始となり、スマートロック元年と呼ばれることもある。スマートロックは、鍵を開閉できる期間や回数を制限することができるため、第三者に鍵を共有しても、不正利用がされづらいことがメリットある。

また、2016年からはWi-Fi通信型のスマートロックや遠隔解錠可能なBLE通信型の製品にホームゲートウェイ等のオプションが発表・販売されたこと等を背景に、遠隔管理・無人管理の活用がはじまっている。スマートロックはAPI等を利用することでサードパーティが鍵と紐付いたサービスを実現することが可能であるため、IT・IoTサービスを構成する機器の1つとなっており、欧米では予約サービス・ドアベル・ホームオートメーションの機器との連携等が始まっている。

概要[編集]

基本的にスマートフォンの専用アプリと、錠の開閉を行う機器で構成されている。専用アプリで開錠・施錠の指示を行い、Bluetooth Low Energy(BLE)等の通信により錠側の機器と接続、「鍵」にあたる認証情報を送信する仕組みとなっている。

特徴[編集]

  • 設置方式
    • 交換型
      • 既存の錠と取り替え/工事により設置するタイプ。欧米を中心に販売されており、取り付けには工具が必要であるが海外ではDIYで取り付けもケースも多い。国内では、物件オーナーの了解が要る等、賃貸住宅の入居者が導入するにあたっては課題が多い。
    • 後付型
      • 室内のサムターン部分に被せるタイプ。工事不要で粘着テープ等で貼り付けるだけのものが主流であり利便性が高い一方、サムターンが対応していない場合は利用できない。
  • 通信方式
    • Bluetooth Low Energy(BLE)
      • バッテリー消費が少なく、単三乾電池4本で約1年ほど稼働する。原則として、BLEに対応する機器(iOS7 以上 /Android4.4 以上)による接続を行う必要がある。
      • BLEは通信ではスマートロックとスマートフォンが離れた状態で接続はできないため、一部製品では別途ホームゲートウェイ等の機器を導入することで遠隔通信に対応している。
    • Wi-Fi
      • スマートフォン以外での開閉・遠隔からの管理が可能となる。デメリットとしてBLEに比べバッテリー消費が大きい。
  • その他の機能
    • 鍵の共有
    • 遠隔操作
    • オートロック
    • 履歴の管理
    • ハンズフリー開閉

利用シーン[編集]

自宅利用のほか、下記状況において利便性を発揮すると考えられる。

  • シェアハウス / 貸会議室 / コワーキングスペース
  • オフィス / 店舗における従業員の入退室管理・セキュリティ利用
  • ホテルチェックイン
  • 民泊・バケーションレンタル
  • 不動産内覧

代表的な製品[編集]

  • 国内
    • Akerun
    • Ninja Lock
    • RemoteLock
    • Qrio Smart Lock
  • 海外
    • August Smart Lock
    • RemoteLock
    • danalock
    • Friday Smart Lock
    • Goji
    • HAVEN
    • Kevo
    • Lockitron Bolt
    • Nuki Smartlock
    • Sesame Smart Lock

以上の他にも多数の企業が提供している。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]