断層の世代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

断層の世代(だんそうのせだい)とは日本において国民の生まれた時期による分類の一つ。1951年1960年に生まれた世代が断層の世代とされており、人口は約1660万人である[1]団塊の世代の次に現れた世代であり、高度経済成長の時代に育った。バブル景気も経験しており元祖オタク世代でもある。1976年以降に生まれた世代は「断層ジュニア」などと呼ばれている[2]。断層の世代が好消費と呼ばれるようにローンを組んで買い物をするなど消費水準が高かったものの、以降の世代になるにつれて減少していき消費や支出が行われなくなっている。また断層の世代は消費の好みでは自動車AV機器海外旅行が多かったものの、以降の世代になるにつれてこれらへの関心も減少している[3]

脚注[編集]

  1. ^ 日本マーケティング研究所. “再成長期の市場深耕のチャンス”. 2013年10月3日閲覧。
  2. ^ 消費研究チーム (2006年5月). “消費社会白書2006より 世代の定義と特徴 (pdf)”. JMR生活総合研究所. pp. 11-12. 2013年10月3日閲覧。
  3. ^ 「アベノミクス」効果を「嫌消費」世代の消費喚起にどう結びつけるか」 (pdf) 、『ひょうご経済』第118号、ひょうご経済研究所、2013年10月3日閲覧。