加藤キーチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 喜一(かとう きいち、1965年1月9日 - )は日本のミュージシャン作詞家作曲家東京都出身。法政大学第一高等学校(現・法政大学高等学校)卒業、法政大学中退。加藤キーチの名義も使用している。

経歴[編集]

1984年7月1日SALLYのメンバー(ギター・リードヴォーカル)としてデビュー、リーダー(ギター、ヴォーカル)の杉山洋介との共同名義"YOSUKE & KEACH"で数々の作品を生む。1986年5月27日、解散。

解散後、佐藤公彦達と結成したバンドJealousy for the moonを経て、ビートたけしのバックバンドに在籍。布施博らに楽曲を提供。1996年からは、吉行由実監督作品のサウンドトラックを手がける。

2003年4月7日、重症急性膵炎に倒れる。5月15日退院。2004年4月10日、KOTEZ&YANCYとのトリオでカレッタ汐留にてライブで、奇蹟の復活を遂げる。

2006年12月15日Shibuya eggmanにて、加藤が率いる「加藤キーチ sings SALLY Rock'n'Roll Band」とともに、ワンナイトスタンド「加藤キーチ sings SALLY」のステージに立つ。同日、SALLY解散以来20年を経てのソロデビューシングル『東京バックサイド・ブルース』(Picture Yourselfレーベル)を発売。

現在はオリジナル、カヴァー、ブルースなどを中心に定期的にソロライヴ、セッションなど幅広い活動を行っている。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. 東京バックサイド・ブルース(2006年12月15日発売)
    東京バックサイド・ブルース 作詞/森若香織、作曲・編曲/杉山洋介
    BALLAD OF "G" 作詞・作曲・編曲/加藤キーチ
    飛べないエアポート 作詞/日野友香青木多果、作曲・編曲/青木多果

ライヴアルバム[編集]

  1. 歌とギターとブルースハープ(2009年8月12日発売)

外部リンク[編集]