POINTS-2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
POINTS-2
尾崎亜美カバー・アルバム
リリース
レーベル キャニオンレコード
プロデュース 尾崎亜美
尾崎亜美 年表
10番目のミュー
1985年
POINTS-2
1986年
Kids
1986年
テンプレートを表示

POINTS-2』(ポインツ ツー)は、尾崎亜美の通算14作目のレギュラーアルバムであり、2作目のセルフカバーアルバムである。

解説[編集]

他アーティストに提供した曲を集めたセルフカバーアルバムの第2弾で、第1弾『POINTS』が成功したことを受け、第2弾である本作の製作が決定した。1992年には第3弾の『POINTS-3』が発売された。

収録曲[編集]

  1. 曇りのち晴れ
    • 作詞・作曲・編曲:尾崎亜美
    • 志村香への提供曲。
  2. ボーイの季節
  3. 涙を海に返したい
    • 作詞・作曲:尾崎亜美、編曲:小林信吾
    • 杏里への提供曲。
  4. 恋は行方不明
    • 作詞・作曲:尾崎亜美、編曲:小林信吾
    • 南翔子への提供曲。
  5. Summer Beach
    • 作詞・作曲:尾崎亜美、編曲:小林信吾
    • 岡田有希子への提供曲。
  6. Know How
    • 作詞:P.Lewis・G.Hotoda・B.White(日本語原詞:尾崎亜美)、作曲・編曲:尾崎亜美
    • 松本伊代への提供曲「恋のKNOW-HOW」の英訳詞版。
  7. 微風のメロディー
    • 作詞・作曲:尾崎亜美、編曲:谷有益
    • 河合奈保子への提供曲
  8. 夏の幻影(シーン)
    • 作詞・作曲:尾崎亜美、編曲:小林信吾
    • 松田聖子への提供曲で、アルバム『The 9th Wave』収録曲。
  9. Air Mail
    • 作詞・作曲・編曲:尾崎亜美
    • この曲のみオリジナルの楽曲である
  10. 時に愛は
    • 作詞・作曲:尾崎亜美、編曲:谷有益
    • 松本伊代への提供曲。2008年には福圓美里が同曲をカヴァーしている。