泯比沙子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
泯比沙子
出身地 福岡県福岡市
ジャンル J-POP
職業 歌手
活動期間 1983年 -
レーベル キャプテンレコード
ナゴムレコード
アポロン音楽工業(MEDIUM FIRST PRESS)
テイチクエンタテインメント
ナスカ・カー・レコーディングス
共同作業者 ミン&クリナメン

泯 比沙子(みん ひさこ)は、日本パンク歌手である。

経歴[編集]

  • 1983年5月 - 即興音楽ユニットT.S.Nのステージに飛び入り参加でデビュー。T.S.N with特殊学級と名乗り福岡を賑わす。
  • 1983年8月 - ライブ中に蝉を食べたことが地元の新聞に掲載される。目立ち過ぎるとの理由でユニットから解雇。
  • 1985年4月 - 泯比沙子withTEN-NO(Vo.&G. Duo)として初の東京ライブを渋谷東横劇場で行う。
  • 1985年5月 - 泯比沙子withクリナメン結成。福岡ビブレホールで初ライブ。
  • 1985年9月 - 都立家政スーパーロフトでのライブの模様が講談社フライデーに掲載。
    • 1985年末までは過激なライブ・パフォーマンスから「博多の狂乱娘」と称され多くのマスコミに取り上げられる。
  • 1986年4月 - 御披露目「泯比沙子ツアー(福岡・京都・名古屋・新宿・静岡・大阪)」。新宿ロフトで大爆発。
  • 1986年6月 - 1stミニアルバム「LOVE&WAR」をキャプテンレコードよりリリース。全国各地で精力的なライブ活動。
    • あやふやだった表記を 泯比沙子&クリナメンに統一。
  • 1986年11月〜 - イベント「子どもたちのCity」に参加。(豊島公会堂・横浜教育会館・後楽園球場特設テント)
  • 1987年2月 - 参加オムニバスアルバム「子どもたちのCity」がアポロン音工よりリリースされる。
  • 1987年3月 - 「子どもたちのCityツアー(名古屋雲竜会館・京都ビッグバン・大阪センサスホール)」に参加。
    • ミン&クリナメンとバンド名に改める。
  • 1987年5月 - シングル「世界によろしく」をナゴムレコードよりリリース。
  • 1987年秋 - 筋肉少女帯との対バンイベント「筋vs泯」を豊島公会堂等で開催。
  • 1987年10月 - メジャー1st「猿の宝石」をアポロン音工よりリリース。「モンキーツアー'87」で全国行脚。
  • 1988年3月 - 若過ぎたという理由でプロモーション期間内にミン&クリナメン解散表明。新宿ロフトで最後のライブ。
  • 1992年10月 - 田口トモロヲのソロアルバム「バチカリスト」の収録曲「SIXTEEN」にボイス参加。
  • 2001年5月 - MIN13として福岡でライブ活動再開。
  • 2002年2月 - MIN13活動休止。
    • 以後、ソロ名義で不定期にライブを行う。
  • 2002年8月 - 編集盤「猿の宝石+2Songs」をテイチクエンタテインメントよりリリース。
  • 2010年11月 - 泯比沙子とハイライトセブンとして東京、福岡でライブ。
  • 2012年1月 - 福岡の即興演奏ライブイベントに参加。
  • 2012年9月〜 - 泯比沙子&島流しを結成し全新曲でライブ活動開始。
  • 2014年3月 - ライブ中のダイブで左を負傷。十字靭帯断絶および半月板損傷と診断される。
  • 2014年5月 - 泯比沙子&島流しとして東京初遠征ライブを新宿URGAで行う。
  • 2014年7月 - シングル「世界によろしく」(Remastering)がナゴムカタログ第3弾として配信リリース。
  • 2015年7月〜 - インターネット放送DOMMUNEにて「泯比沙子の死んじゃったって愛してるって言ってくれ(屍物語)」を東京遠征時など不定期に配信。
  • 2015年7月 - 非常階段featuring泯比沙子として新宿URGAでライブを行う。
  • 2015年11月〜 - 「RUMBLING OF THE GROUND(屍物語)」と題したライブ企画を立ち上げ定期的に都内で開催。自身も出演しナスカ・カーなど様々なバンドやミュージシャンとのコラボレーションを行っている。
  • 2016年8月 - 泯比沙子+ナスカ・カーとしてのアルバム「LOVE & WAR NOW!」をナスカ・カー・レコーディングスよりリリース。
  • 2016年12月 - 長らく活動休止状態だった、泯比沙子&島流しの解散を発表。


ディスコグラフィー[編集]

  1. LOVE&WAR (1986年 ピクチャー盤)
    肉体の天使/HAGOROMO/LIKE A ALIEN/I LOVE WAR
  2. 子どもたちのCity (1987年 オムニバス盤)
    フューチャー・ナウ!!〜拝啓。未来様、あなたはとってもいかがわしい。〜
  3. 世界によろしく (1987年)
    世界によろしく(全世界児童革命)/夢見るシャンソン人形I/夢見るシャンソン人形Ⅱ
  4. 猿の宝石 (1987年)
    フラッシュ・ザ・ナイト/タコツボ/ササヤキ/ハゴロモ/猿の宝石/フューチャー・ナウ!!(Studio Live Version)
  5. フロム ビギニングス〜キャプテン・レコード初期作品集〜 (1990年 オムニバス盤)
    LIKE A ALIEN/肉体の天使/HAGOROMO
  6. 今日から俺は!! -Soundtrack- (1992年 珉餃子名義)
    高校デビュー
  7. 猿の宝石+2Songs (2002年 編集盤)
    フラッシュ・ザ・ナイト/タコツボ/ササヤキ/ハゴロモ/猿の宝石/フューチャー・ナウ!!(Studio Live Version)/夢見るシャンソン人形I/夢見るシャンソン人形II
  8. LOVE&WAR NOW! (2016年)
    無礼講/ライク・ア・エイリアン/アイ・ラブ・ウォー/甘い暴力/肉体の天使/なにもない/危機/ウサギ/ハゴロモ/これでおしまいです。アーメン。/ネバー・エンディング・ストーリー

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 「宝島」jicc出版局 1986年
  • 「LIVE UNDER THE HEAVEN '86」 MONSTER Production 1986年
  • 「SWIM」Blue-Jug 1987年