ウンタマギルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウンタマギルー
監督 高嶺剛
脚本 高嶺剛
製作 山田晶義
音楽 上野耕路
撮影 田村正毅
編集 吉田博
製作会社 パルコ
配給 パルコ
公開 1989年10月7日
上映時間 120分
製作国 日本の旗 日本
言語 沖縄方言
テンプレートを表示

ウンタマギルー』は、高嶺剛監督による日本映画沖縄県西原町に伝わる民話運玉義留」をベースに、日本復帰直前の沖縄を描いた幻想的なファンタジーである。

小林薫、戸川純、沖縄芸能の大御所たちなど、高嶺監督の前作『パラダイスビュー』とほぼ同じキャストが出演している。


ストーリー[編集]

製糖所で働く青年ギルーは、西原親方の元で暮らす不思議な女性マレーを毛遊びに誘い出し関係を持つ。しかしマレーの正体は、親方がニライカナイの神から預かったゥワーマジムン(豚の化身)であった。秘密を知ったギルーは親方に命を狙われることとなり、娼婦でサーダカ(霊感を持つ)の妹チルーの助言で運玉森(ウンタマムイ)に身を隠す。森の精霊キジムナーから空を飛ぶ霊力を授かったギルーは義賊となって、油喰(アンダクェー)と共に貧しい村の人々や独立派ゲリラたちの英雄となる。

作品情報[編集]

製作年 : 1989年

製作国 : 日本

配給 : パルコ

主なキャスト[編集]

主なスタッフ[編集]

受賞歴[編集]

1989年

1990年

  • ベルリン映画祭カリガリ賞
  • ハワイ国際映画祭グランプリ
  • ナント三大陸映画祭グランプリ

関連事項[編集]

外部リンク[編集]