好き好き大好き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
好き好き大好き
戸川純スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル アルファレコード
プロデュース 戸川純
戸川純 年表
極東慰安唱歌
戸川純ユニット
1985年
好き好き大好き
1985年
東京の野蛮
1987年
『好き好き大好き』収録のシングル
テンプレートを表示

好き好き大好き』(すきすきだいすき)は、戸川純のソロ名義で発売された3枚目のオリジナル・アルバム1985年11月10日アルファレコード-HYSレーベルより発売された。

概要[編集]

  • アルファレコードの戸川純個人レーベル「HYSレーベル」の第1弾アルバム。プロデュースおよびアートディレクターも戸川本人が担当した。
  • プロモーション用のコメント映像と連作ミュージック・ビデオ「遅咲きガール」「好き好き大好き」「さよならをおしえて」「図形の恋(メイキング)」などが存在するが、「遅咲きガール」のミュージック・ビデオが戸川純&ヤプーズ名義のビデオ『TOUR-LIVE'85〜'86』に収録されている以外は現在まで未発売である。
  • 2006年にはSony Music Directより本作を含むアルファレコード時代の戸川純関連アルバム9作(上野耕路戸川京子作品含む)がデジタルリマスタリングされた音源に帯、レコードレーベル、歌詞カード等忠実に再現された、紙ジャケット仕様で復刻された。また同時に戸川純関連映像作品2作もDVDで復刻された。

収録曲[編集]

  1. ヘリクツBOY
  2. 好き好き大好き
    ※1993年にボーカル参加した梵鉾(bom'boco)のアルバム『ラップたらちね』収録「スキスキ大スキ」は全くの別曲。
  3. エンジェル ベイビー(EXTRA VERSION)
    • 作詞・作曲:Rosalie Hamlin/日本語詞:戸川純/編曲:岡野ハジメ・小松世周
    ※Rosie & the Originals『ANGEL BABY』のカヴァー。
    ※日本語詞:戸川純となっているがほとんど英語のままである。
  4. さよならをおしえて
    ※フランスの歌手、フランソワーズ・アルディ『comment te dire adieu(It Hurts To Say Goodbye)』のカヴァー。
    ※翌1986年にヴォーカルを入れ直しシングル・ヴァージョンでシングル・カットされた。
  5. 図形の恋
    • 作詞:泉水敏郎/作曲:泉水敏郎/編曲:小滝満
  6. オーロラB
    • 作詞・作曲:J.Scott,M.Areieri/日本語詞:戸川純/編曲:吉川洋一郎
    ※Krisma (Chrisma) 『AURORA B』のカヴァー。
  7. 恋のコリーダ
    • 原作詞:小川敬一/作曲:服部公一/作詞:戸川純/編曲:国本佳宏
    ※原曲は『レインボー戦隊ロビン』副主題歌でそれの歌詞を変えた替歌。
  8. 遅咲きガール(EXTRA VERSION)
    • 作詞:戸川京子/作曲:小松世周/編曲:岡野ハジメ・小松世周

クレジット[編集]

ミュージシャン

  • DRUMS:泉水敏郎
  • BASS:岡野ハジメ(COURTESY OF ALFA MOON, INC. )、中原信雄櫻井哲夫
  • GUITARS:比賀江隆男、小松世周、根本晴彦
  • KEYBOARDS:戸川純、小滝満、国本佳宏、吉川洋一郎

発売形態[編集]

形態 発売日 品番 発売元 備考
LP 1985年11月10日 HYS-28001 アルファレコード-HYS オリジナル発売日。
CT 1985年11月10日 YLC-22001 アルファレコード-HYS
CD 1985年11月25日 32XA-41 アルファレコード-HYS 【初CD化】 販売元はワーナー・パイオニア
1993年08月21日 ALCA-515 アルファレコード 【CD再発】 販売元は日本コロムビア
1994年12月21日 ALCA-9128 アルファミュージック 【CD再発】 販売元は東芝EMI
2006年02月22日 MHCL-715 Sony Music Direct 【CD再発】 ※完全限定生産盤
2006年デジタルリマスタリング/紙ジャケット仕様
Blu-spec CD 2011年05月11日 MHCL-20135 Sony Music Direct 【CD再発】 ※2006年盤をBlu-spec CD化。完全限定生産盤
2006年デジタルリマスタリング/紙ジャケット仕様。