カンフーくん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
カンフーくん
Kung Fu Kid
監督 小田一生
脚本 大地丙太郎
原案 山岸きくみ
製作総指揮 中川滋弘
出演者 張壮
泉ピン子
音楽 大坪直樹
撮影 谷川創平
配給 角川映画
公開 日本の旗 日本 2008年3月29日
上映時間 98分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

カンフーくん』は、2008年3月29日に公開された日本映画。監督・VFXは小田一生、主演は張壮(チャン・チュワン)と泉ピン子。劇場でのキャッチコピーは、「燃えよ"ちっちゃな"ドラゴン!!」「この強さハンパじゃねー!!!」。撮影は、都内のシーンとともに、実際に中国河南省にある嵩山少林寺でも行われている。

ストーリー[編集]

登場人物・キャスト[編集]

カンフーくん - 張壮(チャン・チュワン)
少林寺の修行僧の少年。わずか7歳にして少林寺三十六房の修行を三十五房まで達成し、最後の試練として日本にいる敵を倒すことを師匠ピン・コーに命じられ、彼の秘術によって日本に飛ばされる。腕の鈴はその「敵」が近くにいると反応し、音を鳴らす。また、この鈴は間違った相手と戦うとカンフーくんにおしおきをする。テレビアニメのケロロ軍曹がお気に入り。
なお、カンフーくんとは渾名ではなく本名である。

中華料理店「ニュー幸楽」[編集]

泉ちゃん - 泉ピン子
中華料理店「ニュー幸楽」を営む太極拳の達人。
レイコちゃん - 藤本七海
泉の孫娘。小学6年生。祖母が連れてきたカンフーくんを「カンフーくん」と名付け、弟にする。

レイコちゃんの同級生[編集]

イケメンくん - 藤田ライアン
川崎さゆり - 矢口真里
通称さゆりっぺ、ギャル系。実は文部省潜入捜査官。
モミアゲくん - 佐藤和也
ボスバーガー - 長内大祐
ガキ大将。
通訳くん1・2 - 蒲地竜也[注釈 1]松田昂大
カンフーくんと他の人々の通訳をする。

ブラックゲーム社(黒文部省)[編集]

表向きはゲーム会社「ブラックゲーム社」だが、その正体は日本中をゆとり教育漬けにして残り一部のエリート層による日本支配をもくろむ組織「黒文部省」。

黒文部大臣(くろもんべ ひろおみ) - 西村雅彦
黒文部省の総帥で物語の敵役。カンフーの達人。
黒校長 - 笹野高史
レイコちゃんが通う学校の校長。
黒女教師 - 佐田真由美
黒文部の側近で、レイコちゃんの通う学校に送り込まれる。
風神 - 桜塚やっくん
嵐の三匹の一人。
雷神 - 金剛地武志
嵐の三匹の一人。
龍神 - 武田真治
嵐の三匹の一人。

その他[編集]

スタッフ[編集]

主な出品歴・受賞歴[編集]

評価[編集]

「Weeklyぴあ」2008年3月29日公開、映画満足度ランキング1位[1]

RHYMESTER宇多丸は自身の番組『ウィークエンドシャッフル』の映画批評コーナー「ザ・シネマハスラー」において本作を酷評した。まず、カンフー映画特有の編集など無い生身の格闘シーンなどが冒頭を除けば一切なく、主人公のカンフーくんはただポーズを取るだけであり、これはカンフー映画でなく、作風としては日常に異物が入り込む子供向け作品として『忍者ハットリくん』に近いとする。その上で、それぞれのセリフや場面が支離滅裂でほとんど意味をなしていないこと、登場人物たちが主人公のカンフーくんをペット扱いしていることなどを問題点として挙げる。普通であればありえない、おかしな展開にも関わらず、カンフーくんが「キャ~ワウィィ~!(可愛い!)」とペット扱いされることでうやむやにされ物語が進行すると指摘する。また、カンフー映画の古典『少林寺三十六房』に由来する「三十六房」の設定についても基本的なところで間違っており[注釈 2]、「カンフー映画にもキッズムービーにも理解もなければ愛情もない」「こんな脚本を書いた人は国家の体制によっては銃殺ですよ」と評した。本作の批評は「ザ・シネマハスラー」の第1回目であったが、コーナーが人気を博して後に書籍化された際の振り返りにおいても、「今もって『カンフーくん』は、シネマハスラーにおける「あらゆる意味でダメな作品」の代名詞であり、最低基準であり、ある種の金字塔であり続けているのです」と記している[2]。同コーナーで2008年に評論した全映画の順位付けにおいては、38作品中37位だった(最下位は『少林少女』)。

前田有一は自身のサイト「超映画批評」にて100点満点中20点としている。泉ピン子や矢口真里といった特徴的なキャストを使ったり、予算規模に比して面白くなる要素が奇跡的といえるほど多数集まっていると評しつつ、実際にそれらが活かされることないユーモアのセンスがない作品だと指摘した。「子供向け健全番組にしようとするあまり、中途半端に優等生的な作風としたのが間違いで、結果的にとてつもない大爆笑を生み出す金の卵を腐らせてしまった」とまとめた[3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 蒲池竜也と誤植。
  2. ^ 本作では少林寺には三十六房の修練があり、カンフーくんは少年の身で第一房から第三十五房まで制覇し、最後の第三十六房の試練として日本にやってくることになる。しかし、「少林寺三十六房」とは、三十五房から第一房(頂房)を目指すものであり、さらに第三十六房目とは『少林寺三十六房』の主人公が最後に初心者向けに開いた房のことである。各房における修行内容の設定についても、本作のそれは杜撰であると宇多丸は苦言を呈している。

出典[編集]

  1. ^ 子供たちの熱い支持を受け、8歳の少年『カンフーくん』が満足度ランキングを制覇! | チケットぴあ[映画 映画その他]
  2. ^ TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」編『ザ・シネマハスラー』白夜書房
  3. ^ 前田有一. “映画批評『カンフーくん』”. 超映画批評. 2020年12月26日閲覧。

外部リンク[編集]