三菱電機ビルテクノサービス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mitsubishi logo.svg三菱電機ビルテクノサービス株式会社
MITSUBISHI ELECTRIC BULIDING TECHNO-SERVICE CO., LTD.
種類 株式会社
略称 MELTEC(メルテック)
Buil Tec(ビルテク)
本社所在地 日本の旗 日本
116-0002
東京都荒川区荒川7-19-1
システムプラザ
本店所在地 100-0006
東京都千代田区有楽町1-7-1
設立 1954年昭和29年)3月
業種 建設業
事業内容 トータルビルシステム事業
昇降機エスカレータ冷凍機空調機器等のメンテナンス、各種ビル設備の監視、制御及びビル管理・システム開発、防犯・防災設備の監視、制御及び管理・システム開発、受電・空調・衛生設備全般にかかわるサービス(設計、工事、保守、改修、診断、トラブル対応、コスト削減、省エネルギー対策)など
代表者 石川 正美(取締役社長
資本金 50億円
売上高 3,014億円(平成24年度)
従業員数 8,465名(2013年4月1日現在)
決算期 3月末日
主要株主 三菱電機 100%
主要子会社 菱サ・ビルウェア
メルテック・ビジネス
関係する人物 野中和夫
外部リンク http://www.meltec.co.jp/
テンプレートを表示

三菱電機ビルテクノサービス株式会社(みつびしでんきビルテクノサービス、MITSUBISHI ELECTRIC BULIDING TECHNO-SERVICE CO., LTD.)は、東京都荒川区荒川に本社を置く[1]三菱電機グループのトータルビルシステム会社

三菱電機グループ内ではMELTEC(メルテック)と呼ばれることが多く、実際インターネットドメイン名も「meltec.co.jp」となっている。

全国のエレベーター総台数の約1/3である23万台を保守・管理しており、業界トップを誇っている。さらにビル用エアコン等冷熱設備において約42万台を管理するまでに至っている。現在、売上高においても業界1位に位置している。

CIは「ビルを、まるごと、心地よくする。」。

沿革[編集]

  • 1954年 - 菱電サービスとして創立。昇降機保守業務を開始。
  • 1956年 - 冷熱機器の修理・部品販売業務を開始。
  • 1983年 - ビル設備の遠隔監視サービス「メルセントリー」販売開始。
  • 1984年 - 昇降機新設販売開始。
  • 1985年 - ビル総合管理事業開始。
  • 1987年 - ビル診断業務開始。
  • 1990年 - 『三菱電機ビルテクノサービス』に社名変更。トータルビルシステム事業開始。
  • 1999年 - ISO14001を全国278事業所で取得。
  • 2002年 - 体験型ショールーム「M's Station」開設

エレベーター[編集]

到着アナウンスは、久川綾三石琴乃が担当している。この三菱製のエレベーターは、他社のエレベーターとは違い、1階または地下フロアに停止するかつ、地下フロアで呼びボタンが押されていない限り、自動的に「下から上に参ります」との特徴がある(グランディ・アクセルシリーズ・エレパック以降の機種で採用されているが、一部のエレペットアドバンス機種も含まれる)。

事業所[編集]

在籍していた有名人[編集]

スポンサー活動[編集]

社会貢献[編集]

関連企業[編集]

ほか

主要取引先[編集]

CM[編集]

ラジオでは現社名となった頃から一貫して伊武雅刀森本レオによるドラマ仕立てのCMをTBSラジオの『日本全国8時です』にて放送している。

このラジオCMとテレビCM(テレビ朝日の『ビートたけしのTVタックル』にて放送)は公式ウェブサイトの「広告紹介」ページにてWindows Media形式(テレビCM:Windows Media Video、ラジオCM:Windows Media Audio)で公開されている[2]

関連項目[編集]

建物
日立製作所関係

脚注[編集]

外部リンク[編集]