心室細動 (小説)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
心室細動
著者 結城五郎
発行日 1998年4月30日(単行本)
2001年6月10日(文庫本)
発行元 文藝春秋
ジャンル 医療ミステリ
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判上製本
文庫本
ページ数 280(単行本)
352(文庫本)
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

心室細動』(しんしつさいどう)は、結城五郎による日本小説。第15回サントリーミステリー大賞受賞作。単行本は1998年文藝春秋から刊行され、2001年には文春文庫より文庫化された。

概要[編集]

20年前に医療過誤事件を引き起こした大学助教授が過去の罪に怯え、破滅へ向かっていく姿を描いた医療ミステリー作品。現役の開業医でもある著者が、構想から完成まで3年がかりで初めて長編小説およびミステリー作品に挑戦し、医療にまつわる社会問題と、そこに従事する人間の心の闇の世界に焦点をあてて書き上げた[1]

あらすじ[編集]

半年後に教授戦を控えた国立A大学医学部助教授・上原健治は抗アレルギ剤の開発にも成功し、世界的に有名な存在となっていた。スキャンダルさえ無ければ教授就任は確実であったが、実は彼は20年前、出張勤務をしていた病院で医療過誤事件を引き起こしていたのだ。この事件に関与していたのは院長、婦長、看護婦、そして上原の4人だけだった。過去の事件を暴く脅迫状を受け取った院長はその1ヶ月後心室細動を起こし急死、その4週間後同様に婦長も死亡した。そして、上原にも脅迫状が届く。

テレビドラマ[編集]

テレビ朝日系で朝日放送制作として1998年11月14日サントリーミステリー大賞スペシャルにて放送したサスペンスドラマ

出演者[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]