砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード
The Ballad of Cable Hogue
監督 サム・ペキンパー
脚本 ジョン・クロフォード
エドマンド・ペニー
製作 サム・ペキンパー
ウィリアム・ファラーラ
製作総指揮 フィル・フェルドマン
出演者 ジェイソン・ロバーズ
ステラ・スティーヴンス
デビッド・ワーナー
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
主題歌 リチャード・ギリス
撮影 ルシアン・バラード
編集 ルイス・ロンバルト
フランク・サンティッロ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1970年5月13日
日本の旗 1970年10月24日
上映時間 121分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $3,716,900
テンプレートを表示

砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード』(The Ballad of Cable Hogue)は、1970年公開のアメリカ合衆国の映画。一般に暴力の巨匠として知られるサム・ペキンパーが、ハート・ウォーミングなタッチで描いた異色西部劇である。また、この作品は“自分のベスト・フィルム”だと語っている。

あらすじ[編集]

西部開拓時代の末期。砂金掘りのケーブル・ホーグは、仲間のボウエンとタガートに騙されて砂漠のど真ん中に取り残される。復讐を誓いながら砂漠を彷徨うホーグは、砂嵐の中で奇跡的に水源を発見し、そこに駅馬車の中継駅を作って定住する。心優しい娼婦のヒルディに恋し、インチキ牧師のジョシュアとは意気投合して、ホーグは砂漠の中で静かな生活の時を刻んでいくが、彼は決して復讐を諦めたわけではなかった。やがて、彼の前に、駅馬車に乗ったボウエンとタガートが現われる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

タイトル[編集]

日本公開タイトルは以下の3種類がある。

  • 砂漠の流れ者(1970年初公開タイトル)
  • ケーブル・ホーグのバラード〜砂漠の流れ者〜(1991年リバイバル公開タイトル。「砂漠の流れ者」はサブタイトル扱い)
  • 砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード(2006年DVDタイトル。原題と邦題を併記)

参考文献[編集]

  • マックス・エヴァンス著、原田眞人訳『ケーブル・ホーグの男たち 遥かなるサム・ペキンパー』めるくまーる ISBN 4839700621

外部リンク[編集]