ルシアン・バラード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ルシアン・バラード
Lucien Ballard
生年月日 (1908-05-06) 1908年5月6日
没年月日 (1988-10-01) 1988年10月1日(80歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 オクラホマ州オタワ郡マイアミ
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 カリフォルニア州リバーサイド郡ランチョ・ミラージュ
職業 撮影監督
ジャンル 映画テレビドラマ
配偶者 マール・オベロン(1945年 - 1949年)

ルシアン・バラード(Lucien Ballard、1908年5月6日 - 1988年10月1日)は、アメリカ合衆国撮影監督である。『罪と罰』『南部の反逆者』『ワイルドバンチ』『勇気ある追跡』などの作品を手がけた[1]。日本語では「ルシエン・バラード」と表記されることもある[2]

経歴[編集]

1908年5月6日[3][注 1]オクラホマ州オタワ郡マイアミに生まれる[3]オクラホマ大学ペンシルベニア大学で学んだ[3]中華人民共和国への旅行を経て、材木業に従事する[3]

パラマウント映画のスクリプターによってクララ・ボウ主催のパーティーへ連れて行かれたことをきっかけに、映画業界へ進出[1]ジョセフ・フォン・スタンバーグヘンリー・ハサウェイラオール・ウォルシュサム・ペキンパースタンリー・キューブリックなどの監督たちと組んで、生涯に100本以上の映画で撮影を手がけた[1]。1945年にマール・オベロンと結婚し[5]、1949年に離婚した[5]

1988年10月1日[3]、交通事故によりカリフォルニア州リバーサイド郡ランチョ・ミラージュにて死去[3]

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

  • 罪と罰 Crime and Punishment (1935年)
  • クレイグの妻 Craig's Wife (1936年)
  • 陽気な姫君 The King Steps Out (1936年)
  • 闇夜の台風 I Promise to Pay (1937年)
  • 麗人野球団 Girls Can Play (1937年)
  • 潜水艦SOS Devil's Playground (1937年)
  • 世紀の逃亡者 Racketeers in Exile (1937年)
  • 魔空電波 Flight to Fame (1938年)
  • 誰が犯人だ? Penitentiary (1938年)
  • 街道巡羅隊 Highway Patrol (1938年)
  • 男対男 Coast Guard (1939年)
  • 不死の怪物 The Undying Monster (1942年)
  • オーケストラの妻たち Orchestra Wives (1942年)
  • 浮世はなれて Holy Matrimony (1943年)
  • カレー大空襲 Tonight We Raid Calais (1943年)
  • 謎の下宿人 The Lodger (1944年)
  • 誤解 This Love of Ours (1945年)
  • 愛の交響楽 Night Song (1947年)
  • ベルリン特急 Berlin Express (1948年)
  • 折れた銃剣 Fixed Bayonets! (1951年)
  • テレグラフ・ヒルの家 The House on Telegraph Hill (1951年)
  • 結婚しましょう Let's Make It Legal (1951年)
  • ノックは無用 Don't Bother to Knock (1952年)
  • 国務省の密使 Diplomatic Courier (1952年)
  • 栄光の鬼部隊 The Glory Brigade (1953年)
  • 地獄の対決 Inferno (1953年)
  • 砂漠の鼠 The Desert Rats (1953年)
  • 七人の脱走兵 The Raid (1954年)
  • 炎と剣 Prince Valiant (1954年)
  • 灼熱の勇者 The Magnificent Matador (1955年)
  • 白い羽根 White Feather (1955年)
  • 黄金の都 Seven Cities of Gold (1955年)
  • ながれ者 The King and Four Queens (1956年)
  • 赤い崖 A Kiss Before Dying (1956年)
  • 殺し屋は放たれた The Killer Is Loose (1956年)
  • 誇り高き男 The Proud Ones (1956年)
  • 現金に体を張れ The Killing (1956年)
  • 南部の反逆者 Band of Angels (1957年)
  • 金髪の悪魔 The Unholy Wife (1957年)
  • 契約殺人 Murder by Contract (1958年)
  • 暗黒の大統領カポネ Al Capone (1959年)
  • 警部物語 Pay or Die (1960年)
  • 暗黒街の帝王 レッグス・ダイヤモンド The Rise and Fall of Legs Diamond (1960年)
  • 許されざる愛情 The Bramble Bush (1960年)
  • 罠にかかったパパとママ The Parent Trap (1961年)
  • スーザンの恋 Susan Slade (1961年)
  • 昼下りの決斗 Ride the High Country (1962年)
  • 恋愛留学生 Take Her, She's Mine (1963年)
  • 青春カーニバル Roustabout (1964年)
  • エルダー兄弟 The Sons of Katie Elder (1965年)
  • ボーイング・ボーイング Boeing, Boeing (1965年)
  • ボクいかれたヨ! Dear Brigitte (1965年)
  • ネバダ・スミス Nevada Smith (1966年)
  • 墓石と決闘 Hour of the Gun (1967年)
  • ウィル・ペニー Will Penny (1967年)
  • 水色のビキニのマドモアゼル How Sweet It Is! (1968年)
  • パーティ The Party (1968年)
  • ワイルドバンチ The Wild Bunch (1969年)
  • 勇気ある追跡 True Grit (1969年)
  • 大洋のかなたに The Hawaiians (1970年)
  • エルビス オン ステージ Elvis: That's the Way It Is (1970年)
  • 砂漠の流れ者/ケーブル・ホーグのバラード The Ballad of Cable Hogue (1970年)
  • ヘレンに何が起こったのか? What's the Matter with Helen? (1971年)
  • ゲッタウェイ The Getaway (1972年)
  • ジュニア・ボナー/華麗なる挑戦 Junior Bonner (1972年)
  • ダイヤモンド・コネクション Lady Ice (1973年)
  • ハードウェイ Three the Hard Way (1974年)
  • 軍用列車 Breakheart Pass (1975年)
  • ブレイクアウト Breakout (1975年)
  • セント・アイブス St. Ives (1976年)
  • ドラム Drum (1976年)
  • マイキー&ニッキー/裏切りのメロディ Mikey and Nicky (1976年)
  • 正午から3時まで From Noon till Three (1976年)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1904年5月6日生まれという説もある[4]

出典[編集]

  1. ^ a b c Lucien Ballard, Cinematographer”. The New York Times (1988年10月6日). 2016年1月7日閲覧。
  2. ^ ワイルド・バンチ/ディレクターズ・カット”. アテネ・フランセ文化センター. 2016年1月7日閲覧。
  3. ^ a b c d e f Lucien Ballard - Overview”. AllMovie. 2016年1月7日閲覧。
  4. ^ Lucien Ballard”. British Film Institute. 2016年1月7日閲覧。
  5. ^ a b Lucien Ballard; Leading Hollywood Cameraman”. Los Angeles Times (1988年10月5日). 2016年1月7日閲覧。

外部リンク[編集]