ノックは無用 (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ノックは無用
Don't Bother to Knock
Monroe and Widmark in Don't Bother to Knock.jpg
監督 ロイ・ウォード・ベイカー
脚本 ダニエル・タラダッシュ英語版
原作 シャーロット・アームストロング英語版
製作 ジュリアン・ブロースタイン英語版
出演者 リチャード・ウィドマーク
マリリン・モンロー
音楽 ライオネル・ニューマン
撮影 ルシアン・バラード
編集 ジョージ・A・ギッテンス
製作会社 20世紀フォックス
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1952年7月18日
日本の旗 1954年4月28日
上映時間 76分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $1,500,000[1]
テンプレートを表示

ノックは無用』(ノックはむよう、Don't Bother to Knock)は、1952年アメリカ合衆国サスペンス映画。監督はロイ・ウォード・ベイカー、出演はリチャード・ウィドマークマリリン・モンローなど。原作は米国ミステリー作家シャーロット・アームストロング英語版の小説『ノックは無用(原題:Mischief)』。

ストーリー[編集]

ホテルのエレベーターボーイとして働いているエディのもとに、姪のネルがやってくる。 ネルはエディの紹介でホテルに宿泊しているジョーンズ夫妻の幼い娘のベビーシッターをすることになった。

パイロットのジェドは歌手である恋人のリンに一方的に別れ話をされ、イライラしていた。 ホテルの部屋に戻ると、向いの部屋にいるネルの姿に興味を惹かれたジェドはネルのいる部屋に電話をかける。 するとネルもその気になり、ジェドを部屋に招き入れる。 たわいない会話の中でジェドがパイロットであると知ったネルは様子が変わる。 ネルはパイロットだった恋人を亡くして以来、精神に異常を来していたのだ。

ジェドを死んだ恋人と思い込んだネルは常軌を逸した行動をとり始める。

キャスト[編集]

括弧内は日本語吹き替え。

  • 初回放送 - 1964年4月8日 日本テレビ『日曜ロードショー』(20:00-21:25)

作品の評価[編集]

Rotten Tomatoesによれば、11件の評論の全てが高評価で、平均点は10点満点中6.8点となっている[2]

出典[編集]

  1. ^ "Top Grossers of 1952". Variety (英語). Vol. 189. 7 January 1953. p. 61. 2021年2月15日閲覧
  2. ^ Don't Bother to Knock (1952)” (英語). Rotten Tomatoes. 2021年2月15日閲覧。

外部リンク[編集]