バイオレント・サタデー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バイオレント・サタデー
The Osterman Weekend
監督 サム・ペキンパー
脚本 アラン・シャープ
原作 ロバート・ラドラム
製作 ピーター・S・デイヴィス
ウィリアム・N・パンザー
製作総指揮 ガイ・コリンズ
ラリー・ジョーンズ
マイケル・ティモシー・マーフィー
マーク・W・ザワト
出演者 ルトガー・ハウアー
ジョン・ハート
デニス・ホッパー
バート・ランカスター
音楽 ラロ・シフリン
撮影 ジョン・コキロン
編集 エドワード・アブロムズ
デヴィッド・ローリンズ
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1983年10月14日
日本の旗 1984年6月9日
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $6,486,797[1]
テンプレートを表示

バイオレント・サタデー』(原題:The Osterman Weekend)は、1983年制作のアメリカ合衆国スパイサスペンス映画

サム・ペキンパー監督の遺作。原作はロバート・ラドラムの『オスターマンの週末』(1972年)[2]

あらすじ[編集]

テレビキャスターのジョン・タナーは、CIAからスパイ容疑がかけられている彼の友人の放送作家オスターマン、医師のリチャード、証券マンのジョセフの3人のうち1人を転向させる計画への協力を持ちかけられ、長官ダンフォースの独占インタビューを条件にこれを承諾する。

週末、オスターマンと各々の妻を同伴したリチャード、ジョセフは、CIAが隠しカメラやマイクを忍ばせたジョンの家を訪れた。

そしていよいよ計画が実行されるが、実はそれは、妻を殺害されたCIA局員ファセットによって、妻の仇打ちのために仕組まれたものであった。計画が進行していくうちに、事件の意外な黒幕も判明する。

キャスト[編集]

※()は日本語吹き替え(初回放送:1989年5月30日『日本テレビ』「特選シネマ」(深夜枠))

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ The Osterman Weekend”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2013年6月2日閲覧。
  2. ^ 角川文庫から出版された日本版は再刊の際に日本での公開タイトルと同じ題に改題された。

外部リンク[編集]