Live at The Gaslight 1962

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Live at The Gaslight 1962
ボブ・ディランライブ・アルバム
リリース
録音 1962年10月
米国ニューヨーク
ガスライト
ジャンル フォーク
時間
レーベル コロムビア
プロデュース Jeff Rosen
Steve Berkowitz
専門評論家によるレビュー
ボブ・ディラン アルバム 年表
ノー・ディレクション・ホーム:ザ・サウンドトラック
(2005年)
Live at The Gaslight 1962
(2005年)
モダン・タイムズ
2006年
テンプレートを表示

Live at The Gaslight 1962』は、ニューヨークグリニッジ・ヴィレッジにあったカフェ「ガスライト」での、ボブ・ディラン1962年10月の演奏を記録したライブ・アルバム

2005年にリリースされた当初は、北米スターバックスのみで限定販売だったが、18ヶ月後には他でも販売されるようになった。日本盤未発売。

楽曲[編集]

このライブ・アルバムでは、当時のディランが歌っていたトラディショナルなフォーク・ソングブルースと、自作を始めた頃の初期の作品を聴くことができる。

1962年10月は、セカンド・アルバム『フリーホイーリン・ボブ・ディラン』(1963年)の制作中の時期であり、「はげしい雨が降る」と「くよくよするなよ」はアルバムにも収録。

"Rocks and Gravel" は、ブラウニー・マギー(Brownie McGhee)やリロイ・カー(Leroy Carr)の歌を集めて一曲にしたブルースで[1]、『フリーホイーリン』のセッションで録音されテスト用プロモーション盤には収録されていたが最終的に外された曲。

「ジョン・ブラウン」は、後にトピカル・ソングの雑誌『ブロードサイド』誌1963年3月第22号に掲載され[2]オムニバス・アルバム Broadside Ballads, Vol. 1(1963年)に変名ブラインド・ボーイ・グラントとして収録された曲[3]

収録曲[編集]

  1. はげしい雨が降る - A Hard Rain's a-Gonna Fall – 6:40
    • 作詞・作曲: ディラン
  2. Rocks and Gravel – 4:58
    • 作詞・作曲: ディラン
  3. くよくよするなよ - Don't Think Twice, It's All Right – 3:09
    • 作詞・作曲: ディラン
  4. The Cuckoo (Is a Pretty Bird) – 2:18
  5. ムーンシャイナー - Moonshiner – 4:05
    • トラディショナル、編曲: ディラン
  6. ハンサム・モーリー - Handsome Molly – 2:44
    • トラディショナル、編曲: ディラン
  7. コカイン - Cocaine – 2:56
  8. ジョン・ブラウン - John Brown – 5:53
    • 作詞・作曲: ディラン
  9. Barbara Allen – 7:49
    • トラディショナル、編曲: ディラン
  10. West Texas – 5:37
    • トラディショナル、編曲: ディラン

アウトテイク[編集]

同ライブの「ノー・モア・オークション・ブロック」が『ブートレッグ・シリーズ第1~3集』(1991年)に収録されている。「ハンサム・モーリー」は、『ボブ・ディラン・ライヴ!1961-2000〜39イヤーズ・オブ・グレート・コンサート・パフォーマンス』(2001年)にも収録されている。

脚注[編集]

  1. ^ ポール・ウィリアムズ『ボブ・ディラン~瞬間の轍 1 1960-1973』菅野ヘッケル監修、菅野彰子訳、音楽之友社、1992年、p. 89。ISBN 4-276-23431-X
  2. ^ Broadside #22 March 1963 (PDF)” (英語). Broadside Magazine. 2009年12月12日閲覧。
  3. ^ Broadside Ballads, Vol. 1” (英語). Smithsonian Folkways. 2009年12月12日閲覧。