くよくよするなよ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
くよくよするなよ
ボブ・ディランシングル
初出アルバム『フリーホイーリン・ボブ・ディラン
A面 風に吹かれて
B面 くよくよするなよ
リリース
規格 7インチ・シングル
録音 ニューヨーク、コロムビア・レコーディング・スタジオ(1962年11月14日)
ジャンル フォーク
時間
レーベル コロムビア・レコード
作詞・作曲 ボブ・ディラン
プロデュース ジョン・ハモンド
ボブ・ディラン シングル 年表
ゴチャマゼの混乱
b/w
コリーナ、コリーナ
(1962年12月)
風に吹かれて
b/w
くよくよするなよ
(1963年8月)
サブタレニアン・ホームシック・ブルース
b/w
シー・ビロングズ・トゥ・ミー
(1965年3月)
テンプレートを表示
くよくよするなよ
ピーター・ポール&マリーシングル
初出アルバム『In the Wind
B面 オータム・トゥ・メイ
リリース
規格 7インチ・シングル
ジャンル フォーク
時間
レーベル ワーナー・ブラザース・レコード
作詞・作曲 ボブ・ディラン
プロデュース アルバート・グロスマン
チャート最高順位
ピーター・ポール&マリー シングル 年表
風に吹かれて
(1963年)
くよくよするなよ
(1963年)
スチューボール
(1963年)
テンプレートを表示

くよくよするなよ」(原題: Don't Think Twice, It's All Right)は、ボブ・ディラン1963年に発表した楽曲。ピーター・ポール&マリーが同年にヒットさせて以降、現在に至るまで非常に多くのアーティストにカバーされている。ディランの代表作の一つ。

ボブ・ディランのバージョン[編集]

1962年6月、当時の恋人だったスーズ・ロトロはディランを置いてイタリアペルージャに半年ほど留学[3]。本作品はロトロの不在中に書かれた。メロディはトラディショナル・ソングの「Who's Gonna Buy Your Chickens When I'm Gone」に基づいている[4][5]

同年11月14日ニューヨークのコロムビア・レコーディング・スタジオで録音された[6]1963年5月27日発売のセカンド・アルバム『フリーホイーリン・ボブ・ディラン』に収録された。同年8月13日、アルバムからシングルカットされた「風に吹かれて」のB面に収録された[1]。なお『フリーホイーリン・ボブ・ディラン』はビルボード・トップ LP's チャートで22位、全英アルバム・チャートで1位を記録している。

別バージョンは以下のとおり。

ピーター・ポール&マリーのバージョン[編集]

1963年8月28日ピーター・ポール&マリーは「風に吹かれて」に続く7枚目のシングルとして本作品を発表した[2]。B面は「オータム・トゥ・メイ(Autumn to May)」。同年10月26日付のビルボード・Hot 100で9位を記録した[7]。ビルボードのミドル・ロード・シングルズ・チャート(のちのイージーリスニング・チャート)においては2位を記録した。スタジオ・バージョンは全米アルバム・チャート1位を記録した3枚目のアルバム『In the Wind』に収録された[8]

ライブ・バージョンは日本で独自に発売された『イン・ジャパン』(1967年の公演)で聴くことができる。

その他主なカバー・バージョン[編集]

1960年代

ボビー・ダーリンザ・シーカーズ、ジャッキー・デシャノン、ジョーン・バエズブライアン・ハイランド、トリニ・ロペス、ジョニー・キャッシュシェールウェイロン・ジェニングスオデッタフォー・シーズンズホセ・フェリシアーノ、チャド&ジェレミー、ボビー・ゴールズボロランブリン・ジャック・エリオットビリー・ポールなど。

1970年代

ブルック・ベントン、ヒューゴ・モンテネグロ、ジェリー・リード、エルヴィス・プレスリーピート・シーガー、アーロ・ガスリー、メラニーニック・ドレイクなど。

1980年代

エリック・クラプトン、スーザン・テデスキ、ブライアン・フェリードリー・パートンロリー・ギャラガー、マール・ハガード&ウィリー・ネルソンランディ・トラヴィス高橋幸宏、など。

1990年代以降

キム・グァンソク(1995年)

脚注[編集]