血のバレンタイン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
血のバレンタイン
My Bloody Valentine
監督 ジョージ・ミハルカ
脚本 ジョン・ビアード
原案 スティーヴン・ミラー
製作 ジョン・ダニング
アンドレ・リンク
スティーヴン・ミラー
出演者 後述
音楽 ポール・ザザ
撮影 ロドニー・ギボンズ
配給 パラマウント映画
公開 カナダの旗 1981年2月13日
アメリカ合衆国の旗 1981年2月11日
日本の旗 1981年9月12日
上映時間 90分
製作国 カナダの旗 カナダ
言語 英語
製作費 $CAD2,300,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $5,672,031[1]
テンプレートを表示

血のバレンタイン』(ちのバレンタイン、原題:My Bloody Valentine)は、1981年制作のカナダホラー映画

あらすじ[編集]

アメリカ東部の小さな炭鉱町・ハニガー。この町で20年前の2月14日バレンタインデーの夜に世にも恐ろしい事件が起きた。

町の人々がバレンタイン・パーティーを祝っている頃、2人の鉱夫が作業を切り上げてパーティーに向かったが、その際、鉱内のメタンガスの量を調査し忘れたため、鉱内で爆発事故が起き、数人の鉱夫が生き埋めになってしまった。

6週間にわたる救出作業の結果、ハリー・ウォーデンという鉱夫1人だけが救出されたが、彼は生き延びるために同僚の肉を食べており、完全に気が狂っていた。1年後、ハリーは精神病院から脱走し、バレンタインデーの夜、鉱山服に身を包み、爆発事故の原因を作った2人の鉱夫をつるはしで殺害、彼らの心臓をハート型のキャンデー箱に入れて、“二度とバレンタインデーを祝うな”という警告を残して姿を消した。この事件によって、ハニガーの町ではバレンタインデーを祝うことをやめてしまった。

それから20年の月日が流れ、事件を知らない若者たちの手でバレンタイン・パーティーが復活したが、それと同時に鉱山服に身を包んだ謎の人物が現れ、殺戮を開始する。果たして、それは戻ってきたハリー・ウォーデンなのであろうか…。

一方、バレンタイン・パーティーを楽しんでいたT.J.やサラなどの若者達は、成り行きから爆発事故が起きた炭鉱に肝試しに行く事になるが、そこに鉱山服に身を包んだ謎の人物が現れ、彼らを次々と血祭りに上げていく。

キャスト[編集]

吹替その他、谷口節大塚芳忠上山則子佐々木優子

リメイク[編集]

2009年に『ブラッディ・バレンタイン3D』としてリメイクされた。主人公T.J.が鉱内での爆発事故が起きるきっかけを作った、サラとアクセルが結婚しているなどの点がオリジナルと異なる。

トリビア[編集]

  • 劇場公開当時、本国カナダとアメリカでは残酷シーンをカットして公開、日本版だけ残酷シーンをカットせず、完全版で公開した。

脚注[編集]

  1. ^ a b My Bloody Valentine/Business”. imdb.com. 2011年9月26日閲覧。
  2. ^ Neil Affleck imdb.com

外部リンク[編集]