探偵物語 (1951年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
探偵物語
Detective Story
監督 ウィリアム・ワイラー
脚本 フィリップ・ヨーダン
ロバート・ワイラー
原作 シドニー・キングスレー
製作 ウィリアム・ワイラー
音楽 ヴィクター・ヤング
撮影 リー・ガームス
編集 ロバート・スウィンク
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1951年11月6日
日本の旗 1953年2月4日[1]
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

探偵物語』(原題: Detective Story)は、ウィリアム・ワイラー監督、製作による1951年アメリカ映画である。シドニー・キングスレー同名の舞台を原作としている。

日本での邦題は「detective」を「探偵」と直訳したことによるものであるが、作品の内容を踏まえれば「刑事物語」と訳す方が適切であり、誤訳の一種と言える。

ストーリー[編集]

ニューヨーク21分署の刑事部屋を舞台に、様々な人間模様を描く。

ジム・マクラウド刑事(カーク・ダグラス)は犯罪を一切許さない非情な男である。担当する事件の捜査の過程で、彼は自分の新婚の妻メアリー(エリノア・パーカー)が、彼が憎んでいる容疑者、シュナイダー医師によって堕胎の手術を受けていた事実を知ることとなる。

心優しく、美しい妻を許したいと思いつつも、生来の厳格な性格から、心から許すことができないマクラウドは苦悩する。そのことを悟った妻は身を引くように、彼のもとを去ってゆく。

ブロディ刑事は会社の金を使い込んだ青年アーサーと話をし、海軍の事故で亡くなった自分の息子に似ている彼を、なんとか立ち直らせたいとの想いを抱く。その想いは面会に刑事部屋に来ていたアーサーの幼なじみのスーザンも同じだった。ブロディはアーサーを担当しているマクラウドに「公判請求を取り下げてもらえないか」と頼むが、厳格なマクラウドは受け入れない。

取調べが済み、拘留待ちの強盗犯チャーリーとルイスの二人組みは手錠をされて、椅子に座っていた。自暴自棄になったチャーリーは目の前を通った刑事の腰から拳銃を奪い、周囲の警官を下がらせ立てこもろうとする。しかし、その場にいたマクラウドはチャーリーの警告を無視し、彼に近づき腹に三発の銃弾を受ける。同時にチャーリーはその場で取り押さえられる。

救急車を呼ぼうとするが、マクラウドは死を覚悟し牧師を呼べと言う。死を目前にしてマクラウドはブロディにアーサーの調書を持ってくるように言う。マクラウドは目の前でそれを破らせる。そして、分署長に告訴は取り下げだと告げ、メアリーの名を呼び、神に救いを祈りながら息を引き取る。

ブロディ刑事はアーサーに二度と馬鹿なことをするな、と厳しく言い聞かせて彼を釈放する。アーサーとスーザンは手をとりあって21分署を去ってゆく。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

日本語吹替 - 初回放送1973年3月23日フジテレビゴールデン洋画劇場

映画賞受賞・ノミネート[編集]

賞・映画祭 部門 候補 結果
アカデミー賞][2] 主演女優賞 エリノア・パーカー ノミネート
助演女優賞 リー・グラント
監督賞 ウィリアム・ワイラー
脚色賞 フィリップ・ヨーダン、ロバート・ワイラー
ゴールデングローブ賞[3] 作品賞(ドラマ部門) ノミネート
主演男優賞(ドラマ部門) カーク・ダグラス
助演女優賞 リー・グラント
英国アカデミー賞[4] 総合作品賞 ノミネート
カンヌ国際映画祭[5] グランプリ ウィリアム・ワイラー ノミネート
女優賞[6] リー・グラント 受賞

出典[編集]

  1. ^ Detective Story (1951) - Release dates”. IMDb. 2011年4月23日閲覧。
  2. ^ 『アカデミー賞のすべて』 共同通信社、2007年4月9日発行。
  3. ^ The 9th Annual Golden Globe Awards (1951)”. HFPA. 2010年11月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年4月23日閲覧。
  4. ^ Film Nominations 1951”. bafta.org. 2011年4月24日閲覧。
  5. ^ Cannes Film Festival Awards for 1952 IMDb 2017年9月16日閲覧。
  6. ^ 『映画検定 公式テキストブック』 212頁、キネマ旬報映画総合研究所 編、2009年3月30日 改訂版。

外部リンク[編集]