レマゲン鉄橋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レマゲン鉄橋
The Bridge at Remagen
監督 ジョン・ギラーミン
脚本 ウィリアム・ロバーツ
リチャード・イエーツ
ロジャー・ハーソン
製作 デヴィッド・L・ウォルパー
出演者 ジョージ・シーガル
ロバート・ヴォーン
ベン・ギャザラ
ブラッドフォード・ディルマン
音楽 エルマー・バーンスタイン
撮影 スタンリー・コルテス
編集 ウィリアム・カートライト
配給 ユナイト
公開 アメリカ合衆国の旗 1969年8月13日
日本の旗 1970年3月21日
上映時間 117分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

レマゲン鉄橋』(レマゲンてっきょう、原題:The Bridge at Remagen)は、1969年アメリカ合衆国で公開された戦争映画

概要[編集]

第二次世界大戦末期の1945年3月に行われた、ライン川に残されたほぼ唯一の橋であるレマゲン鉄橋(ルーデンドルフ橋)をめぐる連合軍とドイツ軍の攻防戦を描いている。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
TBS版 テレビ東京 新テレビ東京版
ドイツ軍
フォン・ブロック上級大将 ペーター・ファン・アイク 藤岡重慶 池田勝 水内清光
クリューガー少佐 ロバート・ヴォーン 西沢利明 川津祐介 内田直哉
シュミット大尉 ハンス・クリスチャン・ブレヒ  ?  ?  ?
アメリカ軍
バーンズ少佐 ブラッドフォード・ディルマン 堀勝之祐 堀川仁
ハートマン中尉 ジョージ・シーガル 和崎俊哉 中田浩二 相沢正輝
アンジェロ軍曹 ベン・ギャザラ 内田良平  ? 中博史
シンナー准将 E・G・マーシャル 大木民夫
  • TBS版初回放送日:1974年10月7日 TBS 『月曜ロードショー
  • 旧テレビ東京版初回放送日:1981年12月1日 テレビ東京 『火曜特別ロードショー』
  • 新テレビ東京版初回放送日:2006年8月9日 テレビ東京 『午後のロードショー

スタッフ[編集]

ストーリー[編集]

第2次世界大戦末期の1945年2月、連合軍は敗走するドイツ軍を追ってライン川に迫った。ドイツ軍は、天然の要害であるライン川を盾にして防御するしかなく、連合軍もライン川を渡河すべく、無傷の橋を目指していた。

ブロック将軍は上司から、担当地区に残る橋を全て爆破するように命じられたが、川の向こうには7万5000人の兵が残されており、この友軍が撤退できるようレマゲン鉄橋をぎりぎりまで残し、連合軍が間近に迫ってから破壊しようとする。将軍は腹心の部下、クリューガー少佐を橋防衛部隊の指揮官に任命し、連合軍が橋の目前まで迫るまで爆破しないように指示する。

クリューガー少佐が橋に赴くと、書類上では1600名の兵員が実際はほとんど居らず、爆破のための爆薬すら無い逼迫した状況であった。少佐は、爆破の準備や橋の防衛陣地の構築とともに増援部隊の派遣を要請するが、いくら要請しても生返事ばかりで一向に援軍が来る気配は無い。そうしている内に、アメリカ軍のバーンズ少佐指揮の機甲歩兵大隊に所属する先遣隊が橋の間近まで迫り、橋をめぐる攻防戦が始まる。

その他[編集]

  • 実際のレマゲン鉄橋は連合軍の制圧後に崩落し現存しないため、橋のロケはチェコスロバキアヴルタヴァ川沿いのダヴレにある、20世紀初頭に建設されたダヴレスキ橋で行われた。
    • この町には戦前はドイツ系住民が多数住み、終戦と共に国外追放されている。撮影当時、町で再開発が行われていたことから、建物等の爆破の許可も容易に下りたという。
    • 映画の撮影がほぼ終了した頃、プラハの春に対するソビエト及びワルシャワ条約機構の軍事介入(チェコ事件)が発生し、スタッフとキャストは急遽タクシーに分乗してチェコスロバキア国外へ脱出した。
  • 一部の撮影はオーストリアでも行われた。映画に登場したM24戦車オーストリア軍の使用していた車輛である。

脚注[編集]

  1. ^ 資料によって差異があったので現在でも検証可能なDVD版の再生時間を採用した。20th CENTURY FOX HOME ENTERTAINMENT(2006),MGBQC-16355

外部リンク[編集]