ビーチレッド戦記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ビーチレッド戦記
Beach Red
監督 コーネル・ワイルド
脚本 クリント・ジョンストン
ドナルド・A・ピータース
ジェファーソン・パスカル[註 1]
原案 ピーター・ボウマン
製作 コーネル・ワイルド
出演者 コーネル・ワイルド
リップ・トーン
音楽 アントニオ・ベナヴェンチュラ
主題歌 ジーン・ウォーレス英語版[註 2]
撮影 セシル・R・クーニイ
編集 フランク・P・ケラー英語版
製作会社 テオドラ・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・アーティスツ
日本の旗 ユナイト映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1967年8月3日
日本の旗 1967年11月18日
上映時間 105分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
日本語
テンプレートを表示

ビーチレッド戦記』(ビーチレッドせんき、原題:Beach Red)は、1967年アメリカ合衆国戦争映画。製作・監督・主演はコーネル・ワイルド、脚本もジェファーソン・パスカル名義で担当している。ピーター・ボウマンの小説『Beach Red』を原作としているが、厳密には原案であり、内容は小説と異なる。

ストーリー[編集]

太平洋戦争を舞台に、日本軍が支配する南太平洋の島に上陸したアメリカ海兵隊と日本軍の激しい戦闘を描くと共に、日米双方の兵士らの心情を描く。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替(テレビ版、初回放送1973年6月16日『土曜映画劇場』)

製作[編集]

出演した羽佐間道夫によると、日本の場面のロケはフィリピンで行われ、さらに「日本はまだ小さなマーケットなんだから気にしなくていい」と日本文化があまり再現されていなかったため、台詞の変更を打診したり、寄山弘がセットの神棚に飾ってある物を手作りで全て作り直すなど、日本の俳優陣で少しでも日本らしさを出そうと努力したという[1]

タイトルバックに使われる絵の何枚かは、コーネルの希望で田中岑が描いている[1]

影響[編集]

町山智浩によると、その残虐描写において『プライベート・ライアン』冒頭に影響を与えた。また敵側も人間的に描くということで、クリント・イーストウッド監督の『硫黄島二部作[註 4]』にも影響を与えた[2]

脚註[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]