キューブ2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キューブ2
Cube 2: Hypercube
監督 アンジェイ・セクラ
脚本 ショーン・フッド
アーニー・バーバラッシュ
ローレン・マクローリン
製作 アーニー・バーバラッシュ
製作総指揮 ピーター・ブロック
マイケル・パセオネック
音楽 ノーマン・オレンスタイン
撮影 アンジェイ・セクラ
編集 マーク・サンダース
配給 アメリカ合衆国の旗 ライオンズゲート
日本の旗 メディア・スーツ/クロックワークス
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年4月15日
日本の旗 2003年4月25日
上映時間 95分
製作国 カナダの旗 カナダ
言語 英語
前作 キューブ
次作 キューブ ゼロ
テンプレートを表示

キューブ2』(: Cube 2: Hypercube)は、2002年カナダ映画

1997年の映画キューブ』の続編である。前作の監督のヴィンチェンゾ・ナタリは降板し、撮影監督として有名なアンジェイ・セクラが監督した。

ストーリー[編集]

心理療法医のケイトを含む8人の男女が、キューブからの脱出を試みる。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 テレビ東京
サイモン ジェラント・ウィン・デイヴィス 大塚芳忠
ケイト カリ・マチェット 田中敦子 日野由利加
ジェリー ニール・クローン 仲野裕 野島昭生
マックス マシュー・ファーガソン 花輪英司 浪川大輔
ペイリー夫人 バーバラ・ゴードン 鳳芳野 望木祐子
ジュリア リンゼイ・コネル 岡本麻弥 佐古真弓
サーシャ グレース・リン・カン 朴璐美 山田里奈
マグワイア大佐 ブルース・グレイ 大木民夫 円谷文彦
将軍 フィリップ・エイキン 伊藤和晃 中江真司

CUBEの内部構造[編集]

当作品内のCUBEは、前作のような薄暗い演出ではなく、蛍光灯のように全面が明るく白い壁となっており、周りの状況を視認しやすい。扉はタッチ式の自動ドアとなっていて、上下に開く(劇中、何度タッチしても開かない扉も確認されている)。最大の特徴といえるのは、時間と空間、そして引力が一定に繋がっておらず、部屋ごとに一種のパラレルワールドとなっていることである。このため、別の部屋に移動する際、死んだはずの同じ人物と何度も出会ったり、自分自身と遭遇するといった現象も起こる(これを利用して食糧を確保する人物も出た)。また、一端扉が閉じると、同じ扉を開いた際、別の部屋に繋がっており、一度扉が閉まることは、別次元に繋がることを意味している。

特記[編集]

  • 前作と違い、キューブに送り込まれた人間は服装がそれぞれ異なる。
  • 前作では根拠のない被害妄想の典型的な一例として挙げられていた「政府・軍部の陰謀」という要素に、今回は正面から大きくスポットを当てている。

外部リンク[編集]