眼下の敵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
眼下の敵
The Enemy Below
監督 ディック・パウエル
脚本 ウェンデル・メイズ
製作総指揮 ディック・パウエル
出演者 ロバート・ミッチャム
クルト・ユルゲンス
音楽 リー・ハーライン
撮影 ハロルド・ロッソン
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1957年12月25日
日本の旗 1958年1月8日
上映時間 98分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
西ドイツの旗 西ドイツ
言語 英語
配給収入 1億1542万円[1] 日本の旗
テンプレートを表示

眼下の敵』(がんかのてき、原題:The Enemy Below)は、1957年制作のアメリカ・西ドイツ映画。

概要[編集]

イギリス海軍中佐D・A・レイナーの実体験を元にした小説・「水面下の敵」を、20世紀フォックスが映画化した作品。対潜戦の心理的駆け引きと1対1の決闘を描き、戦争映画・潜水艦映画の古典的名作として名高い。また、主演のロバート・ミッチャムの代表作の一つである。共演したクルト・ユルゲンスにとっては初のハリウッド映画出演で、戦後ドイツを代表する俳優として知られつつあった彼は本作で知名度をさらに高め、以後、戦争映画でのドイツ軍人を当たり役とするようになった。俳優出身であるディック・パウエルの、映画監督としての代表作でもある。

破壊シーンはミニチュア特撮が使われているが、撮影にはアメリカ海軍が全面協力しており、実際の駆逐艦を用いての砲撃・爆雷投下シーンは大迫力で評判になった。

米独どちらかを一方的に悪役とはせず、両者を公平に描いている。原作では連合国側駆逐艦はイギリス海軍所属「ヘカテ」とされたが、映画化に際してはアメリカ海軍の駆逐艦に差し替えられている。

ドイツ人役も英語であるが、ドイツ語訛りの英語で差別化を図っている。

音響効果を担当したウォルター・ロッシは、1957年度アカデミー賞最優秀特殊効果賞(現アカデミー音響編集賞)を受賞。

あらすじ[編集]

第二次世界大戦中の南大西洋トリニダード・トバゴへ向け航行中のアメリカ海軍バックレイ級護衛駆逐艦「ヘインズ」は、民間出身の新任艦長マレルが指揮していたが、出港以来艦長室から出てこないため乗組員たちは船酔いを疑い、その資質に疑問を抱いていた。ある日の夜、ヘインズは浮上航行中のドイツ海軍UボートIX型を発見する。マレルはUボートを追尾し、Uボートの艦長シュトルベルクは追跡を振り切ろうとする。しかし、Uボートはイギリスの暗号表受け取りのため進路140(360°式で南東)を取らざるを得なかったため、追跡を振り切って逃げ出すことができず、その意図を見抜いたマレルは、早朝に爆雷攻撃を指令する。シュトルベルクも魚雷を発射して反撃するが、ヘインズはマレルの指揮で魚雷を交わし、Uボートは海底に潜航していく。的確な攻撃と回避を果たしたことで、乗組員たちはマレルへの態度を改め、その指揮に敬意を示すようになる。

マレルは近海の友軍に援軍を求めるが、到着まで半日以上かかることが判明し、援軍の到着前にドイツ艦隊に捕捉される可能性があった。これに対し、マレルは波状攻撃を仕掛けてUボートの乗組員を心理的に追い込む作戦を立案し、実行に移す。度重なる爆雷攻撃により、Uボートの乗組員たちは目論み通り心理的に追い詰められ混乱が生じていく。しかし、第一次世界大戦以来のUボート乗りであるシュトルベルクの人望で乗組員たちは正気を取り戻していく。聴音機からその様子を知ったマレルは、敵であるシュトルベルクに敬意を抱くようになり、一方のシュトルベルクも戦いを通じてマレルを好敵手と認識するようになる。

シュトルベルクは再び魚雷攻撃を仕掛け、そのうちの一本がヘインズに命中する。ヘインズは沈没が免れない損傷を受けるが、マレルはそれを利用して艦が戦闘不能な様に偽装しUボートを海上に誘い込む。シュトルベルクはマレルの策に嵌まりUボートを浮上させ、ヘインズに対して「5分後に攻撃を開始する」と警告して退艦を促す。マレルはその時間を利用して艦の航行と砲撃に必要な最低限の人員を残して乗組員達を退艦させた後、稼働可能なエンジンを動かしUボートに砲撃を開始する。シュトルベルクは応戦を命令するが、ヘインズとUボートは衝突し炎上する。シュトルベルクは自爆装置を仕掛けて退艦を命じ、脱出したUボートの乗組員達は先に脱出したヘインズの乗組員達に救助される。シュトルベルクは自身も退艦しようとするが、重傷を負った部下ハイニが艦内に取り残されている事を知り救助に向かう。ヘインズに残っていたウェア副長や他の乗組員達も退艦を始めるが、マレルはUボートに取り残されたシュトルベルクとハイニを発見して救助を試み、それを見たヘインズとUボートの乗組員達も三人を救助するため救命ボートで助けに向かう。乗組員たちが三人を救助して退避した直後、Uボートの自爆装置が作動し両艦は共に爆沈する。

援軍として到着したアメリカ海軍の駆逐艦に乗艦したUボートの乗組員たちは、戦死したハイニのため海軍葬を執り行い、ヘインズの乗組員たちが見届ける中、ハイニの遺体が海に沈められる。葬儀を終えた後、後部甲板でシュトルベルクは「もう何度も死んでいるはずなのにいつも助かる。今回助かったのは君のせいだがね」と言うとマレルは「なら今度は助けないようにしよう」と冗談交じりに言うが、シュトルベルクは「いいや、同じ状況になったらまた助けるだろう」と語り合うのであった。

主要人物[編集]

アメリカ海軍[編集]

マレル艦長
演:ロバート・ミッチャム
バックレイ級護衛駆逐艦「ヘインズ」の艦長、階級は少佐貨物船の三等航海士だったが船をUボートに撃沈され、一緒に乗船していた妻を失い、自らも長期間海を漂流していた。治療を終えた後に海軍に志願するが完全に回復しておらず、比較的負担の少ない海域に回された。当初は部屋で休養していたため乗組員から船酔いする素人と軽んじられていた。しかし実際には卓越した指揮能力と勝負勘の持ち主であり、Uボートの動きを読み切って攻撃を再三かわし、部下の信頼を一挙に得る。
戦争に対しては批判的で、戦争を繰り返す人間に対して「破壊と苦痛に終わりはない。やがてこの戦争は終わるが、次がまた始まるだろう」と諦観している。
軍医
演:ラッセル・コリンズ英語版
町医者から徴用された軍医で階級章は大尉。元々の診療科は小児科。いつもパイプを燻らせ穏やかな物腰ながら、人間性に対しては希望を持っており、マレル艦長とも時に議論を戦わせる。
作中では常に役職(Doctor)で呼ばれており本名は不明。
ウェア副長
演:デイヴィッド・ヘディスン英語版
新進気鋭の若手将校。学生時代はヨットレースの艇長だった。当初はマレルの能力に懐疑的だったが、Uボートとの戦いの中で艦長を尊敬するに至る。

ドイツ海軍[編集]

シュトルベルク艦長
演:クルト・ユルゲンス
ドイツ海軍Uボート艦長。第一次世界大戦からの古参で、叩き上げで艦長になった。卓越した指揮能力と豊富な経験、騎士道精神により部下からの信頼も厚い。作品中に階級に関する言及はないがくたびれた尉官の制帽を着用している。
軍人一家で息子二人は既に戦死したが、軍人の務めと割り切ろうとしている。しかしナチスに批判的であることや、戦争の機械化と大量破壊が進む現状等から「昔の戦争は負けても名誉が残った。しかしこの戦争には名誉などない。勝っても嫌な記憶が残るだけだ」と厭戦気分を募らせている。
ハイニ先任士官
演:セオドア・ビケル
シュトルベルク艦長とは士官候補生時代からの友人。艦長が腹を割って話せる艦内で唯一の人物。
クンツ
演:アラン・ラ・サール
新人の士官。アドルフ・ヒトラーの信奉者で暇があると我が闘争を読み、ナチス式敬礼をするため艦長には呆れられている。

日本語吹替[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
NET版1 フジテレビ テレビ朝日版2
マレル艦長 ロバート・ミッチャム 浦野光 小林清志 浦野光
シュトルベルク艦長 クルト・ユルゲンス 久松保夫 井上孝雄
ウェア副長 デイヴィッド・ヘディスン 細井重之 北原隆 堀勝之祐
ハイニ先任士官 セオドア・ビケル 小林清志 富田耕生 雨森雅司
軍医 ラッセル・コリンズ 高城淳一 杉田俊也 大久保正信
クンツ アラン・ラ・サール 納谷六朗
クレイン中尉 フランク・アルバートソン 緑川稔
翻訳 鈴木導
演出 春日正伸
調整 山田太平
効果 PAG
制作 日米通信社
解説 増田貴光 高島忠夫 淀川長治
初回放送 1973年4月28日
21:00-22:25
土曜映画劇場
1974年6月7日
21:00-22:55
G洋画劇場
1980年9月7日
21:00-22:54
日曜洋画劇場
  • テレビ朝日版2が20世紀フォックスから発売のBDに収録。

脚注[編集]

  1. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン85回全史 1924-2011』(キネマ旬報社、2012年)149頁

関連項目[編集]

外部リンク[編集]