ファンタズム (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ファンタズム
Phantasm
監督 ドン・コスカレリ
脚本 ドン・コスカレリ
製作 ドン・コスカレリ
出演者 後述
音楽 フレッド・マイロー
マルコム・シーグレイヴ
撮影 ドン・コスカレリ
編集 ドン・コスカレリ
配給 東宝東和
公開 アメリカ合衆国の旗 1979年3月28日
日本の旗 1979年11月3日
上映時間 89分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $300,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗$11,988,469[2]
次作 ファンタズム2
テンプレートを表示

ファンタズム』(原題:Phantasm)は、1979年制作のアメリカ合衆国ホラー映画

概要[編集]

ドン・コスカレリ監督の出世作にして代表作。コスカレリは監督以外に製作、脚本、撮影、編集と1人5役をこなしている。シリーズ化されて5作目まで製作され、コスカレリのライフワークとなった。

ナイーブで孤独な少年の感受性が生み出した恐怖幻想を心のプリズムを通して描いて、第7回アヴォリアッツ国際ファンタスティック映画祭審査員特別賞を受賞した[3]

人を襲う空飛ぶ銀色の球体「シルバー・スフィア」はこの映画の代名詞となった。

あらすじ[編集]

繊細で孤独な13歳の少年マイクは、兄ジョディの友人の葬儀で奇妙なものを目撃する。異常に背の高い謎の男トールマンが、棺を車に放り込んでどこかへ去って行ったのだ。

その日から、マイクは悪夢のような出来事に次々と襲われていく。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え(TBS月曜ロードショー1981年10月26日

original motion picture sound track[編集]

import,Limited,Edition レーベル:Mondo[5]

ノベライゼーション[編集]

  • ファンタズム ある日、きみを襲う<異次元>の恐怖(ドン・コスカレリー著 三谷芙沙夫 翻訳 1979年11月1日、二見書房

脚注[編集]

外部リンク[編集]