ジャスティス (2002年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ジャスティス
Hart's War
監督 グレゴリー・ホブリット
脚本 ビリー・レイ
テリー・ジョージ
原作 ジョン・カッツェンバック
Hart's War
製作 デヴィッド・フォスター
グレゴリー・ホブリット
デヴィッド・ラッド
アーノルド・リフキン
製作総指揮 ウォルフガング・グラッテス
出演者 ブルース・ウィリス
コリン・ファレル
音楽 レイチェル・ポートマン
撮影 アラー・キヴィロ
編集 デイヴィッド・ローゼンブルーム
配給 アメリカ合衆国の旗 MGM
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2002年2月15日
日本の旗 2002年9月28日
上映時間 125分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $70,000,000[1]
興行収入 $32,287,044[1]
テンプレートを表示

ジャスティス』(Hart's War)は2002年に制作され、日本2003年に公開されたアメリカ合衆国の映画グレゴリー・ホブリット監督。原作はジョン・カッツェンバックの小説。

ストーリー[編集]

1944年、ベルギー第二次世界大戦中のアルデンヌ

上院議員を父に持つハート中尉は、最前線に出た経験がなく、デスクワークばかりの日々だった。

ある日、上官と共にジープで移動をしていた彼は、アメリカ軍の軍服を着ていた偽装したドイツ軍に捕らえられ、ドイツの捕虜収容所に入れられる。そこで中尉は様々なことを体験し、真の軍人とは何かというこ

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ウィリアム・A・マクナマラ大佐 ブルース・ウィリス 樋浦勉
トーマス・W・ハート中尉 コリン・ファレル 堀内賢雄
リンカーン・A・スコット少尉 テレンス・ハワード 相沢正輝
ヴィック・EWベッドフォード軍曹 コール・ハウザー 楠見尚己
ワーナー・ヴィッサー大佐 マーセル・ユーレス 野島昭生
ピーター・A・ロス大尉 ライナス・ローチ 森田順平
ラマー・T・アーチャー少尉 ビセロス・レオン・シャノン 浪川大輔
J・M・ラング大佐 ジョー・スパーノ 稲葉実
ムース セバスチャン・ティリンガー 草尾毅
R・G・シスク大尉 サム・ジェーガー 佐久田修
ロバート・M・スワン大尉 ロッキー・マーシャル 飛田展男
ルッツ デュガルド・ブルース・ロックハート 小形満
クラリ少佐 リック・ラバネロ 咲野俊介
ハンス・フューセル少佐 デビッド・バラス 中田雅之
W・ロイ・ポッツ マイケル・ウェストン 遠藤純一
カール・S・ウェッブ軍曹 ロリー・コクレーン 伊藤健太郎
デポット サム・ワーシントン 滝知史
ウェスト トニー・デブリン 西前忠久
クローミン スコット・マイケル・キャンベル 木村雅史
クッキー ブラッド・ハント 新垣樽助


参考文献[編集]

  1. ^ a b Hart's War” (英語). Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年3月22日閲覧。

外部リンク[編集]