Dota 2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Dota 2
ジャンル マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ
対応機種 Microsoft Windows
OS X
Linux
開発元 Valve Corporation
発売元 Valve Corporation
プロデューサー Erik Johnson
デザイナー IceFrog
シナリオ マーク・レイドロー
テッド・コスマトカ
Kris Katz
音楽 Jason Hayes
ティム・ラーキン
発売日 [Windows]2013年7月9日
[OS X/Linux]2013年7月18日
対象年齢 設定されていない
エンジン Source 2
テンプレートを表示

Dota 2』(ドータ・ツー)は、Valve Corporationが開発したWindowsMac OSLinuxマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナDefense of the Ancients型)ゲーム。

ルール[編集]

対象年齢について このゲームを無料ダウンロードするsteamの年齢制限が13歳以上であるため同じ年齢制限だと思われる。(詳細は不明)

2つのチーム(Raidiant・Dire)が5対5に分かれて戦うマルチプレイヤーオンラインバトルアリーナである。

どちらかのチームが敵のタワーを破壊しつつ、敵のエンシェント(本陣)を先に破壊した方が勝利となる。

しかし、どちらかのチームのプレイヤーが全員抜けてしまう事もあり、その場合は、戦わずに勝利する。(不戦勝)

ゲームの進行構成(レーンクリープ)[編集]

このゲームには、ヒーロー以外にコンピューターが自動生成して敵の本陣を破壊しようとする、クリープというものがある。

このクリープは初期時は通常クリープだが、どちらかのチームが1つの(遠距離、または近距離)バラックを破壊すると、(それに応じた)スーパークリープというのが生成される。

このバラックがすべて破壊されると、メガクリープというのが生成されるようになる。このメガクリープは、ヒーロと同じような破壊力を持つため、メガクリープが生成されるようになると大体のゲームは終わる。

クリープは敵本陣を攻めるクリープだけではなくレーンとレーンの間にあるジャングルというところにニュートラルアイテムをドロップするクリープがいる。

ちなみにそのクリープがドロップするニュートラルアイテムはバックパックかニュートラルアイテム専用の枠(一つだけ)にしか入れられないがアーマー+や移動速度+など役に立つ効果がついていたりする。

ロシャン(特殊な中立クリープ)[編集]

このゲームには、(中立クリープの中に)ロシャンという巨大な怪物が存在する、このロシャンを倒すと一回死んでもその場で生き返るAegis of immortal(日本語表記ではエージス)が手に入る。

普通、このエージスはロシャンを倒したチームが手に入れられるが、何らかの方法で、倒したチームがとる前に、盗むことも可能である。

このロシャンはversion7.00以前はDireよりに位置していたが、version7.00以後はDire及びRadiantの間にロシャンピットがあり、そこの中に存在する。

このロシャンについては過去に中立クリープを味方にすることができる、「Enchantress」というヒーローが操れるというバグがあったため、一時期は騒ぎになったこともある。(現在はこのバグは存在しない)。

ロシャンは7.31d時点では視覚で確認できるワードユニットを一度の攻撃で破壊できる仕様になっている

DOTAPLUS[編集]

DOTAPLUSは月額¥400程で利用できるサブスクライブサービスである。

主な利点

・週に一回3試合勝利することで貰えるウィークリーリワードが500→1000shardに増量。

・試合後にゴールドなどの入手ソースの割合や敵に与えたダメージを各ダメージスキルソースごとに確認できる。

・クリアすれば大量のshardを獲得できるクエストに挑戦できる。

・勝利予測チャームを使いshardを獲得できる。

・plusストア限定のアイテムを購入できる。

・レリックはshardで購入できマイルストーンをクリアするとヒーローxpが獲得できる。コモンレリックなら1600shardで購入できマイルストーンごとに5ヒーローxpを付与、レアレリックは3200shardで購入できマイルストーンごとに30ヒーローxpを付与するヒーローxpを獲得できる。特定のレリックは購入できずランダムでレリックがあたる。(7.31d以降はDOTAPLUSサブスクライバー以外も使うことができる。)

・DOTAPLUSは通常は、ブロンズティア(1~5ヒーローレベル)までしかレベルアップできないヒーローレベルをシルバーからグランドマスターティア(6~30ヒーローレベル)までの全レベルを開放することができる。

ティア レベル リワード
ブロンズ 1 チャットホイール1、チャットホイール2
ブロンズ 2 1300シャード
ブロンズ 3 1300シャード
ブロンズ 4 1300シャード
ブロンズ 5 1300シャード
シルバー 6 チャットホイール3、チャットホイール4、 

 2400シャード

シルバー 7 2400シャード
シルバー 8 2400シャード
シルバー 9 2400シャード
シルバー 10 2400シャード
シルバー 11 2400シャード
ゴールド 12 チャットホイール5、チャットホイール6、

 3200シャード

ゴールド 13 3200シャード
ゴールド 14 3200シャード
ゴールド 15 3200シャード
ゴールド 16 3200シャード
ゴールド 17 3200シャード
プラチナ 18 チャットホイール7、チャットホイール8、

 4000シャード

プラチナ 19 4000シャード
プラチナ 20 4000シャード
プラチナ 21 4000シャード
プラチナ 22 4000シャード
プラチナ 23 4000シャード
プラチナ 24 4000シャード
マスター 25 チャットホイール9、チャットホイール10、

 9700シャード

マスター 26 4800シャード
マスター 27 4800シャード
マスター 28 4800シャード
マスター 29 4800シャード
グランドマスター 30 チャットホイール、チャットホイール、

 10000シャード

この表の情報はヒーローのプログレスという項目のリワードをクリックすると表示される。

基礎知識[編集]

マップ[編集]

Radiant側の一番上のレーンがoff(トップ)、中央のレーンがミドル、一番下のレーンがsafe(ボトム)である。 Dire側から見るとsafeがトップ、offがボトムになる。

【ワード】[編集]

ワードは設置することで効果を発揮するアイテムである。ワードには制限時間があり、敵チームに壊される(ディワードされる)ことがある。

オブザーバーワード[編集]

ゲーム開始前に初期アイテムとして0ゴールドで2つだけ入手できる。視界を展開する。

セントリーワード[編集]

ゲーム開始前に初期アイテムとして50ゴールドで購入できる。敵の透明化や地雷、敵ワードなどを看破することができるTrue sightを展開する。

ジャングル付近にワード用の石の台があるが置くためにある台なのでディワードされやすい。なので敵に気づかれないような場所に置くなど工夫することでディワードされることを防ぐこともできる。

【建造物】[編集]

dota2には建造物がありそれぞれ役割を持っている。 味方の建造物にはテレポートできる。 建造物等を一定時間無敵状態にするグリフを適用することができる。 グリフが適用されるユニット:タワー、バラック、エイシェント、クリープ

タワー[編集]

レーンにあり手前からTier1タワー、Tier2タワー、Tier3タワーとある。 敵に対して攻撃をする。視界を提供。 タワーの攻撃は痛く序盤だと壊すことが難しい。  タワーを手前から順番に破壊していくことで敵の本陣に攻め入ることができるようになる。(Tier1タワーを壊すとTier2タワーの無敵状態が解除されてを壊すことができるようになる。)テレポート可能。

バラック[編集]

バラックには近距離クリープがスポーンする位置にあるメレーバラックと遠距離クリープがスポーンする位置にあるレンジバラックがある。 メレーバラックは1秒に5HPを回復する。 敵に対して攻撃はしてこない。 バラックが壊された数に応じて壊したチームのクリープが強化される。そのためすべてのバラックを壊すとヒーローと同じほどの破壊力を持つメガクリープに強化される。 テレポート可能。

ビルディング[編集]

基地のタワーの近くにある小さい建造物。 テレポート可能。

エイシェント[編集]

敵のこの建造物を壊すと勝利。 エイシェントは自然回復をする。 敵に対して攻撃してこない。 テレポート可能。

OUTPOST[編集]

Radiant・Direにそれぞれ一つだけsafe側のジャングルにあり、この建造物は最初は味方用で固定だがいずれかのTier2タワーが壊されている場合アクティブ状態になり敵が敵用にすることができる。 一定時間に一度経験値が支給などのメリットがあるためOUT POSTをとったチームが優勢になる。破壊不可。敵に対して攻撃してこない。テレポート可能。

[編集]

Radiantとdireの基地の一番奥に一つずつあり味方にはHPとマナを高速で回復させる泉回復のバフが付与するが敵に対しては光線で攻撃する。光線は物理ダメージ。攻撃ごとにデバフを配置する。近くにほぼすべてのアイテムを購入できるホームショップがある。破壊不可。

【テクニック】[編集]

ラストヒット[編集]

クリープにとどめを刺すこと 味方クリープの場合(ディナイ)経験値のみ、敵クリープの場合経験値とゴールドを獲得できる。

プル[編集]

レーンクリープをジャングルにいるジャングルクリープとぶつける。敵クリープウェーブは味方クリープウェーブとぶつからないのでレーンを強制的に下げる(クリープの戦いを味方タワー側に寄せる)。このテクニックを使うと味方タワー側にクリープが集まるのでラストヒットがとりやすくなる。

ディナイ[編集]

設定のオプションから設定することで使えるテクニック。味方クリープにとどめをさすこと。

アグロ[編集]

敵クリープを攻撃しクリープウェーブを自分側に寄せる。

スタック[編集]

ジャングルクリープが一分毎にキャンプ内にユニットかセントリーワードがない場合、湧く性質を利用して、クリープが湧くキャンプからクリープを攻撃してついてこさせキャンプの中にユニットかいない状態にしてクリープを湧かせることでキャンプ内のクリープを増やすテクニック。

(四角い形をしていて一分毎にこの中にユニ  ット又はセントリーワードがない状態のみ  ジャングルクリープが湧く。) (ジャングルクリープは特に何もない場合自  分たちが湧いたキャンプに戻る性質を利用する。)


【アビリティー】[編集]

アビリティー[編集]

ヒーローが4つ程度もつ固有の技。AGHANIM’SSCEPTERやAGHANIM’SSHARDを使うことで新しいアビリティーの追加や既存のアビリティーの強化などができる。   アビリティーアイコンの一番左にある木の形をしたタレントツリーでアビリティーの持続時間を延長したりヘルス(HP)やマナプールの容量を増やすことができる。                           アビリティー使用には基本的にマナを消費する。代わりにヘルス(HP)を消費するアビリティーもある。HUSKERのバーニングスペア等。                  アビリティーは大まかに分けてアクティブスキルとパッシブスキルに分かれる。アクティブスキルは発動することで効果を発揮するがパッシブスキルは常時もしくは特定の状態で自動発動する。

クールダウン(CD)[編集]

アビリティー使用後にアビリティーアイコンに表示される次に使えるまでの秒数

アルティメットスキル(ULT)[編集]

多大な効果を持ち、例外もあるが基本的にレベル6になると習得できるアビリティー。強力なアビリティーが多くその分CDが基本的に60~100s(秒)程度と比較的長い。

無効化(CC)[編集]

名称 攻撃 移動 アビリティー使用 アイテム使用 魔法耐性 使用できるヒーロー 使用できるアイテム
スタン 不可 不可 不可 不可 変化なし DOOM等 アビサルブレード
ルート 不可 不可 変化なし TREANT PROTECTOR等 ROT OF ATOS,GLEIPNIR
サイレンス 不可 変化なし SILENSER等 BLOODTHORN
スリープ/サイクロン 不可 不可 不可 不可 BANE等/INVOKER EUL’SCEPTER,WIND WAKER
移動/攻撃速度 変化なし/低下 低下/変化なし 不可 変化なし /
ブレイク パッシブ無効 変化なし VIPER等 なし
ミュート 不可 不可 DOOM等
拘束 制限 SLARK
ヘックス 不可 不可 速度低下/変化なし 不可 LION等 SCYTHEOFVYSE
TAUNT 不可 不可 AXE等 なし
強制移動 不可、キャスターが指定した位置へ移動 FORSESTAFF
恐怖 不可 不可 不可 SHADOWFIEND なし
エーテル(攻撃できない) 不可 低下 PUGNA GHOSTSCEPTER,ETHEREALBLADE
追放 不可 不可 不可 無効 OUTWORLDDESTROYER(OD) なし

その他 ・盲目 ・ミス ・隠れる ・トラップ

ヒーロー[編集]

本作に使用されているヒーローのほとんどは前作のDotA Allstarsを引き継いでるものが多いが、前作は公式のゲームではなかったため(ウォークラフトⅢのカスタムマップ上での運用)、DotA Allstarsに使用されているヒーローの大部分は

今も、(ウォークラフトⅢの所有権を持つ)ブリザード・エンターテイメントが持っている。

以下の表が、現在、公式に発表されているヒーローである。

名前 読み方 属性 攻撃方法 呼び名(発音) 追加情報
ABBADON アバドン strength melee なし Dota 2 Gold Update最初の追加ヒーロー。リリース日は、2013年11月15日
ARCHEMIST アルケミスト strength melee GA/ARCHE(アルケ)
AXE アックス strength melee AXE Dota 2 Alpha(早期アクセス時)の元祖ヒーロー。リリース日は、2010年11月1日
ANTI-MAGE アンチメイジ agility melee AM(エーエム) Dota 2 Alpha(早期アクセス時)の元祖ヒーロー。リリース日は、2010年11月1日
ARC WARDEN アークウォーデン agility AW(エーダブリュー) Dota 2 Reborn Update最初の追加ヒーロー。リリース日は、2015年12月16日
ANCIENT APPARITION エンシェントアパリション intelligence range AA(エーエー)
BEAST MASTER ビーストマスター strength melee BM(ビーエム)
BREW MASTER ブリューマスター strength melee BM/Brew(ビーエムまたは、ブリュー)
BRISTLEBACK ブリストルバック strength melee BB(ビービー)
BROOD MOTHER ブルードマザー agility melee BM(ビーエム)
BLOOD SEEKER ブラッドシーカー agility melee BS(ビーエス)
BOUNTY HUNTER バウンティーハンター agility melee BH(ビーエイチ)
BANE ベーン intelligence range なし
BATRIDER バットライダー intelligence BAT
CENTAUR WARRUNNER セントール ウォーランナー strength melee CW(シーダブリュー)
CHAOS KNIGHT カオスナイト(ケイオスナイト) strength melee CK
CLOCKWERK クロックワーク strength Clock
CLINKZ クリンツ agility range Clink
CHEN チェン intelligence range なし
CRYSTAL MAIDEN クリスタル メイデン intelligence range CM Dota 2 Alpha(早期アクセス時)の元祖ヒーロー。リリース日は、2010年11月1日
DAWNBREAKER ドーンブレイカー strength melee
DOOM ドゥーム strength melee なし
DRAGON KINGHT ドラゴンナイト strength melee/range DK
DROW RANGER ドロウレンジャー(ドラウレンジャー) agility range DR Dota 2 Alpha(早期アクセス時)の元祖ヒーロー。リリース日は、2010年11月1日
DARK SEER ダークシアー intelligence range DS
DARKWILLOW ダークウィロウ intelligence range DW/Willow 7.07でリリースされたキャラ、2017年11月1日にリリース(現地時間:10月31日)
DAZZLE ダズル intelligence range Dazz Dota 2 Alpha(早期アクセス時)の元祖ヒーロー。リリース日は、2010年11月1日
DEATH PROPHET デスプロフェット intelligence range DP
DISRUPTOR ディスラプター intelligence range Dis
EARTH SPIRIT アーススピリット strength melee ES/Esp
EARTH SHAKER アースシェイカー strength melee ES/Esa Dota 2 Alpha(早期アクセス時)の元祖ヒーロー。リリース日は、2010年11月1日
ELDER TITAN エルダータイタン strength melee ET Dota 2 Beta(早期アクセス終了第1期)最後のキャラ。リリース日は、2013年5月2日
EMBER SPIRIT エンバースピリット agility melee ES/EM/Ember
ENCHANTLESS エンチャントレス intelligence range Enchant
ENIGMA エニグマ intelligence range ENIG
FACELESS VOID フェイスレス ボイド agility melee FV/VOID
GYROCOPTER ジャイロコプター agility range GC/GYRO
HOODWINK フードウィンク agility range
HUSKER ハスカー strength melee なし
IO アイオー (イオ) strength range なし
INVOKER インヴォーカー intelligence range Invo/Injoker/Injo
JUGGERNAUT ジャガーノート agility melee Jugger/jugg/jug
JAKIRO ジャキロ intelligence range なし
KUNKKA クンカ strength melee Coco
KEEPER OF THE LIGHT キーパー オブ デ ライト intelligence range Kotl
LEGION COMMANDER リージョン コマンダー strength melee LC
LIFE STEALER ライフスティーラー strength melee LS
LYCAN ライカン strength melee なし
LONE DRUID ローンドルイド agility range/melee LD/Lone
LUNA ルナ agility melee~range なし
LESHRAC リシュラック intelligence Lesh/les
LICH リッチ intelligence range なし Dota 2 Alpha(早期アクセス時)の元祖ヒーロー。リリース日は、2010年11月1日
LINA リナ intelligence range なし Dota 2 Alpha(早期アクセス時)の元祖ヒーロー。リリース日は、2010年11月1日
LION ライオン intelligence range なし Dota 2 Alpha(早期アクセス時)の元祖ヒーロー。リリース日は、2010年11月1日
MAGNUS マグナス strength melee MAG
MARS マーズ strength melee なし
MEDUSA メドゥーサ agility range Med
MEPOO ミーポ agility melee なし
MARCI マーシー strength なし
MIRANA ミラナ agility range PoM/PotM Dota 2 Alpha(早期アクセス時)の元祖ヒーロー。リリース日は、2010年11月1日
MONKEY KING モンキーキング agility melee(通常よりもレンジが広い) MK 7.00で実装されたキャラ。実は、Dota 2開発前から実装する予定でいた。リリース日は、2016年12月12日
MORTHILING モフィリング agility range Morph/Mor Dota 2 Alpha(早期アクセス時)の元祖ヒーロー。リリース日は、2010年11月1日
NIGHT STALKER ナイトストーカー strength melee NS/Stalker
NAGA SIREN ナーガサイレン agility melee NS/Naga/siren
NYX ASSASSIN ニックスアサシン agility melee Nyx/NA
NATURE'S PROPHET ネイチャーズ プロフェット intelligence range NP/Nature
NECROPHOS ネクロフォス intelligence range Necro/Nec Dota 2 Alpha(早期アクセス時)の元祖ヒーロー。リリース日は、2010年11月1日
OMNI KNIGHT オムニナイト strength melee OK/OMNI
OGRE MAGI オーガ メイジ intelligence melee OM/Ogre
ORACLE オラクル intelligence range なし
OUTWORLD DESTROYER アウトワールドデストロイヤー intelligence range OD
PRIMAL BEAST プライマルビースト strength melee 7.31で追加されたキャラ
PHOENIX フェニックス strength range Firebird/chiken
PUDGE パッジ (パッドゲ) strength melee Pudg/Pud/Pug Dota 2 Alpha(早期アクセス時)の元祖ヒーロー。リリース日は、2010年11月1日
PANGOLIER パンゴリアー agility melee Pango/pang 7.07でリリースされたキャラ、2017年11月1日にリリース(現地時間:10月31日)
PHANTOM ASSASSIN ファントムアサシン agility melee PA
PHANTOM LANCER ファントム ランサー agility melee PL
PUCK パック intelligence range なし Dota 2 Alpha(早期アクセス時)の元祖ヒーロー。リリース日は、2010年11月1日
PUGNA パグナ intelligence range なし
QUEEN OF PAIN クイーン オブ ペイン intelligence range QoP/qp/qop
RAZOR レイザー agility melee なし Dota 2 Alpha(早期アクセス時)の元祖ヒーロー。リリース日は、2010年11月1日
RIKI リキ agility melee Rikimaru
RUBICK ルービック intelligence range Ruvick
SANDKING サンドキング strength melee SK Dota 2 Alpha(早期アクセス時)の元祖ヒーロー。リリース日は、2010年11月1日。
SLARDAR スラーダー strength melee Slar Dota 2 Beta(早期アクセス終了第1期)最初のキャラ。リリース日は、2011年1月18日。
SNAPFIRE スナップファイア strength range
SPIRITBREAKER スピリットブレイカー strength melee Bara/SB
SVEN スベン strength melee なし Dota 2 Alpha(早期アクセス時)の元祖ヒーロー。リリース日は、2010年11月1日
SHADOW FIEND シャドウフィーンド agility range SF
SLARK スラーク agility melee なし
SNIPER スナイパー agility range Snip/Sni/SP
SPECTRE スペクター agility melee Spec/Spe
SHADOW DEMON シャドウデーモン intelligence range SD/Shad
SHADOW SHAMAN シャドウシャーマン intelligence range SS/ShaS Dota 2 Alpha(早期アクセス時)の元祖ヒーロー。リリース日は、2010年11月1日
SILENCER サイレンサー intelligence range なし
SKYWRATH MAGE スカイラース メイジ intelligence range SM
STORM SPIRIT ストームスピリット intelligence range STORM Dota 2 Alpha(早期アクセス時)の元祖ヒーロー。リリース日は、2010年11月1日
TIDEHUNTER タイドハンター strength melee TIDE Dota 2 Alpha(早期アクセス時)の元祖ヒーロー。リリース日は、2010年11月1日
TIMBERSAW ティンバーソウ strength melee TINBER
TINY タイニー strength melee なし
TREANT PROTECTOR トレントプロテクター strength melee TP
TUSK タスク strength melee Tusker
TEMPLAR ASSASSIN テンプラーアサシン agility range TA
TERRORBLADE テラーブレード(テロブレード) agility melee/range TB
TROLL WARLORD トロール ウォーロード agility range/melee TW
TECHIES テッキーズ(テチーズ) intelligence range TECH
TINKER ティンカー intelligence range Tink/Tin/TK
UNDERLORD アンダーロード strength melee UD/UL/Under Dota 2 Version 6代、最後のキャラ。2016年8月23日にリリース。
UNDYING アンダイング strength melee UD
URSA ウルサ agility melee なし
VENGEFUL SPIRIT ベンジフルスピリット agility range VS/Venge Dota 2 Alpha(早期アクセス時)の元祖ヒーロー。リリース日は、2010年11月1日
VENOMANCER ヴェノマンサー agility range Venom/Veno/Vem
VIPER ヴァイパー agility range Vip/VP
VISAGE ヴィサージュ(ヴィセイジ) intelligence range Visa
WRAITH KING レイスキング strength melee WK
WEAVER ウィーバー agility range Weave/wev
WARLOCK ウォーロック intelligence range WL/Warl
WINDRANGER ウィンドレンジャー intelligence range WR/Wind Dota 2 Alpha(早期アクセス時)の元祖ヒーロー。リリース日は、2010年11月1日
WINTER WYVERN ウィンターワイバーン intelligence range WW/www.com Dota 2 Gold Upadte最後の追加キャラ、リリース日は、2015年2月12日
WITCH DOCTER ウィッチドクター intelligence range WD/Bitch Docter Dota 2 Alpha(早期アクセス時)の元祖ヒーロー。リリース日は、2010年11月1日
VOID SPIRIT ヴォイドスピリット intelligence melee
ZEUS ゼウス intelligence range Zeus Dota 2 Alpha(早期アクセス時)の元祖ヒーロー。リリース日は、2010年11月1日
MAZZIE マジー 不明(未実装のキャラ) 不明 不明 Arcana Pudge以降のアップデートで追加。(7.12~7.15以降⇨現在7.31、Arcana Pudge実装済)

大会[編集]

毎年8月に開催されるThe Internationalは世界最高賞金額の大会であり、Dota 2の頂点を決める最高峰の大会でもある。決勝試合終了時の花火と紙吹雪による壮大な演出が有名。

ほかにメジャー大会も年数回実施されている。

アップデートによる変更[編集]

【7.31d】 ロシャンが視覚で確認できるワードユニットを一度の攻撃で破壊できる仕様になった。

レリックがDOTAPLUSサブスクライバー以外でも購入、使用が可能になった。

マーシーがキャプテンモードに追加、マッチメイキング検索のUIが大幅に変更されウィークリースポットライトが追加。

【パッチ】Mazzieに関しては、コードネームなため変わる可能性は非常に高い。Soler Khan,Rix,Kanna などの新たな3ヒーローの開発も発表されている。(しかしすぐに出るか、またリリースに至るかも不明である。=ストーリーの開発だけで終わる可能性が高い)

新ストーリーの追加[編集]

上記の新ヒーロー3人に関しては、ストーリーが限定公開されている。Soler Khan(ソーラー・カン)は、AxeをRedMist軍の指揮官に置き換えたり、パンゴリアーを倒したりなど、暴力的な性格で知られている。Rix(リックス)は、かつてLC(Legion Commender)と敵対しており、戦った後、しばらく姿を現わさなかった。陰で、RixはLCを殺す計画を立てているらしい。Kanna(カンナ)は、旅に出たっきり帰還しておらず、仲間のJuggernautとPhantom Lancerは、心配している。

VR観戦モードの追加[編集]

2016年8月8日から13日にかけて開催される公式世界大会「The International 2016」に併せて行われた大型アップデートにて、「VR観戦モード(VR Spectator Mode)」が追加された[1]。このモードでは「Dota VR Hub」によってマップ上の状況を俯瞰視点から見たり戦士と同じ視点で戦闘を見られるほか、他のプレイヤーとともに巨大なスクリーンで試合を観戦することもできる[1]

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b ふかふか (2016年7月30日). “eスポーツをVR観戦 人気ゲーム『DOTA 2』に新機能が追加”. Mogura VR. 2018年5月8日閲覧。

外部リンク[編集]