Dota 2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Dota 2
ジャンル マルチプレイヤーオンラインバトルアリーナ
対応機種 Microsoft Windows
OS X
Linux
開発元 Valve Corporation
発売元 Valve Corporation
プロデューサー Erik Johnson
デザイナー IceFrog
シナリオ マーク・レイドロー
テッド・コスマトカ
Kris Katz
音楽 Jason Hayes
ティム・ラーキン
発売日 [Windows]2013年7月9日
[OS X/Linux]2013年7月18日
エンジン Source 2
テンプレートを表示

Dota 2』(ドータ・ツー)は、Valve Corporationが開発したWindowsLinuxチームストラテジーゲーム・Defense of the Ancients型ゲーム。

ルール[編集]

このゲームは2つのチーム(Raidiant・Dire)が5対5に分かれて、戦うゲームである。

どちらかのチームが敵のタワーを破壊しつつ、敵のエンシェント(本陣)を先に破壊した方が勝利となる。

しかし、どちらかのチームのプレイヤーが全員抜けてしまう事もあり、その場合は、戦わずに勝利する。(不戦勝)

ゲームの進行構成(レーンクリープ)[編集]

このゲームには、ヒーロー以外にコンピューターが自動生成して敵の本陣を破壊しようとする、クリープというものがある。

このクリープは初期時は通常クリープだが、どちらかのチームが1つの(遠距離、または近距離)バラックを破壊すると、(それに応じた)スーパークリープというのが生成される。

このバラックがすべて破壊されると、メガクリープというのが生成されるようになる。このメガクリープは、ヒーロと同じような破壊力を持つため、メガクリープが生成されるようになると大体のゲームは終わる。

ロシャーン(特殊な中立クリープ)[編集]

このゲームには、(中立クリープの中に)ロシャーンという巨大な怪物が存在する、このロシャーンを倒すと一回死んでもその場で生き返るAegis of immortal(日本語表記ではエージス)が手に入る。普通、このエージスはロシャーンを倒したチームが手に入れられるが、何らかの方法で、倒したチームがとる前に、盗むことも可能である。

このロシャーンはversion7.00以前はDireよりに位置していたが、version7.00以後はDire及びRadiantの間に大きな山があり、そこの中に存在する。

このロシャーンについては過去に中立クリープを味方にすることができる、「Enchantress」というヒーローが操れるというバグがあったため、一時期は騒ぎになったこともある。(現在はこのバグは存在しない)

ちなみにこのヒーローのバグは「WTF_ moment」という大規模なチャンネルのコーナーにも乗っている。

11月1日に大規模なアップデート、the Dueling fatesが公開される予定のため、現時点ではその他の不確定なルールを加筆しない。

ヒーロー[編集]

本作に使用されているヒーローのほとんどは前作のDotA Allstarsを引き継いでるものが多いが、前作は公式のゲームではなかったため(ウォークラフトⅢのカスタムマップ上での運用)、DotA Allstarsに使用されているヒーローの大部分は

今も、(ウォークラフトⅢの所有権を持つ)ブリザード・エンターテイメントが持っている。

11月1日に大規模なアップデート、the Dueling fatesが公開される予定のため、現時点ではヒーロー及びヒーロー分類を加筆しない。

大会[編集]

毎年8月にシアトルキーアリーナで開催されるThe Internationalは世界最高賞金額の大会であり、Dota 2の頂点を決める最高峰の大会でもある。決勝試合終了時にド派手な花火と紙吹雪が有名。

ほかにメジャー大会も年数回実施されている。

出典[編集]

Dota 2 日本語 wiki 2017年 10月11日閲覧

ネット上で騒ぎになったロシャーンコントロール事件(Youtube)2017年10月11日閲覧

クリープの種類及びレーンクリープの構成(Dota 2 日本語wiki)2017年10月11日閲覧

Dota 2のヒーローリリース(Dota 2 英語wiki)2017年10月11日閲覧

Dota watafakが紹介しているWTF moment (Youtube)2017年10月11日閲覧

大会の内容を紹介している外部サイト2017年10月11日閲覧

海外サイト(英語)11月1日公開のThe dueling fates の詳細2017年10月24日閲覧

外部リンク[編集]