エーペックスレジェンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
エーペックスレジェンズ
Apex Legends
ゲーム
ゲームジャンル ファーストパーソン・シューティングゲーム
対応機種 PlayStation 4
Xbox One
Microsoft Windows
開発元 Respawn Entertainment
発売元 エレクトロニック・アーツ
メディア ダウンロード
プレイ人数 オンライン時60人
発売日 2019年2月5日
レイティング CEROD(17才以上対象)
ESRBT(13歳以上)
コンテンツアイコン 暴力
関連作品
テンプレート - ノート
プロジェクト コンピュータゲーム
ポータル コンピュータゲーム

エーペックスレジェンズ』(: Apex Legends)は、エレクトロニック・アーツが2019年2月5日に配信開始した基本プレイ無料のコンピュータゲームソフト[1]

対応プラットフォームは、PlayStation 4Xbox One、PC。

概要[編集]

タイタンフォール』シリーズの作品だが、巨大ロボット「タイタン」は登場せず、「レジェンド」と呼ばれる特殊能力者たちが戦うバトルロイヤルゲームとなっている[2]。『タイタンフォール2』の30年後の世界で、辺境の惑星の「エーペックスゲーム」に参加する。

レジェンズと呼ばれる特殊能力者3人で1チームとなり、全20チーム、合計60人でのオンライン対戦が可能。徐々に狭くなるフィールドを探索してアイテムを回収しつつ、敵チームを倒し、最後の1チームになると勝利。

配信開始から72時間でプレイヤー数が1000万人を超え[3]、エレクトロニック・アーツの株価が大幅に上昇するといった影響を与えた[4]

ゲームの流れ[編集]

マッチングすると、プレイヤーがレジェンドと呼ばれるキャラクターの選択画面に移り、ランダムに選ばれた順番で選択していく。チーム(三人)で重複してレジェンドは使えない。最後にレジェンドを選択したプレイヤーは「ジャンプマスター」として着地場所を決める。ジャンプマスターはチームメイトにその役割を譲渡することもできる。 着地してからは他のバトル・ロワイアルゲームとほとんど流れは同じ。一定時間が経過するとリングが収縮し、リング外にいるとダメージをうける。 プレイヤーは武器、投擲物の他に防具(アーマーとヘルメット)や武器につけるアタッチメント(ストックやバレルスタビライザ)、注射器やシールドを回復するシールドバッテリーといったアイテムを拾うことができる。 それぞれのアイテムにはレアリティレベルが4つあり(ひとつのレベルしか存在しない物もある)、白(レベル1)、青(レベル2)、紫(レベル3)、金(レベル4)と上がるにつれて性能が上がる。

キャラクター[編集]

ブラッドハウンド
敵を追跡する「トラッカー」というパッシブスキルを持つハンター。戦術アビリティの「全能の目」は短時間だが、敵や罠、手掛かりを見破ることができる。アルティメットの「ハンティングビースト」は痕跡を認識し、動きが速くなる。
ジブラルタル
「ガンシールド」を展開できるタンク系のキャラクター。戦術アビリティの「プロテクトドーム」はドームシールドを投下する。アルティメットの「防衛爆撃」はマーキングした地点に迫撃砲を発射する。
ライフライン
「戦う衛生兵」で、ノックダウンされた仲間を素早く蘇生させたり、回復アイテムを素早く使用できる。戦術アビリティの「D.O.C.ヒールドローン」は付近の兵士を自動的に治療する。アルティメットの「ケアパッケージ」は防御用装備を積んだポッドを落下させる。
パスファインダー
ロボット系のキャラクター。パッシブではビーコンを使うことにより次のリングの収縮ポイントを探したり、戦術アビリティの「グラップリングフック」でオブジェクトにワイヤーを打ち込み素早く移動できる。アルティメットは「ジップラインガン」。プレイヤーが長距離移動できるジップラインロープを打ち出せる。
レイス
パッシブの「虚空からの声」は危機を察知することができる。戦術アビリティの「虚空へ」はダメージを受けずに一定時間移動することができる。アルティメットの「ディメンションリフト」は60秒間別の場所に移動できるポータルを設置する。
バンガロール
敵を攪乱する能力を持つ。パッシブの「駆け足」はダメージを受けると移動速度が上昇する。戦術アビリティの「スモークランチャー」は煙で敵の視界を遮る。アルティメットのローリングサンダーは支援砲撃を要請する。
コースティック
毒ガスを発生させる能力を持つ。パッシブは敵の接近や攻撃によって反応するガストラップを、アルティメットでは投擲できるガスグレネードを使用できる。
ミラージュ
自分にそっくりの「デコイ」を作り出すことができる。
オクタン
新プレイヤーキャラクターで『Season 1』に登場。興奮剤を使用し高速で移動することができる。アルティメットではジャンプパッドを設置でき、ハイジャンプができるようになる。

武器[編集]

武器の基本的な名前と性能はタイタンフォールシリーズのそれを継承している。 弾薬はライトアモ、ヘビーアモ、エネルギーアモ、ショットガンアモの4つ。ケアパッケージからのみ出現するレジェンダリー武器は専用の弾薬を使用する。基本的な威力はライト〈ヘビー〈エネルギー。

アサルトライフル

┣ フラットライン(ヘビーアモ)

┣ ヘムロック(ヘビーアモ)

┣ R-301(ライトアモ)

┗ ハボック(エネルギーアモ)


サブマシンガン

┣ オルタネーター(ライトアモ)

┣ R-99(ライトアモ)

┗ プラウラー(ヘビーアモ)


ライトマシンガン

┣ ディヴォーション(エネルギーアモ)

┗ スピットファイア(ヘビーアモ)


スナイパーライフル

┣ G7スカウト(ライトアモ)

┣ ロングボウ(ヘビーアモ)

┣ トリプルテイク(エネルギーアモ)

┗ クレーバー(レジェンダリー武器)


ショットガン

┣ EVA-8オート(ショットガンアモ)

┣ ピースキーパー(ショットガンアモ)

┣ マスティフ(レジェンダリー武器)

┗ モザンビーク(ショットガンアモ)


ピストル

┣ P2020(ライトアモ)

┣ RE-45(ライトアモ)

┗ ウィングマン(ヘビーアモ)

余談[編集]

実は、本作はリリースのほぼ1年前に、マップなどのデータが流出していたことが明らかになった。当時の投稿は、『タイタンフォール』のバトルロイヤルと噂されているゲームのミニマップ、ということだったが、多少の違いはあれ本作とほぼ同じものだった。しかし、当時目にした人たちはこれを本当とは信じず、流出させた人物も特段反論もしなかったため、そのまま忘れ去られていたらしい[5]

脚注[編集]

外部リンク[編集]