Woooケータイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Mobile Hi-Vision CAM Wooo
(HIY01)

Woooケータイ(うーけーたい)は、ワンセグを搭載しており、なおかつメインディスプレイに有機ELおよびIPS液晶[1]が使われている日立製作所Mobile Hi-Vision CAM Wooo以降より日立コンシューマエレクトロニクス)製のKDDIおよび沖縄セルラー電話向け(各auブランド)の携帯電話の愛称である。

概要[編集]

日立製作所製携帯電話で初めてワンセグを搭載した機種はW41Hで、当時としてはハイスペックな機種だった。2007年10月16日に発表されたauブランドのW53Hに初めてWoooケータイの愛称名が付けられた。これは、日立製携帯電話では初めてメインディスプレイに有機ELが採用された端末である。この後のW61HにはWoooケータイの愛称が付けられていないが、W62Hではこの愛称が付けられた。また、W62Hでは2Wayオープンスタイルとなり縦横両方に開くことができる。KCP+、Bluetoothを搭載した。

また、W52HとW61HはWoooの高画質映像技術を利用した「Picture Master for Mobile」を搭載しているがメインディスプレイが液晶のためか、Woooケータイの愛称名はない。また、W52Hは地上デジタルラジオにも対応している。

機種[編集]

全てauブランドの機種

Woooケータイの愛称が付いている機種[編集]


その他の日立製作所製ワンセグ機種[編集]

  • W41H - W33SAに続く2番目のワンセグ機種
  • W43H/H II
  • W52H - ワンセグ起動時にWoooのロゴが表示される。地上デジタルラジオ対応。
  • W61H - ワンセグ起動時にWoooのロゴが表示される。背面パネルには「シルエットスクリーン」と呼ばれる国内初の電子ペーパーディスプレイが採用されている。
  • beskey (HIY02)

注釈[編集]

  1. ^ H001、Mobile Hi-Vision CAM Woooのみ

関連項目[編集]