東芝製のスマートフォン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
東芝 > 東芝製のスマートフォン
富士通 > 富士通モバイルコミュニケーションズ > 東芝製のスマートフォン

東芝製のスマートフォン(とうしばせいのスマートフォン)では、これまでに発売された

スマートフォンをまとめる。

概要[編集]

日本国内市場で、東芝から初めて発売されたスマートフォンは、ソフトバンクモバイルから2007年に発売されたSoftBank X01TSoftBank X・Portage G900)が最初になる[1]。当時としては日本メーカー製の3Gスマートフォンは珍しく、東芝も日本国内市場ではauKDDI沖縄セルラー電話連合)及びソフトバンク向けのフィーチャー・フォンがメインであり、それ以降Portage Gシリーズは海外市場へのみ発売されていた。

その後、NTTドコモから2009年T-01Adocomo PRO series・TG01・dynapocket)が発売され、その当時はiPhoneを皮切りにしたスマートフォン旋風が日本でも起きており、ドコモ向け端末としてはT2101V以来7年ぶり・TS206を含めて3機種目となった為、一部のマニアを中心に広がっていった。ソフトバンクからもSoftBank X02Tとして発売された。

その当時、国内での携帯電話市場の将来性が見込めないことから、2009年10月以降は携帯電話の国内生産からの撤退することを2009年5月に発表し、端末納入計画を見直すこととなり[2]、国内外スマートフォン及びau向け端末に資源を集中することになった。

その後、2010年には、auにもIS02(製造型番 CDMA TSI01・ISシリーズ・K01のCDMA2000 1x/EV-DO Rev.A版・dynapocket)として初めて個人向けスマートフォン端末が納入された。姉妹機としてはT-01Bドコモ スマートフォン・K01のUMTS版・dynapocket)がある。

その当時、富士通と携帯電話事業を統合すると発表され[3]、それ以降は富士通東芝(現富士通モバイル)の東芝ブランドとなった。同年、その富士通東芝からREGZA PhoneとしてT-01C及びIS04(製造型番 CDMA TSI04)が発売される。このT-01Cが富士通東芝としてドコモ向けに開発・製造・発売された唯一の機種[4]で、それもドコモでは実質富士通製として扱われていた。一方のIS04はauでも従前通り東芝ブランドとして扱われていた。

また2011年8月25日には国内初投入となるWindows Phone 7にして世界初のWindows Phone OS 7.1(Windows Phone 7.5Mango」)が搭載されたスマートフォンのIS12T(製造型番 CDMA TSI12・Windows Phone)が順次発売された。

T-01Cの後継機種であるT-01DT-02Dに至っては「T」を冠しているにもかかわらず富士通製・富士通ブランドのREGZA Phone、いわゆる「富士通レグザ」となった。そしてそのT-02Dを最後に、「T」を冠する携帯電話・スマートフォンは発売されなくなり、2013年3月にT-02Dが生産終了したことにより、「T」を冠する携帯電話は市場から姿を消した(在庫僅少品となる)。

日本国外ではその他、Portege G910・G810・G710・G500、dynapocket TG02(K01(T-01B/IS02)からスライド式QWERTYキーボードを省略したもの)などがある。

機種(2013年11月現在)[編集]

日本国内[編集]

NTTドコモ[編集]

docomo PRO series

機種名 発売日 ディスプレイ 通信方式 CPU ストレージ メインカメラ サブカメラ OS トピック
dynapocket
T-01A
2009年6月20日 TFT
4.1インチ WVGA
W-CDMA
GSM
IEEE 802.11b/g
Qualcomm
Snapdragon S1
QSD8250 1GHz
RAM:256MB
ROM:512MB
3.2MP - WM. 6.1 Pro → 6.5 Pro

ドコモ スマートフォン

機種名 発売日 ディスプレイ 通信方式 CPU ストレージ メインカメラ サブカメラ OS トピック
dynapocket
T-01B
2010年6月18日 有機EL
4.1インチ WVGA
W-CDMA
GSM
IEEE 802.11b/g
Qualcomm
Snapdragon S1
QSD8250 1GHz
RAM:384MB
ROM:512MB
3.2MP - WM. 6.5 Pro QWERTYキーボード
REGZA Phone
T-01C
2010年12月17日 TFT
4.0インチ FWVGA
W-CDMA
GSM
IEEE 802.11b/g
Qualcomm
Snapdragon S1
QSD8250 1GHz
RAM:512MB
ROM:1GB
12.2MP - A. 2.1 → 2.2 FeliCa赤外線通信
防水ワンセグ
エリアメールテザリング
DTCP-IP
富士通東芝製・東芝ブランドだが、ドコモでは実質富士通製扱いだった。
富士通東芝としてドコモに供給した唯一の機種で、ドコモ向けの東芝ブランド機種としても最終機種。
REGZA Phone
T-01D

(with)
2011年11月18日 TFT
4.3インチ HD
W-CDMA
GSM
IEEE 802.11b/g/n
Texas Instruments
OMAP 4430 1.2GHz
RAM:1GB
ROM:4GB
13.1MP 0.32MP A. 2.3 → 4.0 FeliCa、赤外線通信、
防水・防塵、ワンセグ、
エリアメール、テザリング、
指紋センサー、HDMI
DTCP-IP
シリーズ初の指紋センサー搭載モデル。
初代富士通レグザ。
REGZA Phone
T-02D

(NEXT)
2012年7月26日 有機EL
4.3インチ qHD
LTE
W-CDMA
GSM
IEEE 802.11a/b/g/n
Qualcomm
Snapdragon S4
MSM8960 1.5GHz
RAM:1GB
ROM:8GB
13.1MP 1.3MP A. 4.0 → 4.1 FeliCa、赤外線通信、
防水・防塵、ワンセグ、
エリアメール、テザリング、
指紋センサー、NOTTV
MHL、DTCP-IP
2代目富士通レグザ。シリーズ初のXi・NOTTV(モバキャス)対応。「T」を冠した最後の携帯電話だが富士通製。

au(KDDI・沖縄セルラー電話連合)[編集]

※機種名の括弧内は実際の製造型番

ISシリーズ

機種名 発売日 ディスプレイ 通信方式 CPU ストレージ メインカメラ サブカメラ OS トピック
dynapocket
IS02
(CDMA TSI01/RP8-J01)
2010年6月24日 有機EL
4.1インチ WVGA
CDMA2000
IEEE 802.11b/g
Qualcomm
Snapdragon S1
QSD8250 1GHz
RAM:384MB
ROM:512MB
3.2MP - WM. 6.5 Pro QWERTYキーボード
REGZA Phone
IS04/IS04FV

(CDMA TSI04/TG03-KDDI)
2011年2月10日
2011年7月8日
(IS04FV)
TFT
4.0インチ FWVGA
CDMA2000
GSM
IEEE 802.11b/g
Qualcomm
Snapdragon S1
QSD8650 1GHz
RAM:512MB
ROM:1GB
12.2MP - A. 2.1 → 2.2 FeliCa、赤外線通信、
防水、ワンセグ、
緊急地震速報、テザリング、
DTCP-IP
IS04FVには最初からAndroid 2.2が搭載されている。
REGZA Phone
IS11T

(CDMA TSI11)
2011年9月9日 TFT
4.0インチ FWVGA
CDMA2000
GSM
IEEE 802.11b/g/n
Qualcomm
Snapdragon S2
MSM8655T 1.4GHz
RAM:512MB
ROM:1GB
8.08MP - A. 2.3 FeliCa、赤外線通信、
ワンセグ、緊急地震速報、
テザリング、DTCP-IP、
QWERTYキーボード
REGZA Phoneで唯一のQWERTYキーボード搭載機種。
東芝ブランドとして最後のスマートフォン。
Windows Phone
IS12T

(CDMA TSI12)
2011年8月25日[5] TFT
3.7インチ WVGA
CDMA2000
GSM
IEEE 802.11b/g/n
Qualcomm
Snapdragon S2
MSM8655 1GHz
RAM:512MB
ROM:32GB
13.2MP - WP. 7.1
(Windows Phone 7.5 → 7.8)
防水・防塵、緊急地震速報
富士通東芝として開発したWindows Phoneとしては唯一の機種。

for Businessシリーズ(Eシリーズ、法人向け)

機種名 発売日 ディスプレイ 通信方式 CPU ストレージ メインカメラ サブカメラ OS トピック
E31T
(CDMA E31T)
2011年4月 TFT
3.0インチ WVGA
CDMA2000
GSM
IEEE 802.11b/g
Qualcomm
Snapdragon S1
QSD8250 1GHz
RAM:384MB
ROM:512MB
3.2MP - WM. 6.5 Pro 防水・防塵
ヤマト運輸のセールスドライバー向けスマートフォン。

ソフトバンクモバイル[編集]

SoftBank X

機種名 発売日 ディスプレイ 通信方式 CPU ストレージ メインカメラ サブカメラ OS トピック
SoftBank X01T 2007年12月8日 TFT
3.0インチ WVGA
W-CDMA
GSM
IEEE 802.11b/g
Marvell
PXA270 520MHz
RAM:128MB
ROM:128MB
1.97MP 0.3MP WM. 6.0 Pro 指紋センサー、QWERTYキーボード
dynapocket
X02T
2009年6月20日 TFT
4.1インチ WVGA
W-CDMA
GSM
IEEE 802.11b/g
Qualcomm
Snapdragon S1
QSD8250 1GHz
RAM:256MB
ROM:512MB
3.2MP - WM. 6.5 Pro

日本以外向け[編集]

  • Portégé G900 - X01Tのベースモデル。
  • Portage G910
  • Portégé G810
  • Portégé G710
  • Portégé G500
  • TG01 - T-01A/X02Tのベースモデル
  • dynapocket TG02
  • dynapocket K01 - TG02にスライド式QWERTYキーボードを備えたもの。T-01B/IS02のベースモデル。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 但し、1997年にはGENIOという携帯情報端末一体型PHSが発売されていた。
  2. ^ 東芝、携帯電話の国内生産から撤退-45億円のコスト削減:日刊工業新聞
  3. ^ 富士通と東芝、携帯電話事業の統合で基本合意
  4. ^ 富士通東芝の発足当時は、富士通ブランドの機種は発足前と同じく富士通のモバイルフォン事業本部(富士通本体)が担当していたため。現在は、ドコモ向けは富士通本体が、au向け、ソフトバンク向けおよびイー・モバイル向けは富士通モバイルが担当している。
  5. ^ 北陸・中国・四国以外の地区にて同日発売。北陸・中国地区は8月26日、四国地区は8月27日に発売。

関連項目[編集]