SoftBank 3G USIMカード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

SoftBank 3G USIMカード(ソフトバンク スリージー ユーシムカード)は、ソフトバンクモバイル第三世代携帯電話サービス『SoftBank 3G』で使われているUIMカードの一種。ボーダフォン日本法人がVGSおよびVodafone 3G用に投入したVodafone Global Standard USIMカードの後身となる。

概要[編集]

SoftBank 3G USIMカードは、電話番号情報が記録されているICカードである。

電話帳SMSを保存することができる。

SoftBank 3Gでは、USIMカードを差し替えることで、別の携帯電話機でも自分の電話番号で利用することができる。但し、iPhoneディズニー・モバイルイー・アクセスとのMVNO重畳契約用データUSIM(それぞれバラになっているものと1枚になっているもののいずれも)、2010年冬モデル以降のスマートフォン、デジタルフォトフレームなどのモジュール契約、SoftBank 005ZSoftBank 101Z(みまもりケータイ/2)、SoftBank 101HW(みまもりホームセキュリティ)ではそれぞれ専用のUSIMとなり、一部の機種を除いて別の端末での使用が出来ない。正式には、ディズニー・モバイルの場合は、ディズニー・モバイルUSIMカードという名称がついている(ちなみに、ディズニー・モバイルUSIMカードについても、スマートフォン用およびモジュール契約用のUIMカードは従来のものとそれぞれ別になっている)。

USIMカード未挿入の状態でSoftBank 3G端末の電源を入れた場合、端末全体にロックがかかり、電源オフ以外の操作が一切行えなくなる。また、画面には「USIMカード未挿入です。電源OFF後、USIMカードを挿入してください。」と表示される。

また、iPhone 4/4SやiPad2では、通常のiPhone 3G/3GSで使っているのとは別に、microSIMと呼ばれる小型のものを、iPhone 5ではnanoSIMと呼ばれるさらに小型のものを採用している。

カードの色[編集]

一般契約用はシルバー、iPhone 3G専用のものは黒、後述のプリペイドUSIMカードおよびデータ通信UIMカード(Dual)は白となっている。

2009年から開始された、「データ定額ボーナスパック」(イー・モバイルMVNO契約UIMである「データ通信(A)定額USIMカード」と、SBM自前契約用UIM「データ通信(B)従量USIMカード」の2枚セットで構成されているが、基本料が高額になるのを承知であればバラでの契約も可能)契約専用カードと「フォトビジョンライトプラン」契約に用いられる「モジュール用USIMカード」については、上述のものとはそれぞれ別のものを採用している。また、2010年冬モデル以降のスマートフォン(SoftBank スマートフォン)についても同様に別のものを採用した[1]NFC決済機能対応の端末でつかう場合は、さらに別のUIMカードに交換が必要になる。

製造元は、「SoftBank 3G USIMカード(GEM)」・「プリペイドUSIMカード(G&D)」のように、台紙に括弧書きで略称3文字が記載されている。

なお、VGS USIMカードはVodafoneのシンボルカラーである赤であった(当時3Gを契約したユーザーへは、特に交換する理由・事情[2]が無ければ、このカードを現在も使用している)。

プリペイドUSIMカード[編集]

3Gプリペイドサービスであるプリモバイル及びプリスマ用のUSIMカードには、Prepaidの表示がなされており、プリペイドUSIMカードとして区別される。プリペイドUSIMカードの場合は、国外ローミングが出来ないなどの制限が加えられる。詳細は、プリモバイル等を参照。

脚注[編集]

  1. ^ USIMカードは旧機種では使えない?:「GALAPAGOS 003SH」を購入してきた - ITmedia +D モバイル
  2. ^ 例えば、iPhoneへの機種変更及び2010年冬モデル以降のスマートフォンへの機種変更が挙げられる。

関連項目[編集]