ソフトバンクWi-Fiスポット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ソフトバンクWi-Fiスポットのエリア表示。のイラストが目印。
ソフトバンクWi-Fiスポットに用いられるルーター

ソフトバンクWi-Fiスポット(ソフトバンクワイファイスポット)とは、ソフトバンクが提供する、携帯電話スマートフォン向け公衆無線LANサービスの名称である。

概要[編集]

無線LAN対応携帯電話・スマートフォンに向けたサービスで、ソフトバンク(当初はソフトバンクテレコム)による「BBモバイルポイント」に加え、やはりソフトバンク(当初はソフトバンクモバイル)が設置を進めるアクセスポイントを利用可能にしている。

基本的にはSoftBankおよびMVNOのディズニー・モバイルのユーザー向けサービスである。
利用に際しては、料金プランを「パケットし放題フラット(旧「Wi-Fiバリュープラン専用パケット定額」)」にした上で、オプションサービスの「ケータイWi-Fi」または「ソフトバンクWi-Fiスポット (i) 」を適用する必要がある。

  • 利用料金は月額467円(税抜)となっているが、実際は(指定のパケット定額サービス契約が前提だが)キャンペーンにより半永久的に無料で使えることが多い。
    なお、iPadの場合は24ヶ月無料とされている。
  • Y!mobileユーザは、PHS、フィーチャー・フォン専用プラン利用時ないしは端末自体が非対応のモバイルWi-Fiルータ以外を利用している場合は特に条件はなく、無料で利用可能(ただし、FONアクセスポイントは利用対象外)。

なお、独自アクセスポイントは、多くはFoxconn製独自ルータ(1.5GHz帯3G/2.5GHz帯AXGPをWAN回線として使用)[1]を使用している。

利用可能な端末[編集]

サービス当初は、広くWi-Fi対応端末一般を対象にしていた。
しかし、2011年2月18日からは「サービス向上のため」として、接続可能な機種をSoftBankの機種のみに変更している[2]

その後、2012年7月以降に、SoftBankの機種「以外」の端末(PC等Wi-Fiのつかえるもの)利用者向けに、有料サービスとして1日(24時間単位)467円(税別)で利用できる「ソフトバンクWi-Fiスポット (EX) 」(専用SSID:SWS1dayでのみ利用可能・セキュリティなし)が開始された[3]

ソフトバンク系他ブランドにおけるサービス展開[編集]

旧イー・モバイルが2013年に開始されたEMOBILE 4G-Sでも対応したのを皮切りに、旧ウィルコムや後継のY!mobileブランドの対応スマートフォンでも利用できるようになり、データ端末であるEMOBILE 4Gでも対応したことから、Y!mobileのデータ端末の一部でも利用可能となっている。 いわゆるフィーチャー・フォン端末も、端末自体が対応しておればサービスを受けられる(指定の料金プランの利用時)。

対応携帯電話[編集]

ケータイWi-Fi対応SoftBank 3G携帯電話(ただし、2016年1月14日以降は、暗号化証明がSHA-2によるログイン認証が可能な機種に限る)およびiPhone[4]iPad(Wi-Fiモデルも含む)・SoftBank Xシリーズのスマートフォン[5][6]SoftBank スマートフォン[7]が対象となる(Android OSの場合、2016年1月14日以降は、厳密には、2.3以降の端末であることが必要)。Wi-Fiスポットへのログインは、設定アプリないしはソフトウェアがSHA-2証明書による自動認証によって行われるため、IDやパスワードなどは設定されていない。設定アプリやソフトウェアで利用する設定をすれば、スポットに入った際に自動的に接続される。

Y!mobileブランド契約者については、

  • タイプ1契約(通話SIMカードのみの契約も含む)およびタイプ3契約
ワイモバイルの扱うスマートフォン(EMOBILE 4G-S契約のEM01FおよびEM01Lを含む)のほか、端末自体が非対応でなければ、フィーチャーフォン(2017年4月21現在は「AQUOS ケータイ2」のみ)や、SIMフリー端末でも利用可能な場合がある。
利用に際しては、設定が必要となり、設定の方法も機種によって異なる場合がある。
ただし、端末によっては利用可能なSSIDに制限がある[8]
ケータイプランSSおよびシェアプラン(子回線側)の契約では利用不可。
  • その他の端末
タイプ2の端末 (302HW) と旧・イー・アクセス契約となるGL07Sについては、設定アプリが別となっているが、それ以外はタイプ1の端末とほぼ同じ方法で利用可能である(旧・イー・アクセス契約の3G端末は、利用できないため、有料オプションのエコネクトのサービスを使用する。GL07Sは、併用も可能)。
旧・ウィルコムが発売した、SoftBankモデルについては、SoftBankブランドの設定に準じている(利用可能なSSIDは、タイプ1と同じ)。

なお、2016年1月14日より、ログイン認証がSHA-2非対応の端末では不可となったため、SHA-2非対応のSoftBank 3G端末(ケータイWi-Fiとして使用)とSoftBank Xシリーズのうち、Android端末であるSoftBank X06HTSoftBank X06HTIIでは利用不可能となった(Xシリーズのうち、Windows Phone (6.1/6.5) の端末および0001softbankの設定方法が公開されている端末は引き続き使用可能)。

サービスエリア[編集]

  • 既存のBBモバイルポイントのアクセスポイント (SSID:mobilepoint/mobilepoint1/mobilepoint2)
Y!mobileブランドは、mobilepointとmobilepoint1が対象のサービスとなる。)
  • 独自設置のアクセスポイント (SSID:0001softbank/0002softbank)

が利用対象エリアとなる。

独自アクセスポイントでは、2010年6月1日よりスターバックスの店舗にアクセスポイントを設置、サービスの運用を開始[10]した。
その後、同年7月からはミニストップ[11]プラザクリエイト[12]の店舗(現在は、子会社のプラザクリエイトストアーズが運営する店舗のブランドのひとつである)にもアクセスポイントの設置を開始。
2011年5月1日からは都営地下鉄、同11月1日からは東京メトロの駅構内で、アクセスポイントの運用を開始している(NTTBP公衆無線LAN設備を利用)。

またスターバックス以外にも全日本空輸上島珈琲店日本航空サブウェイシダックスコロワイドなど約60社が参加することが発表されている[13]。具体的なパートナー企業は提供中・提供開始予定のパートナー各社・ブランドについてを参照。

2011年末ごろからWPA2エンタープライズの暗号化がかかったSSID:0002softbankが追加された。
開始当初はソフトバンクiPhone/iPadのみ利用可能とされたが、その後、他のソフトバンク端末(Y!mobile端末を含む)でも利用可能な機種が登場している。
なお、過去の機種ではハード的には0002softbankに対応可能と思われる機種でも、0001softbankしか使えない場合がある。

2013年1月2日現在Wi-Fiスポット数は35万ヶ所を突破している。

2014年ごろからSSID:0002softbankは5GHz帯 (11a/n/ac) のみ対応となった。

上記のSSIDの中から、設定アプリの仕様により、電波の強いものが優先して受信される。セキュリティの強固さなどの優先順位はユーザは設定できないため、暗号化のかかっていないSSIDの電波が強い状態であれば、それが優先して受信される形となる。

2015年7月ごろから、外国人観光客向けに SSID:.FREE Wi-Fi PASSPORT を提供した(一部では利用不可)。

成田エクスプレスE259系車内も利用対象エリアであったが、2016年3月下旬以降、JR東日本が独自に車内Wi-Fiサービスの提供を開始(利用時にメールアドレスを登録)するのに伴い、「ソフトバンクWi-Fiスポット」としてのサービスは順次終了となる[14]

セキュリティ[編集]

ログイン認証は、設定アプリやソフトウェア(ないしは、フィーチャー・フォンに内蔵された機構など)が自動的(ID、パスワードは用いない)にSHA-2暗号化証明書を利用して行われるため、利用者情報の漏洩の可能性は低いとされる。以前は、SHA-2以前の方式も取られていたが、2016年1月14日以降は、SHA-2およびそれ以降の方式のみとされたため、SHA-2非対応のフィーチャー・フォンと(OSがSHA-2非対応の)Android 2.2.xまでのスマートフォンでは利用不可能となった。

なお、ログイン認証が暗号化されていても、接続されるSSIDについては、以下のようになっている。

SSID 暗号化方式
0001softbank なし
SWS1day
FREE Wi-Fi PASSPORT
mobilepoint WEP
mobilepoint1
mobilepoint2 WPA2-PSK
0002softbank WPA2-EAP
(802.1x EAP-SIM/AES)

関連項目[編集]

端末関連

関連サービス

他事業者の類似サービス


脚注[編集]

  1. ^ 珈琲専門店パリ@道玄坂にて。ここ、#SBwifiエリアなのだが、今までとは違うAPとUSBモデムの組み合わせでAPを設置。(続く) @Sareey1101
  2. ^ 「ソフトバンクWi-Fiスポット」サービス向上のお知らせ|個人のお客様へのお知らせ|お知らせ|モバイル|ソフトバンク
  3. ^ スポット数No.1※1のソフトバンクWi-Fiスポットがソフトバンクモバイル契約端末以外からもご利用可能に|個人のお客様へのお知らせ|お知らせ|モバイル|ソフトバンク(2017年4月22日閲覧)
  4. ^ iPhoneについては本サービス開始前よりBBモバイルポイントが無料で利用可能となっている
  5. ^ Android端末は2016年1月14日以降は使用不可。
  6. ^ Windows Mobile (6.1/6.5) 端末は2010年7月より提供されている設定ソフトウェア(ソフトバンクWi-Fiスポット設定ソフトウェア)の利用により、0001softbankは接続可能(2016年2月17日閲覧)。
  7. ^ 2010年7月1日から提供開始されている、Wi-Fiスポット設定アプリの利用によって可能(プリインストールされていない端末は、Google Playのマイアプリ&ゲームから無料ダウンロード可能)。Nexus 6Pを利用し、かつ0002softbankを利用する場合は、別途SSIDの登録が必要。
  8. ^ ソフトバンクWi-Fiスポット|通信|サービス|Y!mobile(ワイモバイル)(2017年4月21日閲覧)
  9. ^ BBモバイルポイント(個人)|インターネットサービス|個人のお客さま|ソフトバンク
  10. ^ ソフトバンクWi-Fiスポットが全国のスターバックスで利用可能に,マイコミジャーナル,2010年5月17日
  11. ^ ミニストップが「ソフトバンクWi-Fiスポット」に,ケータイWatch,2010年6月29日
  12. ^ ソフトバンクWi-Fiスポット、プラザクリエイト店舗などに拡大,ケータイWatch,2010年7月1日
  13. ^ ソフトバンクWi-Fiスポット、約60社が参加,Internet Watch,2010年5月18日
  14. ^ JR東日本、「成田エクスプレス」車内で無料Wi-Fiサービス Internet Watch2016年3月3日

外部リンク[編集]