十川信介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

十川 信介(とがわ しんすけ、1936年12月21日 - 2018年11月18日)は、日本近代文学の研究者。学習院大学名誉教授。

来歴[編集]

北海道旭川市出身[1]北海道旭川北高等学校を経て[1]京都大学国文科卒、1966年、同大学院博士課程満期退学。京都府立大学助教授を経て、学習院大学教授。2007年、定年退職。2008年日本近代文学館副理事長。2010年より花園大学客員教授。

京大で中村光夫の教えを受け、二葉亭四迷研究を始める[2]。1981年、『島崎藤村』で亀井勝一郎賞受賞。

2018年11月18日、虚血性心疾患のため、死去[3]。81歳没。

著書[編集]

  • 『二葉亭四迷論』筑摩書房 1971
  • 『島崎藤村』筑摩書房 1980
  • 『「ドラマ」・「他界」 明治二十年代の文学状況』筑摩書房 1987
  • 『「銀の匙」を読む』岩波書店「岩波セミナーブックス」 1993/岩波現代文庫 2012
  • 『明治文学 ことばの位相』岩波書店 2004
  • 『近代日本文学案内』別冊岩波文庫 2008
  • 『落ち葉のはきよせ 近代文学研究余録』私家版 2009 
  • 『島崎藤村 「一筋の街道」を進む』ミネルヴァ書房「日本評伝選」 2012 
  • 『夏目漱石』岩波新書 2016 

編・解説[編集]

  • 『島崎藤村 鑑賞日本現代文学4』角川書店 1982
  • 『二葉亭四迷全集 別巻』筑摩書房 1993
  • 『藤村文明論集』岩波文庫 1988
  • 『藤村随筆集』岩波文庫 1989
  • 『明治文学回想集』岩波文庫(上下) 1998-1999
  • 『漱石追想』岩波文庫 2016

[編集]

  1. ^ a b 『北海道年鑑 2001年版』北海道新聞社
  2. ^ 中村光夫『二葉亭四迷伝』講談社文庫、解説。
  3. ^ 十川信介氏が死去 学習院大名誉教授 - 日本経済新聞 2018年11月28日

参考[編集]

  • 「島崎藤村」著者略歴 
  • 『文藝年鑑』2004-2011