小林加奈枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
こばやし かなえ
小林 加奈枝
本名 伊東叶江[1]
別名義 小林叶江[1]
小林加奈江
生年月日 (1907-03-07) 1907年3月7日(114歳)
出生地 日本の旗 日本石川県金沢市[1]
民族 日本人
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
配偶者 伊東直次郎(1932 - )[1]
著名な家族 小林弥六(叔父)[1]
テンプレートを表示

小林 加奈枝(こばやし かなえ、1907年3月7日[1] - 没年不詳)は、日本女優

経歴[編集]

石川県金沢市の生まれ[1]。出生名は小林叶江[1]1916年京都にある叔父の映画監督・小林弥六の家に移り住み、尾上松之助の映画に子役として出演する[1]。成長して大丸百貨店に就職[1]1924年11月、母が家の管理人をしていた女優・酒井米子から「スターだけでは活動写真はできない。大部屋女優も大事な役割がある」と女優になるよう口説かれて日活大将軍撮影所に入社する[1]。時代劇部大部屋に入るが、当時所属していたのは彼女と大谷良子だけだった[1]。以後、50年を大部屋女優に徹する[1]1932年、伊東直次郎(後の大映京都撮影所庶務課長、建築設計)と結婚[1]。その後、日活は大映に合併するが引き続き所属[1]1954年、芸名を本名の小林叶江から小林加奈枝に改名[1]1971年12月の大映倒産後は映像京都に所属[1]

主な出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 火曜日の女[1]
  • 横溝正史シリーズ[1]
  • 銭形平次[1]
  • 木枯し紋次郎 第1部 第13話「見かえり峠の落日」(1972年)
  • 必殺仕掛人[1]
  • 怪談妖蝶の棲む館(1983年)

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah 『日本映画人名事典 (女優篇 上巻)』キネマ旬報社、1995年、695 - 696頁。ISBN 978-4873761404執筆者:奥田久司
  2. ^ 吉村公三郎(監督) (1957年3月6日). 大阪物語 (映画). 大映京都. 

外部リンク[編集]