北小路健

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
北小路 健
人物情報
別名 渡部 栄
生誕 (1913-01-25) 1913年1月25日
日本の旗 日本福島県会津若松市
死没 1991年10月21日(1991-10-21)(78歳)
出身校 東京文理科大学
学問
研究分野 国文学
テンプレートを表示

北小路 健(きたこうじ けん、1913年1月25日 - 1991年10月22日)は、国文学者、古文書学者。本名は「渡部 栄」(わたなべ さかえ)。

経歴[編集]

1913年、福島県会津若松市生まれ。東京文理科大学国文科に入学し、能勢朝次に師事して「源氏物語」研究を志す。父の遺品の中から、従一位麗子本源氏物語を発見し、これを論文にした。1937年、東京文理科大学国文科を卒業。召集されたものの、病のため除隊となり、満州で中学教師として勤める傍ら研究を続けた。著作は学界でも注目されるようになり、また蒐集した蔵書は和本7000冊を含む13000冊を超えたが、敗戦時ソ連兵によってすべて焼かれた[1]。のちに長春の露天市で島崎藤村の「夜明け前」を見つけ、これを戦後の研究課題のひとつとした。

引き揚げ後は、大学教師の職には就かず在野で研究を続けた。『夜明け前』研究の成果は『木曽路 文献の旅』として結実し、「木曽路はすべて山の中である」に始まる冒頭部分が、『木曽街道図会』から借用したものであることを発見した。また、安岡章太郎が『流離譚』を書くにあたり文献の解読を依頼しており、北小路は安岡を説いて現地をともに踏査した。1984年、その数奇な半生記『古文書の面白さ』を刊行し、日本エッセイスト・クラブ賞を受賞。写真家渡部まなぶの写真に文章をつけた書を多数刊行した。

受賞[編集]

著書[編集]

  • 源氏物語従一位麗子本之研究』大道社, 1936。渡部栄名義
  • 『源氏物語律調論 上巻』文学社, 1940。渡部栄名義
  • 『自由をもとめて 福島事件の話-歴史物語』日本児童文庫刊行会, 1958
  • 『遊女 その歴史と哀歓』人物往来社, 1964
  • 『木曽路 文献の旅』正続 芸艸堂, 1970-71
  • 『資料写真による『夜明け前』への招待』槌馬屋文書館, 1972
  • 『図説『夜明け前』の栞 虚像と実像を探る』国書刊行会, 1973
  • 福島事件物語 自由への叫び』国書刊行会, 1974
  • 『『夜明け前』探究 伊那路の文献』明治書院, 1974
  • 『望郷満洲 写真集』国書刊行会, 1978
  • 『さらば大連旅順 写真集』国書刊行会, 1979、新版1995
  • 『ああ北満 写真集』編著 国書刊行会, 1980
  • 『1981撫順本渓丹東遼陽鞍山』(満洲の旅)国書刊行会, 1981
  • 『1981大連』(満洲の旅)国書刊行会, 1981
  • 『1981瀋陽』(満洲の旅)国書刊行会, 1981
  • 『1982チチハルチャムス牡丹江』(満洲の旅)国書刊行会, 1982
  • 『1982ハルピン』(満洲の旅) 国書刊行会, 1982
  • 『1982長春・吉林』(満洲の旅)国書刊行会, 1982
  • 『古文書の面白さ』新潮社新潮選書, 1984
  • 一茶の日記』立風書房, 1988
共著

訳・編[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 半生記『古文書の面白さ』で敗戦時に蔵書を焼いたロシヤ人らを「露助」と何度も書いている。