恩田清二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おんだ せいじろう
恩田 清二郎
別名義 恩田 清次郎
生年月日 1907年
没年月日 1974年
出生地 日本の旗 日本 東京府東京市浅草区(現在の東京都台東区浅草
職業 俳優声優、元活動弁士
ジャンル 新劇劇映画現代劇時代劇トーキー)、テレビ映画
活動期間 1925年 - 1966年
配偶者 あり(戦災死)
主な作品
下町と云うところ
ほら吹き男爵冒険物語
こども太閤記 白吉丸の巻

恩田 清二郎(おんだ せいじろう、1907年 - 1974年)は、日本俳優男性声優、元活動弁士である[1]。別名は恩田 清次郎(読み同じ)。

来歴・人物[編集]

1907年(明治40年)、東京府東京市浅草区(現在の東京都台東区浅草)に生まれる[1]。父親は埼玉県の地主であった。

1925年(大正14年)、18歳で東亜キネマの名優である近藤伊与吉の門に入る[1]。長い映画の活動弁士生活を続けた後、1935年(昭和10年)頃に新築地劇団に入り新劇俳優としての第一歩を踏み出した[1]。終戦前に東京劇団に入り、戦争で妻を失い、劇団の一員として山形県に疎開して移動演劇に従事した[1]。後に上山市に常駐していた日本移動演劇連盟準専属の舞台座を助けて山形県を中心に東北地方を巡演し、新劇に接したことのない大衆に娯楽と文化を提供すると共に県下のアマチュア演劇の指導を行った[1]。この間、秋田県に疎開していた共同座に助演し、後に帰京した[1]。また、戦前から数本の映画にも出演している。

戦後は1950年代半ばから東宝に所属し、多くの作品に出演[2]テレビドラマにも出演するほか、声優としても知られる。

1974年(昭和49年)、死去した[1]。満66-67歳没。東宝の専属俳優であった加藤茂雄によると、酒に目がない質であったという[2]。趣味は俳句[1]

出演作品[編集]

初期[編集]

全てトーキーである。

東宝[編集]

特筆以外、全て製作・配給は「東宝」である。

フリーランス[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 根雪』:日本放送協会、1953年3月11日放映
  • 下町と云うところ』:監督永山弘、日本放送協会、1953年4月1日放映 - 源吉(主演)
  • 学校放送 小学校低学年:日本放送協会
    • 『世界のお伽めぐり(日本篇)おだんごころころ』:1953年4月20日放映 - 語り
    • 『世界お伽めぐり(印度篇)お礼の行列』:1953年6月8日放映
  • 子供の時間:日本放送協会
    • 『ほら吹き男爵冒険物語 第二回』:1953年4月27日放映 - 男爵(主演)
    • 『ほら吹き男爵冒険物語 第三回』:1953年5月29日放映 - 男爵(主演)
    • 『こども太閤記 白吉丸の巻』:1953年5月15日放映 - 蜂須賀小六
    • 『母を尋ねて三千里』:1953年6月5日放映 - すり
    • 『こども源平盛衰記』:1953年6月10日放映 - 辯慶
    • 『東西名作ダイジェスト 船乗りシンドバッドの冒険』:1953年8月9日放映 - 主演
    • 『東西名作ダイジェスト ほら吹き男爵の冒険 一難去って又一難の巻』:1953年8月26日放映 - 主演
    • 『東西名作ダイジェスト 巌窟王』:1953年9月9日放映 - 主演
    • 『三太物語 三太のキツネ退治』:1953年11月1日放映
    • 『三太物語 三太と音さん』:1953年12月4日放映 - 音さん
    • 『三太物語 三太のお正月』:1954年1月2日放映 - 音さん
    • 『三太物語 三太の弓矢』:1954年5月2日放映 - 音さん
  • アリババと四十人の盗賊』:日本放送協会、1953年5月5日放映 - モギブ爺
  • 見世物豪傑譚』:監督永山弘、1953年5月6日放映 - 軍談師亜呂葉斉
  • イソップ物語 狐と假面』:日本放送協会、1953年11月1日放映 - 主演
  • わらべ唄歳事記』:日本放送協会、1953年11月27日放映
  • 牛若丸』:日本放送協会、1953年12月22日放映
  • 勘七の雪型』:日本放送協会、1953年12月23日放映 - 主演
  • めでたしめでたし』:日本放送協会、1954年2月1日放映 - 百姓権兵衛(主演)
  • レ・ミゼラブル』:日本放送協会、1954年2月10日 - 1954年7月27日放映 - ティナルディ
  • 夢買い大盡』:日本放送協会、1954年4月11日放映
  • 日真名氏飛び出す』:監督赤坂長義高橋太一郎小坂昭夫瀬口城一郎東京放送、1954年4月9日 - 1962年7月14日放映
  • 伊太八御用』:監督石川甫、東京放送、1955年9月27日放映
  • 追跡』:監督永山弘、日本放送協会、1955年11月26日放映
  • 鞍馬天狗』:監督宮本裕山本和夫、東京放送、1956年11月1日 - 1959年4月2日放映
  • 忠臣蔵の人々』:監督山本隆則、東京放送、1956年11月3日 - 1957年12月26日放映
  • 太閤記 藤吉郎編』:監督田島直時野中一夫日本テレビ、放映開始年月日不明 - 1959年5月18日放映
  • 東芝日曜劇場:東京放送
    • 第26回『鶴亀』:1957年5月26日放映
    • 第29回『越後獅子祭』:1957年6月16日放映
    • 第46回『ネオンの雑草』:1957年10月13日放映
    • 第82回『国土無双』:1958年6月22日放映
    • 第242回『桔梗』:1961年7月16日放映
  • 眠狂四郎無頼控』:監督野島宗昭、日本テレビ、1957年7月3日 - 1957年9月15日放映
  • プレイハウス:日本放送協会
    • 『愛すべき人間諸君』:1957年8月2日放映
  • 宮本武蔵』:監督河野和平、日本テレビ、1957年8月5日 - 1957年8月20日放映
  • 赤胴鈴之助』:監督武内つなよし、東京放送、1957年10月2日 - 1959年3月25日放映
  • 侍ニッポン』:監督野島宗昭、日本テレビ、1957年11月10日放映
  • 隣りも隣り』:監督古関千三郎河野宏、日本放送協会、1957年11月7日 - 1960年4月1日放映
  • ダイヤル110番』:日本テレビ
    • 第26回『ふとん包死体事件』:1958年3月2日放映
  • 碧い眼の東京日記』:監督喜多島武成、東京放送、1958年4月6日 - 1958年5月28日放映
  • サンヨーテレビ劇場:東京放送
    • 『私は貝になりたい』:1958年10月31日放映
  • 灯、今も消えず:日本テレビ
    • 『坂本龍馬』:1958年12月4日 - 1959年1月29日放映
    • 『吉田松陰』:1959年3月5日 - 1959年3月26日放映
  • 新大岡政談』:東京放送、1959年1月8日 - 1959年2月5日放映
  • 日曜家庭劇場:日本テレビ
    • 『銀婚式の珍客』:1959年1月11日放映
  • おかえんなさい』:監督河野宏、日本教育テレビ、1959年2月22日放映
  • お好み日曜座:日本放送協会
    • 『最後の鎧武者』:1959年2月8日放映
  • 天兵童子』:日本テレビ、1959年3月7日 - 1959年7月22日放映
  • 矢車剣之助』:監督荒井岱志中村純一、日本テレビ、1959年5月15日 - 1961年2月3日放映
  • その手にのれ!』:東京放送、1959年9月2日 - 1960年1月27日放映
  • NECサンデー劇場:日本教育テレビ
    • 『君死にたもうことなかれ』:監督山本隆則、1959年9月6日放映
    • 『兄とその妹』:監督高橋玄洋後藤武彦、1960年1月10日放映
    • 『お京さんとトランペット』:監督高橋玄洋、1960年4月17日放映
    • 『破戒』:1961年1月22日放映
    • 『黒い蝶』:1961年3月26日放映
  • のり平のジョークボックス』:フジテレビ
    • 第10回『特ダネ涙あり』:1959年11月10日放映
    • 第11回『葡萄畑の侵入者』:1959年11月10日放映
  • 円朝物語』:監督宮本裕、東京放送、1959年11月17日 - 1960年1月26日放映
  • 文芸劇場:日本教育テレビ
    • 『東京のプリンスたち』:監督山本隆則、1959年12月10日放映
    • 『お富の貞操』:1960年1月21日放映
  • 日本剣豪列伝』:東京放送
    • 第1回『伊藤一刀斎と神子上典膳 前篇』:1960年1月7日放映
    • 第2回『伊藤一刀斎と神子上典膳 後篇』:1960年1月14日放映
  • 指名手配』:日本教育テレビ
    • 第13回『金華山中殺人事件』:1960年1月16日放映
  • 人生劇場』:監督内田吐夢・山本隆則、日本教育テレビ、1960年1月20日 - 1960年12月28日放映
  • 結婚不案内 MARRIAGE OF STRANGERS』:監督梅本重信、日本放送協会、1960年3月21日放映
  • 東芝土曜劇場:フジテレビ
    • 第54回『トランペット刑事』:1960年3月26日放映
    • 第119回『そこに穴が』:1961年7月8日放映
  • 三人の刑事』:フジテレビ、1960年4月3日 - 終了年月日不明
  • 私売ります』:監督花登筐、日本教育テレビ・東宝、1960年4月6日 - 1960年9月28日放映
  • 廻れ人生』:日本テレビ
    • 第16回『下町暮色』:1960年4月21日放映
  • これが真実だ:フジテレビ
    • 第25回『戦艦大和』:監督安斎功、1960年4月30日放映
    • 第54回『実説大岡政談』:監督永田午狂、1961年2月7日放映
  • 戦争』:フジテレビ
    • 第6回『メニュー』:1960年5月9日放映
  • このなぞは私が解く』:東京放送
    • 『にせ者は殺せ 前篇』:1960年9月29日放映
    • 『にせ者は殺せ 後篇』:1960年10月6日放映
  • 東レ サンステージ:日本テレビ
    • 第19回『泪橋』:監督宇野信夫、1960年11月6日放映
  • 名勝負物語』:日本テレビ
    • 第7回『女侠剣豪伝 前篇』:1960年11月27日放映
    • 第8回『女侠剣豪伝 後篇』:1960年12月4日放映
  • 人生夜話』:日本テレビ
    • 第1話『下町慕情』:1961年4月6日放映
  • 人生の四季:日本テレビ
    • 第14回『夜の波音』:1961年8月31日放映
  • シャープ火曜劇場:フジテレビ
    • 第27回『わが愛は山の彼方に』:1962年2月27日放映
    • 第67回『若い山河』:監督吉岡哲雄、1962年10月16日放映
  • 特別機動捜査隊』:日本教育テレビ
    • 第267回『焔の丘』:1966年12月7日放映

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『山形県大百科事典』 山形放送1983年、136頁。
  2. ^ a b 「「オール初代ゴジラ俳優大図鑑」加藤茂雄が語るゴジラ出演者」『初代ゴジラ研究読本』 洋泉社〈洋泉社MOOK 別冊映画秘宝〉、2014年、113頁。ISBN 978-4800304520

外部リンク[編集]